ジープグランドワゴニア

$ 13,500で、このマニュアル交換された2010 BMW 335iはすぐに手を変えますか?

$ 13,500で、このマニュアル交換された2010 BMW 335iはすぐに手を変えますか?

車がジャックされるのを防ぐ最善の方法は、大ざっぱな近所を避け、常に泥棒を阻止するスティックシフト車を運転することだと思われます。今日のNicePriceまたはNoDice 335iは、この盗難防止機能を含むように変更されています。努力と質問の両方の価値があるかどうかを見てみましょう。

$ 15,500で、この1989年のジープグランドワゴニア「ウッディ」は「はい、私はそうしますか?」と言ってもらえますか?

$ 15,500で、この1989年のジープグランドワゴニア「ウッディ」は「はい、私はそうしますか?」と言ってもらえますか?

今日のニースプライスまたはノーダイスグランドワゴニアの片側はかなりまともなように見えますが、反対側にはいくつかのまともなサイズのへこみを覆っている年齢の緑青があります。全体的に財布にへこみをつける価値があるかどうか見てみましょう。

10,000ドルで、これは1965年のジープCJ-5を復元し、電源を入れ直したのは簡単な選択ですか?

10,000ドルで、これは1965年のジープCJ-5を復元し、電源を入れ直したのは簡単な選択ですか?

今日のニースプライスまたはノーダイスCJ-5の広告は、走行距離計が壊れていると言っています。それは復元されて、そして今そのフードの下でVortec V6を遊ばします、そして少し前に来たどんなマイルも重要ではありません。

ワゴニア4xeはどこにありますか?

ワゴニア4xeはどこにありますか?

1960年代初頭、カイザージープコーポレーションは、今後数十年にわたって地球の顔を変える車両を製造しました。本質的に最初の高級スポーツユーティリティビークルであるワゴニアは、1963年に世界に出荷されました。

2022年のジープグランドワゴニアは85,000ドル以上の費用がかかりますが、その内部はそれだけの価値があるように見えます

2022年のジープグランドワゴニアは85,000ドル以上の費用がかかりますが、その内部はそれだけの価値があるように見えます

ジープグランドワゴニアの名前は1991年以来初めて戻ってきました、そして新しいSUVは古い木質の象徴的な外観を持っていませんが、盗品の全体的なレベルはさらに高いかもしれません。そして、それは主にその信じられないほど豪華なインテリアのおかげです。

私の800ドルのジープグランドワゴニアが恐ろしい故障にもかかわらずモアブまで1,700マイルを達成した方法

私の800ドルのジープグランドワゴニアが恐ろしい故障にもかかわらずモアブまで1,700マイルを達成した方法

写真提供者:Andrew Collins Project Redwood —購入して12年経っていなかった800ドルのCraigslistジープグランドワゴニア—は、ミシガンからユタのオフロードトレイルまでほぼ完璧に1,700マイルを運転しました。コロラドのどこにもいない真っ只中に、大きなウッディーが私と副操縦士を立ち往生させたので、私は「ほぼ」と言います。

ジープグランドワゴニアのウッドトリムの背後にある奇妙な古い噂、説明

ジープグランドワゴニアのウッドトリムの背後にある奇妙な古い噂、説明

写真:Favcars経由のジープ1940年代と50年代には、木で飾られたフォード、クライスラー、パッカード、さらにはナッシュさえも大流行していました。しかし、おそらく最も象徴的で認識可能なウッディーは、1991年まで側面に木があったジープグランドワゴニアです。

あなたはジープグランドワゴニアに6桁を支払いますか?

あなたはジープグランドワゴニアに6桁を支払いますか?

ジープグランドワゴニアコンセプトは昨日、通常のコンセプトカーのレセプションでデビューしました。嫌いな人もいれば、嫌いな人もいれば、「大丈夫」と評価する人もいます。しかし、私にとってもっと興味深いのは価格です。なぜなら、これは高価になるからです。

新しいジープグランドワゴニアはその名前のために十分に美しくありません

新しいジープグランドワゴニアはその名前のために十分に美しくありません

昨日新しいジープグランドワゴニアのコンセプトを見つめた後、私はこの世界に熱いテイクを解き放つ前にデザインで眠ることに決めました。ご覧のとおり、最初にコンピューターの画面で車両を見て、エクステリアデザインは「大丈夫」だと思いました。新しいカムリにとっては問題ないかもしれませんが、ジープグランドワゴニアにとっては問題ありません。

これが新しいジープグランドワゴニアがウッドトリムでどのように見えるかです

これが新しいジープグランドワゴニアがウッドトリムでどのように見えるかです

まったく新しいジープグランドワゴニアを見たばかりです。派手なお尻の、LCDが詰め込まれた新しい高級SUVジープは、購入するためにもう少し借金をすることを望んでいます。しかし、それが本物であろうと偽物であろうと、木の肉で側面を叩くオプションのないグランドワゴニアを検討したいですか?木製の羽目板は何十年もの間グランドワゴニアの定番だったからです。

私が無料のジープグランドワゴニアを真のクラシックのまともな例に変えた方法

私が無料のジープグランドワゴニアを真のクラシックのまともな例に変えた方法

去年の夏に無料のジープグランドワゴニアの所有権を取得したとき、私は期待が低かった。ジープは何年も走っていませんでした、それはネズミのがらくたでいっぱいで、そしてそれはかなりさびていました。

私の無料のジープグランドワゴニアは運転しますが、私の裏庭でほとんど解体ダービーを始めました

私の無料のジープグランドワゴニアは運転しますが、私の裏庭でほとんど解体ダービーを始めました

ああ、少年は今日の悲惨な物語であり、古典的なDTの失敗です。タミーという寛大な読者から無料で入手した私のジープグランドワゴニアは、ブレーキが効かず、モーターが一貫して始動することを拒否して、私に地獄を与えてきました。

それが10年の間座った後に走っている私の無料のジープグランドワゴニアをどうやって手に入れたのか

それが10年の間座った後に走っている私の無料のジープグランドワゴニアをどうやって手に入れたのか

著者による写真6月に、私は2020年のジープグラディエーターを使用して、オハイオ州デイトンからデトロイト郊外まで250マイルのところにある無料のジープグランドワゴニアを牽引しました。それ以来、ウッディは、その価格を考えると想像できるように、げっ歯類がはびこっているがらくたの断片ですが、私の裏庭で衰弱していました。

これが私の無料のジープグランドワゴニアの何が問題なのかです

これが私の無料のジープグランドワゴニアの何が問題なのかです

先週末、私は2020ジープグラディエーターを使用して無料の1987ジープグランドワゴニアを家に持ち帰りました、そして遠くから見ると、SJジープは美しい木製のビニールで覆われたクラシックですが、よく見るとそれはひどく欠陥があることがわかります。無料のグランドワゴニアに問題があると聞いて誰もが驚くかどうかはわかりませんが、ボディワークとペイントのテストベッドとして使用する予定の新しいマシンを読者に紹介したほうがいいと思いました。冬のビーターとして。

2020年のジープグラディエーターで無料のジープグランドワゴニアを牽引するのはどのようなものでしたか

2020年のジープグラディエーターで無料のジープグランドワゴニアを牽引するのはどのようなものでしたか

ジープが2018LAオートショーで2020ジープグラディエーターを最初に公開したとき、それは高速道路を下って手付かずの古典的なジープグランドワゴニアを引っ張っている新しい中型トラックの写真を誇らしげに表示しました。その写真は、オハイオ州デイトンからミシガン州デトロイトまで250マイルのところにある、少し手付かずの無料のジープグランドワゴニアをレンタルしたUホールトレーラーで、少し現実的な条件で誤って再現していることに気づきました。

私の800ドルのジープグランドワゴニアの新しい所有者はジープにそれが常に値する愛を与えています

私の800ドルのジープグランドワゴニアの新しい所有者はジープにそれが常に値する愛を与えています

写真:Jarad Simpson Project POStalの前には、錆びたロッカーパネルがあり、運転席側の床がなく、体の大部分を覆うへこみがある800ドルのジープグランドワゴニアであるProjectRedwoodがありました。ジープの機械を修理し、ミシガンからユタまで3,500マイル以上運転した後、私はそれを販売しました。

ジープは30年間ワゴニアをかろうじて変えました

ジープは30年間ワゴニアをかろうじて変えました

壊れていない場合は、修正しないでください。ジープは他のどのメーカーよりもそれを体現しています。なぜなら、ワゴニアはその生産工程全体でほとんど変わっていないからです。

これが私が2021年のジープワゴニアとグランドワゴニアで見たいものです

これが私が2021年のジープワゴニアとグランドワゴニアで見たいものです

写真:ジープジープは本日、新しいジープワゴニアとグランドワゴニアが2021年初頭に発売される予定であると発表したので、これらのマシンがどうあるべきかを考える時が来ました。熱心なジープの所有者として、私は考えと夢を持っています。

このジープグランドワゴニア化されたスズキジムニーはキュートで素晴らしいですそして売りに出されています

このジープグランドワゴニア化されたスズキジムニーはキュートで素晴らしいですそして売りに出されています

すべての画像:5starjdm / Bring a Trailer昔ながらの箱型のスズキジムニー軽自動車は、それ自体がクールなものですが、ジープグランドワゴニア風のビニールウッドトリムをシートメタルに叩き、少しクロムをボルトで固定すると、まあ、それはそれを次のレベルにもたらします。だからこそ、現在売りに出されているこの商品の最高入札額はわずか900ドルで、私は深く興味をそそられました。

私がそれを最も期待していなかったときに私の最愛の800ドルのジープが故障するのを見てください

私がそれを最も期待していなかったときに私の最愛の800ドルのジープが故障するのを見てください

私の800ドルのジープグランドワゴニアプロジェクトは、ミシガンからユタまで、特にロッキー山脈を越えて1,700マイルを運転するのに苦労することを知っていました。しかし、私たちはジープが平らな家のストレッチで、山の後でホースを破裂させてその冷却剤を気化させるとは思っていませんでした。

Language