Tom Glickstein

サンドイッチが投げかけるものは何でも取ることができるのんきな男

サンドイッチが投げかけるものは何でも取ることができるのんきな男

マサチューセッツ州ビバリー—ちょっとした不便は心配する価値がないことを説明し、のんびりとした地元の男性トム・グリクスタインは月曜日に記者団に、現在食べているサンドイッチが何であれ、自分の道に投げ出されたものは何でも取る準備ができていると感じたと語った。「私は常に目の前の状況を最大限に活用しようとしているので、このサブがキュウリやブラックオリーブのようなカーブボールを投げても、私はそれと一緒に進んでいきます」とのんきな46歳の人は言いました。バナナペッパーと赤玉ねぎは彼がサンドイッチから最も望んでいたものではないかもしれないが、途中でそれぞれのトッピングを小さな冒険として扱うことが重要であることに注意してください。

Language