テティスの2つの巨大な「目」は、この魅力的な写真で土星を観察します

テティスはサターンで最大の衛星の1つで、サイズは5番目(最大はタイタン)で、カッシーニプローブは最近珍しいショットでそれ撮影しました。この写真では、2つのクレーターが、バックグラウンドで土星を観察している巨大な目であるように見えます。この画像は、テティスから「わずか」120,000キロ離れた場所で撮影されました。

不思議なことに、1684年にテティスを発見したのはイタリアの天文学者ジョバンニカッシーニでした。その姓はこの写真を撮ったプローブの名前を示しています。NASAによって現在公開されており、下に完全に表示されている画像では、クレーターを引き起こしたオブジェクトの激しい衝撃に対する表面の反応の結果として、上部クレーターの内部に高い丘がどのようにあるかが観察されます。

これらの2つのクレーターのサイズが大きいにもかかわらず、テティスで最大ではありません。最大のものは445キロメートルの直径を持ち、オデッセウスと呼ばれます。下のカッシーニプローブで撮影した別の画像でよくわかります(上の写真では、オデッセウスはテティスの左側の照らされた領域の右側にあります)。

ちなみに、土星の多くの衛星のアイデアを得るには、以下のグラフを見てください:

グラフィック:ウィキメディアコモンズ

写真:NASA

***

提案された投稿

2年間の欲求不満の後、NASAはついに火星のほくろをニクシングします

2年間の欲求不満の後、NASAはついに火星のほくろをニクシングします

計器が配備されたInSight着陸船のアーティストによる描写。NASAは、システムを機能させるための努力が繰り返し失敗した後、火星の表面を深く掘り下げることになっていたモルをあきらめました。

はい、NASAのJunoとInSightミッションはボーナスタイムを得ています

はい、NASAのJunoとInSightミッションはボーナスタイムを得ています

木星の北中緯度地域における大気ジェットのショット。進行中のNASAミッションのペア(木星の周りを周回するJuno宇宙船と火星のInSight着陸船)は、外部レビューの結果、拡張されました。

関連記事

2つの今後のNASAミッションは、地球を脅かす宇宙天気を研究します

2つの今後のNASAミッションは、地球を脅かす宇宙天気を研究します

2013年6月20日に観測された太陽コロナ質量放出。太陽と地球のオーロラを探索する2つの新しいミッションは、潜在的に危険な宇宙天気の原因となる複雑な相互作用の理解を大幅に向上させる可能性があります。

2021年に注目するスペースニュース

2021年に注目するスペースニュース

SLS打ち上げのアーティストのコンセプト。2021年の素晴らしい年に冒険に飛び出しましょう!間違いなく、来年はクールでエキサイティングな宇宙関連の出来事がたくさんあると予想しています。これらの話は最も期待されているものの1つです。

NASAの火星降下への忍耐を待っている「7分間の恐怖」をご覧ください

NASAの火星降下への忍耐を待っている「7分間の恐怖」をご覧ください

パーサヴィアランスローバーの着陸を示すNASAアニメーション。わずか57日で、NASAのパーサヴィアランスローバーは火星への着陸を試みます。

NASAはその最も強力なロケットの「ウェットドレスリハーサル」を完了します

NASAはその最も強力なロケットの「ウェットドレスリハーサル」を完了します

ミシシッピ州ベイセントルイス近くのNASAのステニス宇宙センターにあるB-2テストスタンドにあるNASAのスペースローンチシステム(SLS)のコアステージ。

Language