gameworks

中村育美が不気味な建物を探索しながら彼女の新しいスタジオについて語る

中村育美が不気味な建物を探索しながら彼女の新しいスタジオについて語る

中村育美は、E3 2019でのエネルギッシュなプレゼンテーションで、ゲームの時代精神に突入しました。E32019での短い出演で大きな飛躍を遂げた元GhostWire:Tokyoクリエイティブディレクターの中村育美は、ついに自分のゲーム開発スタジオの開設について話す準備ができました2019年にタンゴゲームワークスを去った後。

規制当局は、マイクロソフトによるベセスダ親会社ゼニマックスメディアの75億ドルの買収を承認します

規制当局は、マイクロソフトによるベセスダ親会社ゼニマックスメディアの75億ドルの買収を承認します

マイクロソフトがFallout、The Elder Scrolls、DoomメーカーのBethesdaの親会社であるZenimax Mediaを75億ドルで買収したことで、別のハードルがクリアされ、欧州委員会と米国証券取引委員会の両方からの承認が得られました。

もちろん中村育美のレインボーシックスシージスキンはドープです

もちろん中村育美のレインボーシックスシージスキンはドープです

私はRainbowSix Siegeをプレイしていませんが、Ubisoftと中村育美との最近のコラボレーションは私の考えを変えるかもしれません。その年の後半にZeniMaxMediaの子会社であるTangoGameworksを離れて以来のフリーランサー。

Nvidiaはバットモービルでドーナツをすることを意味する何かを作ります

Nvidiaはバットモービルでドーナツをすることを意味する何かを作ります

Nvidiaの最新のBatman:Arkham Knightビデオで示されているように、GameWorksなしでBatmobileを使用してドーナツを行うことは、空虚で魂のない体験です。先週のGameWorksビデオでは、インタラクティブな煙と霧の効果が十分に持ち帰られなかったかのように、ここNvidia何らかの理由で大量の煙を追加したときにビデオゲームがどれほど見栄えがするかを示す例として、バットマンの乗り物を使用して、文字通り家に帰ります。

Nvidiaがバットマンを作る:アーカムナイトはすべてファンシーに見える

Nvidiaがバットマンを作る:アーカムナイトはすべてファンシーに見える

インタラクティブな煙と霧、床をはためくドル札、バットマンの岬をビーズで覆う強化された雨-そうです、それはアーカムナイトのためのNvidiaの義務的な「バットマンが私たちのハードウェアに見える」ビデオです!私は、コンソールやAMD搭載のPCでアーカムゲームをプレイしていて、はためく破片がないことを嘆き、煙のように動く煙と雨のように振る舞う雨の大ファンです。これらは、NvidiaのGameWorksテクノロジーがあなたのためにできることです。

Language