Twitchで最も有名な顔の1つは、嫌いな人を勝ち取らせることを拒否します

トリハードエモートのアーティストの表現。サム・ウーリーによるイラスト

Mychal“ Trihex” Jeffersonによると、スピードランニングのビデオゲームとウェイトリフティングの間に大きな違いはありません。「あなたはゴール志向でなければなりません」と彼は最近、プライベートなディスコードコールからライブでノーカットでビームを発したときに言った。「スピードゲームに参加するのは非常に簡単で、自分の時間がどれほど悪いかについて、脅迫され、不安になり、不十分だと感じることがあります。そして、圧倒されて塩辛くなる可能性があります。

同様に、運動を始めるとジムに入ると、みんながあなたを見ているように感じ、判断されているように感じ、自分の体重を支えることはできません。あなたは、「なんてことだ、あの男を見て、彼は腹筋に腹筋を持っている」のような人を見ています。あなたは具体的な進歩に夢中になっている必要があります。…ワークアウトでこれらのプラトーポイントを粉砕し始めたら、その考え方をスピードランニングに適用し、それでずっと幸せになりました。」

Trihexの専門は、複雑で、無限にイライラするスーパーマリオワールド2:ヨッシーアイランドです。これは、シーンで最も要求の厳しいゲームの1つと広く見なされています。Awesome Games Done Quick 2014での彼の100%のパフォーマンスは、伝説的です。3時間20分間、Trihexは非常に寒いです。効率を最大化するために、画面外の壁、パイプ、敵にピクセルパーフェクトな卵を発射するとき、彼の指はキャンディーカラーのファミコンコントローラーから激しく跳ね返ります。彼は膝の上に白いキッチンタオルをかけ、入力を台無しにする可能性のある汗が手をかからないようにします。彼はそれを控えめに使用します。通常、一瞬のカートリッジから派生したロード画面で使用します。

その走りはジェファーソンをスターにしました、そしてそれは彼が誰であるかを強調しました:釘のように難しい任天堂のゲームに対して彼自身を投げる大きな男。彼のブレイクアウトランに続く数年間で、彼の肖像はTwitchで最も広く使用されているエモートの1つとして不滅になり、ストリーミングコミュニティで進行中の文化戦争を引き起こしました。

Trihexは、インターネットビデオの民主化によってシーンが主流になるずっと前の、2004年にヨッシーアイランドのスピードランニングを開始しました。彼のコミュニティへの紹介は偶然でした。2000年代初頭、ニューススタンドのゲーム雑誌にはDVDが詰め込まれていました。YouTube以前の世界では、これらのDVDは、パブリッシャーがG4対応のケーブルボックスを持たない人々にゲームの予告編やゲームプレイの映像を配信する方法として機能していました。Trihexは熱心なElectronicGaming Monthlyリーダーでしたが、サブスクリプションがなくなったため、地元のコンビニエンスストアにトレッキングして最新号をラックから直接購入しました。「私が購入したコピーには、SpeedDemosArchivesがスピードランニングとは何かを説明する試みの1つが収録されたDVDがバンドルされていました」とTrihex氏は述べています。「それはたくさんの実行の少し5分のデモを持っていました...そしてそれはそれでした。私はそのディスクをPS2に入れて、「なんてことだ」のようでした。スピードランニングものです!これは私がすでにやりたかったことです。」

それらの初期は魔法でした。曖昧なフォーラムの専門用語でフレームパーフェクトなトリックを解析しようとしているところを想像してみてください。「多くの妥協と制限がありました」とTrihexは回想しました。「のように、私はこれが本当にクールなスキップを見つけました!...説明するのはちょっと難しいです、このレベルのこの1つのセクションのこの1つのコーナーがあります。キャプチャはありませんが、かなりクールです!」代わりに、コミュニティは古風なアナログ形式のテープトレーディングに依存していました。このテープトレーディングでは、ハードコアなスピードランナーがVHSでベストランを記録し、SpeedDemosのスタッフに送りました。公式の世界記録集計のためにアナログ-デジタルコンバーターを介してサイトでホストするアーカイブ(今日までシーンの統治機関であり続けます)。猥褻で複雑でしたが、それがポイントでした。

スピードランニングのTwitch以前の時代は、特定のゲームへの病的な執着を必要とし、ヨッシー島をすぐに打ち負かすことで有名になるという考えは笑いました。「誰もが貧しく、誰もが壊れ、収入はありませんでした」と彼は言いました。「あなたは栄光のためにそれをしました。それはあなたが楽しんだゲームのためのすべての巨大なラブレターでした。ゲームを打ち負かすだけでは不十分で、もっとゲームをやりたいと思ったとき。スピードランニングはゲームに無限の目的を与えました。」

Trihexは、スピードランナーの仲間であるNarcissa Wrightからライブストリーミングについて学びました。彼の驚異的な20分間のOcarina of Timeの実行は、コミュニティをビデオゲームのユビキタスに駆り立てるのに役立ちました。それは彼の文化に対する認識を完全に変えました。何年もの間、スピードランニングは最もシームレスで完璧な形でしか提示されていませんでしたが、Trihexは、彼がタフなシーケンスを何度も何度も試みる(そして失敗する)のを喜んで見ているかなりの聴衆がいることを発見しました。彼らは、洗練されたクリアにつながる魅力のない実験室の仕事を見るでしょう。「人々がそれを見たいと思うのを見たとき、私は「ああ、スピードランニングは社交的である可能性がありますか?私は入る!" 彼は言った。Trihexは2011年2月に最初のストリームを放送し、プラットフォームがリリースされた同じ日、その年の後半にチャンネルをTwitchに移動しました。

ジェファーソンは自然でした。彼は超越的なスピードランを完了することができますが、彼はまた、愛想がよく、知的で、喜んで、楽しくオタクです。ベイブレードの戦術ビデオに魅了されたTrihexが画面を見つめている間、彼の信じられないほどのガールフレンドに邪魔されて、当然のことながら「何を見ているの?」と尋ねるのを見てください。彼は必死にタブを切り替えて、より害の少ないものを見つけようとしますが、ベイブレードのビデオの連なりを表示するだけです。非常に多くの人々が競争力のあるゲーマーから公人への移行に苦労していますが、Trihexは着陸を止めました。彼のストリームを見ると、彼の友達のように感じます。

Twitchのほとんどのものと同様に、Trihexを有名人からユビキタスミームに変えたTrihardエモートの起源はかなりトロリーです。ジェファーソンが覚えているように、彼は2012年の夏にアニメコンベンションに参加し、かわいい女の子と一緒に写真を撮りました。写真を振り返ると、彼は自分の顔の表情が貴重であることに気づきました。汗をかき、口が少し開いていて、目が大きく、恐怖に満ちていました。Trihexが説明したように、永遠のパニック笑顔。彼は写真を自分のTwitterに投稿し、すぐに有名になる彼の顔を高圧の状況に再利用する遊び心のあるフォトショップに殺到しました。「彼らはそれをチャットのミームにした」と彼は言った。「それは私自身のチャットで口コミで広まりました、そして私はそれに満足しました。私は同意します、それは私が作った非常にうんざりした笑顔でした。その女の子はかわいくて、私はびっくりしてスパゲッティをすべて失いました、そしてそれはその顔が非常にぎこちないことで永遠に記録されています。」

これはまだTwitchの初期の頃で、チャットできるグローバルエモートは20しかありませんでした。(最も有名なもの、Kappa、Pogchamp、4Headをご存知かもしれません。)企業の真鍮はさらに追加したかったので、スタッフは(古くからの)Twitchフォーラムにスレッドを貼り付けて急成長しているコミュニティにオプションを求めました。それは絶えずスパムされました。物乞いストリーマ、数百人の嘆願は、世界で最も著名なライブストリーミングプラットフォームのDNAで焼くことができます。トリヘックスは決して自分自身を主張しませんでしたが、彼の信者はその躁病の瞬間を神格化することを個人的な使命としました。彼らは、重要な州の予備選挙を目指して選挙運動をしているように、Trihexの顔でスレッドを飛ばし、1週間後、Twitchの従業員がチャットに参加しました。

「名前の横に、その甘くて目を引くレンチのシンボルがありました。「なんてこった、ここにスタッフがいるんだ!」とトリヘックスは言いました。「私はヨッシーアイランドの走りを止めて、最も盗品が多い最も難しいレベルに行き、コントローラーをフル稼働させ始めます。その間、美女と野獣の「BeOurGuest」をフルボリュームで装着しました。そして、スタッフは「ねえ、なぜこの男はそんなに頑張っているの?」のようでした。そしてそれはそれでした。[感情表現は]トリハード。スタッフがその名前を思いついた。」

Five years later, Trihard is one of the most prominent emotes in the Twitch community. Like Kappa or ResidentSleeper, it’s become a crucial fixture for the subculture’s linguistics, and Trihex has embraced his face’s canonization with open arms. The Trihard is his calling card; you can find it all over his YouTube channel thumbnails, and he takes giddy pride in its top-three placement amongst all Twitch emotes.

Recently, the semantic definition of Trihard has changed. Trihex is black, and if you spend enough time on Twitch, you’ll see Trihards used to denigrate people of color. From my own anecdotal experience, I’ve seen the emote fill chat feeds when a personality uses an innocuous word like “steal” on stream. In Hearthstone broadcasts, Trihards are sometimes posted when players play a spell called “Burgle” or summon King Mukla, an in-universe stand-in for King Kong. Sometimes, Trihards are used to target and harass specific people. Last year Terrence “TerrenceM” Miller, a black Hearthstone pro, made an impressive, second-place run at Dreamhack Austin, but was bombarded by racist messages, many punctuated with Trihards. At TwitchCon, last October, a diversity panel’s chatbox was hijacked in a similar way. The video game community’s racism problem is nothing new, but now, Jefferson’s face has emerged as a de facto slur.

Trihex knows that if he wanted to, he could pen an open letter to Twitch complaining about the emote’s newfound contextual racism and have Trihard purged from the database the next morning. But that’s not something he’s interested in doing, “It’s not the emote’s fault that it’s being used for racist things,” he said, in a video addressing the controversy, “Nothing in the emote is racist at all. It’s not like there’s exaggerated lips, or anything to make it look offensive. It’s a picture of me very, very happy.” His position is understandable, Trihex isn’t interested in letting anyone tell him what his face does and doesn’t mean.

“If for any reason I got rid of the Trihard emote, or if was deemed derogatory speech or whatever, all chat would do is migrate ‘cmonbruh,’ ‘punchtrees,’ and ‘kevinturtle’—the other black guy emotes,” he said. “If anything you’re empowered them, you’ve told them, ‘Oh, if we cause enough ruckus, we caused them to react.’ If you give the shitters attention they’ll say ‘Let’s just rock and roll further.’ ... It goes back to the accountability of the individual with the context, not the emote.”

Trihex also doesn’t want to obscure the fact that the emote is associated with more innocent definitions. “It is used for racism a lot, but it’s also used for good a lot,” he said. “One of the way the emote is being used for good that I’m really proud of is there’s a Dota 2 streamer named Arteezy, and when he’s winning really hard, he’ll put Trihard on the screen, and cover his minimap. He’ll finish the match without using his minimap and call it ‘Trihard mode.’ His chat is spamming Trihard all day. Clearly it’s a play on the face—because I look hyped in the face—and it’s a play on the pun of the emote itself. If you’re ‘trying hard’ ... you gotta turn off the minimap to win in style.”

Essentially, Trihex is fighting for the purity of Trihard, to make sure that its translation remains firmly in his grasp. He also holds a surprisingly unsympathetic position towards those who want to see it removed. In that same video where he lays out his love for the emote, he wraps things up by echoing some of the diction used in alt-right circles. “It’s a great emote that itself does not [promote] racism, so for those who want to get rid of it: dude, your mods suck, your mods are cucklords, you gotta talk to this community and clean that shit up, it can be done,” he said. “Or change your snowflake values of what you get offended by, because it’s all over the internet,”

When I asked him if he’s ever bothered when Trihard is used to hound people of color on Twitch, he adopted a slightly softer tone, but still put the onus on the streamer to govern their chat, rather than blaming the audience.

“If [streamers] were to ask me about [getting harassed,] it I’d say ‘You need to set your culture better, you probably have crap mods that aren’t doing a good job, and you have to set a tone,” he replied. “If you don’t curate your culture and your environment as early as possible, then you’re going to let your viewers remain toxic. You have to call out what you want to call out. You are building your castle, and if you allow those things to happen, people are going to get the mindset that you’re okay with that. I personally don’t take racism very seriously. To me it’s just people trying to provoke you.”

Other people of color on Twitch don’t hold Trihard in the same regard, and they’re happy to purge it from their chat when things get bad. Deejay Knight, a Star Citizen streamer and military veteran, told me that there’s been several times where he’s put the emote on a one-second delay for its racist usage. (He does this when his broadcast is featured on the Twitch homepage, or when his stream was raided by trolls.) I asked him what he thought about Trihex’s thesis—that streamers can snub out the bad actors by enforcing a strong code of laws—he told me he can see both sides.

“I, for one, know the importance of not allowing people to say whatever they like. He’s correct there. If you let people say whatever they like, they’ll walk all over you, and I have no intention of giving power to racists,” replied Knight. “There is also a penchant for some Twitch communities to be very racist. That exists everywhere in life, it would be no different within Twitch.”

Knight, like Trihex, doesn’t want to see the Trihard banned. “That’d be like saying ‘a select group of racist people use sheets, should we ban sheets? ”And he also believes that Twitch could improve some of their moderation tools to make weeding out racism easier, (though he does say that overall, the platform does a good job.) The one thing Knight does seem sure about is the unlikeliness that the tone of our online discourse is going to change anytime soon. “Good old mods and ban tools help plenty for me, but not everyone can shrug it off. Racism is a part of the world, and by association, the internet,” he says. “Being rid of it is impossible, so the trick is navigating around it. At least for me.”

That’s what makes Trihex different. He has a deep, slightly naive faith in Twitch. Despite his occasional bristliness, Trihex is not toxic, nor does he root for toxicity. He told me he believes that the gaming community is a “diverse, happy place, where everyone feels welcome.” The hate and misogyny that corrodes online culture? “The shitstains of the past, but it will get better.” It’s a bold stance to take when his face is being used in place of the n-word, but Trihex still believes that gamers are affectionate, considerate, and empathetic. He made friends through clever Yoshi’s Island skips—the true unity of the games community on its best days—and he sincerely hopes that with a little more education and some better moderation, we’ll be on the path to utopia. In the meantime, the fate of Trihard rests in his hands. It’s not going anywhere, because he doesn’t want to lose.

“All I’d be doing is saying, ‘Hey racist cucks, great job getting empowered enough to rid Twitch of one of their best emotes. One of our best emotes. Fuck, of me,” he says in that video. “We end the story because it’s abused for the wrong reason.”

Trihex has curtailed his gym schedule for November to focus solely on perfecting Super Mario Odyssey’s embryonic speedrun path. To compensate, he’s drummed up a series of macros for his caloric intake to compensate for his temporary “sedentary lifestyle.” This weekhe set a new personal best at one hour, 26 minutes, and he just discovered a way to skip the ground-pounds behind the waterfall.

Luke Winkie is a writer and former pizza maker from San Diego, currently living in Brooklyn. In addition to Kotaku, he contributes to Vice, PC Gamer, Playboy, Rolling Stone, and Polygon.

提案された投稿

ポケモンGOはそのCovidの変更を巻き戻し始めています

ポケモンGOはそのCovidの変更を巻き戻し始めています

昨年、Covid-19のパンデミックが最初に発生したとき、世界中の人々がロックダウンや移動制限に直面したため、完全に外を自由に移動するというアイデアに基づいて構築されたゲームであるポケモンゴーは、いくつかの変更を経なければなりませんでした。しかし、トンネルに光を当てるために、開発者Nianticは、Covid関連の調整をPokémonGoのゲームプレイにロールバックし、成功したことが証明された変更を維持し、通常はしばらくの間ゲームの準備を開始するゲームのリビジョンのテストを開始しますますます多くの人々がただできるとき。

小島秀夫陰謀説は涙で終わる

小島秀夫陰謀説は涙で終わる

1週間前、ほとんどの人は、AbandonedがPS5向けの今後のインディーホラーゲームであることや、オランダの開発者Blue Box GameStudiosによって作成されていることを知りませんでした。現在、どちらも、メタルギアデザイナーの小島秀夫が密かに関与しており、Abandonedは実際には新しいサイレントヒルであるというゲームの最新の陰謀説の中心にあります。

関連記事

フレディのクリエーターであるスコット・カーソンの5泊は、論争の中で引退します

フレディのクリエーターであるスコット・カーソンの5泊は、論争の中で引退します

フレディシリーズのファイブナイトの作成者として最もよく知られている独立した開発者であるスコットカーソンは、プロのゲーム開発からの引退を発表しました。

アニメでも、Netflixはまだ日本で遅れをとっていると言われています

アニメでも、Netflixはまだ日本で遅れをとっていると言われています

Netflixには、優れたアニメ番組のセレクションがあります。Netflix Japanのトップ10チャートを見てください、そしてそれはアニメでいっぱいです。

レポート:ソニーが2022年に新しいVRヘッドセットをリリース

レポート:ソニーが2022年に新しいVRヘッドセットをリリース

2016年に最初にリリースされたオリジナルのPlayStationVRブルームバーグからのレポートには主にLCDパネルとVRに関するものが含まれており、ソニーは2022年後半に新しいVRヘッドセットをリリースする予定であるという簡単な言及も含まれています。 LCDスクリーンをAppleに供給することから離れて、VRヘッドセットの数を増やす方向にピボットし、ソニーはこの傾向の一部ではなく、「Samsung DisplayCoを使用することを計画している」とも述べています。

日本の巨大ロボットクロスオーバーシリーズが1174回目のゲームのように戻ってきました

日本の巨大ロボットクロスオーバーシリーズが1174回目のゲームのように戻ってきました

史上最長のビデオゲームシリーズの1つであるスーパーロボット大戦が再び復活し、今回は30周年を迎えます。日本で最も愛されている巨大なロボット/メカキャラクターの多くが投げられる戦術シリーズ何年にもわたって、ガンダム、マジンガー、マクロス、新世紀エヴァンゲリオン(ほんの数例)のキャラクターがすべて1か所で登場しました。

MORE COOL STUFF

トム・ヒドルストンが「トール:ダークワールド」でロキの死を偽造してファンを幸せに保つ–「それは奇妙だった」

トム・ヒドルストンが「トール:ダークワールド」でロキの死を偽造してファンを幸せに保つ–「それは奇妙だった」

トム・ヒドルストンは、スクリーンテストが不十分なために「トール:ダークワールド」でロキの運命を変えるマーベルについての彼の考えを共有しています。

アン王女の娘ザラ・ティンドールと夫のマイク・ティンドールが10年間の結婚をどのように機能させるか

アン王女の娘ザラ・ティンドールと夫のマイク・ティンドールが10年間の結婚をどのように機能させるか

アン王女の娘であるザラ・ティンドールと彼女の夫であるマイク・ティンドールは、今年10周年を迎えます。

ケリー・ドッドvs.ゴルネサ 'GG'ガラチェダギ: 'シャーズオブサンセット'スタークラップバック 'RHOC'ミョウバン彼女は彼女を知らないと主張

ケリー・ドッドvs.ゴルネサ 'GG'ガラチェダギ: 'シャーズオブサンセット'スタークラップバック 'RHOC'ミョウバン彼女は彼女を知らないと主張

ゴルネサ「GG」ガラチェダギは、元「RHOC」スターが「サンスターのシャー」スターを知らないと主張した後、ケリー・ドッドに拍手している。

「ロキ」:メビウスは何歳ですか?これがシリーズディレクターのケイト・ヘロンが言うことです

「ロキ」:メビウスは何歳ですか?これがシリーズディレクターのケイト・ヘロンが言うことです

多くの視聴者はメビウス・M・メビウスが何歳か疑問に思っていました、そして「ロキ」監督ケイト・ヘロンは手がかりを持っているかもしれません。

100年の洪水は、99年間二度と会えないという意味ではありません

100年の洪水は、99年間二度と会えないという意味ではありません

真実は、これらの大洪水の1つがヒットする可能性は毎年同じです:1パーセント。

実験室で育てられた肉がペットフードの世界をどのように変えることができるか

実験室で育てられた肉がペットフードの世界をどのように変えることができるか

持続可能で環境への影響を低減した、ラボで作成されたペットフードの新時代が到来しています。しかし、ペット、そして彼らの人間はそれを好きになるでしょうか?

完璧なCuppaJoeが欲しいですか?あなた自身のコーヒー豆を焙煎する

完璧なCuppaJoeが欲しいですか?あなた自身のコーヒー豆を焙煎する

その完璧な一杯のコーヒーを世界で探していましたか?たぶん、あなた自身のコーヒー豆を焙煎する芸術と科学を学ぶことは行く方法です。

聖書の神秘的なメルキゼデクは誰でしたか?

聖書の神秘的なメルキゼデクは誰でしたか?

彼は創世記にほんの一瞬登場しますが、それでも彼はイエス・キリストの先駆者と見なされてきました。彼は本当に何でしたか、そしてどのようにして彼はイエスと関係を持つようになりましたか?

チップゲインズは、妻のジョアンナが父の日に彼を賞賛するように、娘たちに髪を編んでもらいます:「最高の種類のお父さん」

チップゲインズは、妻のジョアンナが父の日に彼を賞賛するように、娘たちに髪を編んでもらいます:「最高の種類のお父さん」

「私たちは確かにあなたを愛しています」とジョアンナゲインズは、娘のエラとエミーに髪を編ませながら、甘い父の日の投稿で夫のチップに手紙を書きました

ニックキャノンは彼が父の日のポストで1年で4番目の赤ちゃんを期待していることを確認します

ニックキャノンは彼が父の日のポストで1年で4番目の赤ちゃんを期待していることを確認します

「今日あなたを祝う」とアリッサ・スコットは彼女のインスタグラム・ストーリーに書き、父の日のために彼女自身とニック・キャノンのマタニティ写真を共有しました

クロエ・カーダシアンは、父の日を祝うためにロサンゼルスでトリスタン・トンプソンを迎えることが「幸せ」です:出典

クロエ・カーダシアンは、父の日を祝うためにロサンゼルスでトリスタン・トンプソンを迎えることが「幸せ」です:出典

「彼は[バスケットボール]シーズン中にLAから離れて多くの時間を過ごしました」と情報筋はPEOPLEに語っています

ソフィー・ターナーが最初の父の日に「ベスト・ベイビー・ダディ」のジョー・ジョナスに敬意を表する

ソフィー・ターナーが最初の父の日に「ベスト・ベイビー・ダディ」のジョー・ジョナスに敬意を表する

ソフィー・ターナーは、昨年7月に娘のウィラを迎えた後、夫のジョー・ジョナスの最初の父の日について、「究極のお父さんとそこにいるすべてのお父さんへの幸せな父の日」と書いています。

パンデミックの背後でKuulaTVがどのように業界を混乱させているか

マリエル・ウィットモンドはヨガの先生をビジネスオーナーに変えています

パンデミックの背後でKuulaTVがどのように業界を混乱させているか

他のポッドキャストをホストするのが大好きです。本当です。

真実はそこにあります、しかし誰が気にしますか?

事実がもはや重要ではなくなったらどうなりますか?

真実はそこにあります、しかし誰が気にしますか?

愚かさは私たちをこの混乱に巻き込みました、なぜそれは私たちを追い出すことができないのですか?—ウィル・ロジャースX-ファイルは私のお気に入りのテレビ番組の1つでしたが、あまり古くはありませんでした。デイヴィッド・ドゥカヴニーとジリアン・アンダーソンは、FBI捜査官のフォックス・モルダーとダナ・スカリーとして主演し、解決されなかった奇妙な事件を調査するために当局から割り当てられました。

17すべてのデータサイエンティストのコードブロックを知っている必要があります

データサイエンティストとしてほとんどのタスクやプロジェクトに効果的に取り組むのに役立つ17のコードブロックについて話し合う

17すべてのデータサイエンティストのコードブロックを知っている必要があります

Pythonは、最小限のコードブロック内で複雑な問題を実装するために、いくつかの単純で用途の広いコードを提供します。他のプログラミング言語には特定のタスクを解決するためのより複雑な注釈がありますが、Pythonはほとんどの場合より簡単なソリューションを提供します。

教師が夏休みを必要とする理由

特に今年は。

教師が夏休みを必要とする理由

私は昨日、いくつかの屋外用家具用のクッションを見つけるために、大きな箱のデパートにいました。私はそのようなものを見つけるかもしれない店のセクションにまっすぐに向かいました、そして裸の棚しか見つけませんでした。

Language