R.ケリーの内輪の女性が性的強制と支配について説明している:「ストックホルム症候群のようだ」

2015年のR.ケリー。AP経由の画像。

歌手のR.ケリーは、歌手の内輪の中での生活についてイザベルに話しかけた彼の側近のメンバーによると、「14歳または15歳」の年齢から10代の性的徴集兵の1人を「育てた」と主張しました。女性は今週公開された詳細を不穏なBuzzFeedストーリーで確認し、ケリーには5〜6人の女性がいて、常に身体的、性的、心理的制御を受け、性的な出会いを定期的に記録し、パートナーに奇妙なカルトのような行動制限を課していると伝えました。 。

「彼らはすべて同意年齢を超えています」と女性は私たちに言いました。女性のうち2人は18歳と19歳で、他の女性は20代前半から半ばです。技術的には、彼女は言いました。しかし、それはストックホルム症候群を目撃したようなものでした。これらすべての女の子はとても素晴らしく、信頼できて若いです。」

バズフィードの物語は20年近くの十代の若者たちに対して、ケリーの疑惑の性的不品行をカバーしていますベテランのシカゴの記者ジム・デローガティス、によって書かれました。デロガティスは2001年に、未成年の少女とセックスをしているケリーの匿名の情報源からビデオテープを受け取りました。ケリーは最終的に、レイプではなく児童ポルノの製造の容疑で裁判にかけられましたが、2008年に無罪となりました。ケリーはまた未成年の間にセックスをしたと非難した女性を含む、性的違法行為を主張する少なくとも4件の訴訟を解決しました。Susan Loggansという名前の弁護士は、DeRogatisに、被害者とされる人々に代わって、法廷外で「多数の」他の訴訟を解決したと語った。

デロガティスの最新の話によると、ケリーと関わっている若い女性の両親は、ケリーが彼らを彼らの意志に反して拘束し、彼らが家族と話すのを妨げていると信じています。ケリーの元ガールフレンドはデロガティスに、歌手はガールフレンドにフィギュアを隠すためにトラックスーツを着てもらい、彼らとの性的な出会いを撮影し、ビデオを友達に見せ、彼らが愛する人とコミュニケーションをとらないように携帯電話を持って行くように要求すると語った。それらを新しい電話と交換することは、彼が承認した人々に連絡するための彼の許可がある場合にのみ使用できます。

ケリー 代表を通じて、申し立てを否定しました。彼の弁護士リンダメンシュは、いくつかのアウトレットに次のように語った。ロバート・ケリーは、彼に起因する最近の啓示に警戒し、不安を感じています」と付け加えました。ケリーはそのような告発を明確に否定し、彼の告発者を追跡し、彼の名前を明らかにするために勤勉かつ強制的に働きます。」ケリーのガールフレンドの1人であるジョイスリンサベージという21歳の女性は、TMZとのインタビューで、彼女が「人質」または「カルト」であることを否定し、家族と話さないことを選択したと述べました。彼女は自分がどこに住んでいるのか、ルームメイトと一緒に住んでいるのか、それとも「自由に行ける」のかを断り、TMZに「それについては話さない」と語った。

メンシュは、コメントを求めているイゼベルからの2つの電話と2つの電子メールに応答しませんでした。彼女の代わりに、TrevianKuttiという名前のスポークスマンが私たちの電話を返しました。ケリーが14歳の時から性的パートナーを「育てた」と言ったという主張に応えて、彼女は私たちにこう言いました。「これらのことは証明されなければならないと思います。これは私たちにとって非常に奇妙で知られていない主張であり、私がそれについてコメントする方法はありません。それは無関係です。あなたが誰について話しているのかわかりません。これは単なる主張です。」

クッティは、ケリーの現在の性的パートナーのいずれかが彼らとデートし始めたときに未成年であることを否定しました。「これはここの大人の乗組員です。子供はいません。未成年者はいません。私はそれを目撃したことがありません。」

クッティは、女性のいずれかが彼らの意志に反して保たれていることを否定した。「私は2005年からケリー氏と知り合いです。ケリー氏と関わっている人は誰でも自由に出入りしてコミュニケーションを取り、いつでもどこでも好きな方法で食事や睡眠をとることができます。真に自由な人間であるにもかかわらず、人々が捕らえられている、または奴隷にされていると見なされるようになるのは、非常に悲しい状況です。ケリー氏は立派な人間であり、これらの主張が調整されていることは非常に悲しいことです。」

「キム」(イザベルは彼女のプライバシーを保護するために女性の本名と身元の詳細を差し控えています)は、彼女が最初にケリーに会ったのは約1年前のコンサートで、ステージに招待された後、その後に招待されたと語っています。パーティー。その夜、彼は彼女に自分の番号を滑らせて、「女の赤ちゃん、私はあなたが欲しい」と彼女に言いました。翌日、彼らは彼が滞在していたホテルに集まり、彼のツアーバスでセックスをしました。キムは、ケリーが彼女に「女の赤ちゃん、あなたは何歳ですか?」と尋ねるのに十分な時間、彼らの性行為を一時停止したと言いました。その後、彼は彼女の番号を3つのiPhoneすべてに入れ、すぐにまた会いたいと言った。

彼女は、彼女とケリーのアシスタントであるダイアナコープランドの間、および彼女とケリーの間のテキストメッセージのスクリーンショットを提供しました(ただし、「彼は基本的に文盲であり、電話とFaceTimeを好む」と彼女は言いました)。彼女はまた、イザベルに会いに行った旅行の旅程、ホテルの領収書、ホテルのソファで眠っている歌手の写真を見せました。旅程と領収書は、ケリーのツアー履歴とキムのInstagramアカウントに記録されている旅行の両方と一致します。

イゼベルに彼の内輪での生活を説明したケリーの元ガールフレンドである「キム」によって提供されたシカゴのホテルの部屋でのR.ケリーの写真。

When I called the number Kim provided for Copeland, Copeland identified herself before saying, “I don’t want to talk to any reporters” and hanging up. She didn’t respond to several subsequent text messages, other than to ask, “What does her claims have to do with me?”

Kim said that over the course of the past year, she flew to see Kelly about ten times, either in his hometown of Chicago, where she said she and other women were put up at the Homewood Suites by Hilton on Grand Avenue, or in cities where he was on tour. She said she had been with Kelly as recently as this summer.

Kim, who is in her mid-20s, told Jezebel that she likes having sex with powerful men and enjoyed partying with Kelly and his crew. “I knew what I was getting myself into,” she said. The other girls around Kelly, however, seemed more star-struck to her and appeared to depend on the singer’s approval.

“All these girls just dote on him,” she said. “It’s so fucked up. They’re completely manipulated and brainwashed.”

Kim wasn’t aware that the other women lived with him, she said, and until reading the BuzzFeed story had been under the impression that all of them were free to come and go the way she was. She would go back to her hotel after her trysts with Kelly and his crew, then fly home to her life and career. Her phone was never taken, and she was never asked to sign any kind of non-disclosure agreement. She was different in other ways too: She wasn’t in the music business (and so wasn’t reliant on promises of career help from Kelly), she declined the MDMA that she says was constantly on offer, she was a few years older than most of the women, and she was white, where the other women were mostly black.

Kim quickly realized, though, that Kelly was “very controlling.”

“When we’re out we’re not allowed to look at anyone,” she said. “We have to keep our heads down. If we’re back in his studio sitting on the couches and he has friends across the room at the bar we can’t look at each other or communicate with each other.” The girls are also instructed to “tell on each other,” she said. “If we’re in an Uber and we chat up the driver we’re supposed to tell him this girl did this or that. He’s very controlling and manipulative. He likes to be in control.” The women are all instructed to call Kelly “Daddy” at all times, she said, while he refers to them as his “babies.” The women can’t enter a room without knocking three times and waiting for permission to enter; they also have to ask permission to leave, she said.

Kelly also forbids the girls to compliment each other on their dresses, Kim said, because that’s too close to complimenting them on their figures. One day, she recalled, they were at lunch, sitting at a sidewalk table outside. A woman walked by whose dress Kim admired. “I was looking at her and he kicked my chair because I was looking up. Just super possessive. It’s a strange kind of dynamic.”

The women are also strictly kept from knowing too much about each other, Kim says. “We’re not allowed to talk about anything. We can compliment shoes or nail polish or make small talk about the weather but we can’t talk about any personal details.”

Kim said that she’s never witnessed Kelly force himself sexually on any of the girls, but that his control over them is absolute.

“He never makes threats,” she said. “But the girls are so eager to do whatever he wants. He’ll wake us out of a dead sleep and say to this girl, ‘Suck my dick,’ or to these two girls, ‘Kiss on each other,’ and immediately without thought they jump right to it. It’s just bizarre. It’s unlike anything I’ve seen before honestly.”

“It’s not non-consensual, I guess,” she added. “But I don’t know if they even realize the situation they’re in is wrong.”

Kim said that Kelly has at least three iPads filled with footage of both his daily life and his sexual encounters. “He records everything. Absolutely everything,” she said, including the two of them having sex. “A lot of times he doesn’t have sex with the girls, he just likes to watch them on each other and records them.”

Kim also said that she’s never seen “any violence whatsoever,” although the BuzzFeed story alleged that he slapped one woman with an open hand for being too friendly to a Subway employee. But she vividly remembers a bizarre punishment one of the girls, a 19-year-old, was subjected to when she didn’t perform sexually in the way Kelly expected.

Kim said that she and the girl were instructed by Kelly to “take off your clothes and act like you miss each other.” He got out his iPad and started filming, she said, but was dissatisfied by the 19-year-old’s performance. He told Kim to sit on the couch and took the 19-year-old into another room. Twenty minutes later, he called Kim in. Kim knocked in the proper way, then walked in to find the younger girl nude except for one of Kelly’s bigger pieces of jewelry, a heavy chain.

“He had his iPad recording and she was naked except for a big chain and she was running laps from one end of the room to the other,” Kim remembers. “She was running laps around the room and apologizing. She kept saying, ‘I’ve been bad, I’m sorry Daddy,’ shit like that. And I’m standing there and she starts apologizing to me.”

Kim said she told her it was all right, but Kelly cut her off. The younger girl continued in tears, she said, telling her, “I know I have to do what Daddy says, I have to act like I miss you more, I wasn’t getting into it.”

Trevian Kutti, Kelly’s spokesperson, responded to Jezebel’s questions about whether Mr. Kelly records his sexual encounters by telling us, “How would I know that? I’m not sexually involved with Mr. Kelly.”

Kim said that Kelly’s clear favorite among the women she saw is one who turned 18 around December. “She’s apparently been with him since she was 14 or 15. He was telling me that he ‘raised her.’ Those were his words.” While BuzzFeed does describe one 18-year-old from Florida as Kelly’s “Number One girl,” DeRogatis reported that she was 17 when she met Kelly, and none of the other women in the BuzzFeed report appear to have met Kelly at age 15 or younger. Asked for more information about the 18-year-old, and whether she believed her to be the same “Number One girl” mentioned by DeRogatis, Kim said she couldn’t be sure who DeRogatis was describing and that Kelly didn’t allow the girls to discuss their personal lives with one another.

Kim spoke freely and at length for close to an hour. But it did seem curious that while she seems self-aware and independent, she was still comfortable with a situation where she was subjected to such bizarre restrictions and methods of control.

“I’ve been a massive R. Kelly fan for as long as I can remember,” she says. “Since I was little. I’ve always loved his music. And the lifestyle, I guess, is really cool: being brought up onstage, being paid attention to.” She always felt “out of place” in his entourage, she says: “I would just look around at certain points like, ‘Are you fucking kidding me?’”

Kim explained that until she read the Buzzfeed story, she regarded the situation as bizarre and slightly disturbing, but she had no idea that other women weren’t speaking to their families, that they were dropping out of college, that their loved ones were desperately worried.

“That’s horrific to me,” she says, flatly. “They have no way to get in contact with them—if something happens to these girls they’re not going to know and that doesn’t sit right with me.”

Kim told me that she understood Kelly would probably be able to identify her from what she’d told me. She doesn’t plan to ever fly back to visit him again, she says. “After all this? Absolutely not.”

“He’s really fucked up,” she said, laughing softly. “He’s gotten off for so long. It’s time.”

This post was produced by the Special Projects Desk of Gizmodo Media Group.

提案された投稿

ジョン・スチュワートとCovid-19ラボリーク理論の反知性主義

ジョン・スチュワートとCovid-19ラボリーク理論の反知性主義

covid-19ラボリーク理論は、リベラルな半神ジョン・スチュワートの助けを借りて、ますます主流になりつつあります。スチュワートが彼の新しいお気に入りの理論にたどり着く前に。

準備学校の親からのこの野生の、メーガン・ケリーが承認した手紙を読んでください... Ziweの危険性についての警告?

準備学校の親からのこの野生の、メーガン・ケリーが承認した手紙を読んでください... Ziweの危険性についての警告?

「批判的人種理論」の亡霊が、コメディアンのZiwe Fumodohの名を冠したShowtimeショーのエピソードの形で、ニューヨーク市で最もエリートな私立予備校の神聖なホールに到達したことを皆さんにお知らせします。中学生の娘が人種差別についての風刺コメディアンの恐ろしい危険にさらされた別の母親はうんざりしています。ケリーは昨年、娘をスペンススクールから退学させるなど、学校が「ハードレフト」をとったため、エリート私立学校から3人の子供を引き離すことを発表しました。

関連記事

思い出の中で、シネイド・オコナーはついに説明するのに十分なスペースを手に入れました

思い出の中で、シネイド・オコナーはついに説明するのに十分なスペースを手に入れました

シネイド・オコナーは物議をかもしているのは見知らぬ人ではありません。彼女は後ろポケットに入れて持ち歩いているようです。アイルランドのシンガーソングライターは、1987年に灼熱のライオンとコブラをデビューさせて以来、頭を切り、口をくすぐり、さまざまな施設に連れて行ってパーティーに参加しました。

なぜこれらの臀裂レギンスは物なのですか?

なぜこれらの臀裂レギンスは物なのですか?

今ではレギンスがパンツの外で適切かどうかは議論の余地がありませんが(彼らはそうです)、最近のパンタロンスタイルのマイクロトレンドは私からいくつかの個人的な懸念を引き起こしました。つまり、なぜレギンスのお尻のカットアウトのアイデアで大丈夫なのですか、そしてそれを止めるために何をすべきですか?人々はこの傾向の2つの注目すべき例を発掘しました、そして両方の反復は異なりますが、それらは私が感じるのに十分に精神的に似ています深い不安。

「真実を語る人々を許す必要がある」:現実の勝者の未来はバイデンの手にある

「真実を語る人々を許す必要がある」:現実の勝者の未来はバイデンの手にある

今日の彼女の弁護士の声明によると、元NSA請負業者のReality Winnerは刑務所から釈放され、残りの刑期は住宅再入国プログラムで服役する予定です。The Vergeが報告しているように、連邦刑務所局は、2021年11月23日のリリース日で、勝者をサンアントニオの住宅再入国管理事務所の管理下にあるとリストしています。

2つのHGTVスター、悪いリハビリ、そして1つの長くて乱雑なリーガルドラマ

2つのHGTVスター、悪いリハビリ、そして1つの長くて乱雑なリーガルドラマ

HGTVのWindyCity Rehabの2020年シーズンは、チャンネルの典型的な、断固として友好的なキャストダイナミクスからの逸脱であり、FlipまたはFlopの離婚後のエピソードに非常に似ていましたが、強制的に仲良くする意欲はありませんでした。視聴者は、アリソンビクトリアグラメノスとドノヴァンエックハルトの間のショーの改修パートナーシップの終焉のための最前列の席を持っていました。

MORE COOL STUFF

「RHOC」キャストシェイクアップ:ケリー・ドッド・アウト、ヘザー・ダブロウがシーズン16に復帰

「RHOC」キャストシェイクアップ:ケリー・ドッド・アウト、ヘザー・ダブロウがシーズン16に復帰

ケリー・ドッドは「RHOC」シーズン16からカットされており、ヘザー・ダブロウがオレンジを求めて戻ってきたため、戻ってきません。

Kevin Hartがキャンセルカルチャーで音を立てる— '最後に確認したのは、あなたが成長する唯一の方法は、F * ckingUpからです'

Kevin Hartがキャンセルカルチャーで音を立てる— '最後に確認したのは、あなたが成長する唯一の方法は、F * ckingUpからです'

Kevin Hartは最近、キャンセルカルチャーに反対し、公人だけが完璧であると期待されていると指摘しました。

「ソプラノス」の作家がインスピレーションを得るためにヒッチコックの「北北西に進路をとる」に目を向けたとき

「ソプラノス」の作家がインスピレーションを得るためにヒッチコックの「北北西に進路をとる」に目を向けたとき

「ソプラノス」の後半、作家はトニーソプラノの代替アイデンティティを作成するときにアルフレッドヒッチコック効果を求めました。

「ハンドメイドの物語」:ギレアデを脱出した後のリタの成長についてのアマンダ・ブルジェル

「ハンドメイドの物語」:ギレアデを脱出した後のリタの成長についてのアマンダ・ブルジェル

Showbiz Cheat Sheetは、「The Handmaid's Tale」のシーズン4でリタを演じることについて、アマンダ・ブルジェルにキャラクターへの期待とともにインタビューしました。

完璧なCuppaJoeが欲しいですか?あなた自身のコーヒー豆を焙煎する

完璧なCuppaJoeが欲しいですか?あなた自身のコーヒー豆を焙煎する

その完璧な一杯のコーヒーを世界で探していましたか?たぶん、あなた自身のコーヒー豆を焙煎する芸術と科学を学ぶことは行く方法です。

聖書の神秘的なメルキゼデクは誰でしたか?

聖書の神秘的なメルキゼデクは誰でしたか?

彼は創世記にほんの一瞬登場しますが、それでも彼はイエス・キリストの先駆者と見なされてきました。彼は本当に何でしたか、そしてどのようにして彼はイエスと関係を持つようになりましたか?

Fannie Lou Hamer:SharecropperからCivil and VotingRightsアイコンまで

Fannie Lou Hamer:SharecropperからCivil and VotingRightsアイコンまで

ミシシッピ州の貧しい小作人の家族に生まれたファニー・ルー・ハマーは、学生非暴力調整委員会(SNCC)のフィールドセクレタリーになり、公民権と投票権のための不屈の戦闘機になりました。

世界的な大災害の最悪の状況が世界的な半導体不足を引き起こしている

世界的な大災害の最悪の状況が世界的な半導体不足を引き起こしている

現代文明はますます半導体に依存していますが、需要が急増しているのと同じように、COVID-19のパンデミック、干ばつ、その他の問題によってサプライチェーンが混乱しています。

テキサス州の男性が、ママの元をトラックの後ろに引きずり、車両に火をつけた疑いで逮捕された

テキサス州の男性が、ママの元をトラックの後ろに引きずり、車両に火をつけた疑いで逮捕された

リバティ郡保安官事務所によると、ロバート・ユージーン・ホフパウアー(37歳)は、60歳のローマ・ロドリゲスの殺害で逮捕され、起訴されました。

レオナ・ルイスは、マイケル・コステロがいじめのクリスシー・テイゲンを告発した後、彼女は「ひどく傷ついた」と言います

レオナ・ルイスは、マイケル・コステロがいじめのクリスシー・テイゲンを告発した後、彼女は「ひどく傷ついた」と言います

「人々が(クリシー)を謝罪し、彼らの行動に対して誠実な反省とリハビリテーションを示すとき、私たちは彼らを受け入れ、彼らがダウンしているときに彼らを蹴ろうとしないでください」とレオナ・ルイスはインスタグラムに書いています

ケルシー・グラマーは、父親のマイケル・ジャクソンと子供だったときにパリス・ジャクソンに会ったことを思い出して涙を流します

ケルシー・グラマーは、父親のマイケル・ジャクソンと子供だったときにパリス・ジャクソンに会ったことを思い出して涙を流します

ケルシー・グラマーは、彼女が若かったときに初めて共演者のパリス・ジャクソンとのスペースに出会い、彼女と父親のマイケル・ジャクソンの間の愛らしい瞬間を目撃しました

ジャッカス4監督のジェフ・トレメインがバム・マージェラに対して3年間の拘束命令を下した

ジャッカス4監督のジェフ・トレメインがバム・マージェラに対して3年間の拘束命令を下した

元テレビスターが彼と彼の家族の殺害の脅迫を送ったとされた後、ジェフ・トレメイン(54歳)はバム・マージェラ(41歳)に対する拘束命令を申請した

あなたはジャッジですか?

科学は私たち全員がそうであると言います、そしてそれは必ずしも悪いことではありません。

あなたはジャッジですか?

あなたは誰かに会うときを知っています、そしてあなたは精神的なメモをするしかないのです。または、誰かがあなたを捕まえて、彼らが疑わしいことをしているときに彼らに悪臭を放ちます。

クリストファー・コロンブスはマナティーと人魚を区別できない

クリストファー・コロンブスはマナティーと人魚を区別できない

1493年1月9日にハイチ周辺の海域を航海しているときに、有名な探検家クリストファーコロンブスは、3人の人魚が水面で戯れていると思っていることに気づきました。彼は後で彼らが「水からかなり高くなった」と報告したが、彼らは「描かれているほどきれいではなかった。どういうわけか彼らは男性のように見えるからだ。

50人のクライアントの後のフィールドのビュー

やることはたくさんありますが、それは可能です

50人のクライアントの後のフィールドのビュー

2019年に、別のクラシック音楽機関を率いる前に、ある組織を超えて幅広い影響を与えるためにカリフォルニア交響楽団から移動することを決定したという発表があったとき、水門は最良の方法で開きました。数か月後、コロナウイルスがビジネスを突然停止し、組織や分野に新たな疑問や課題が生じたため、私たちのすべての作業はこれまで考えられていた以上に変化しました。

古い絵画の表面の背後に潜む秘密は何ですか?

現代の技術と昔ながらの創意工夫がいくつかの驚くべき発見を明らかにする

古い絵画の表面の背後に潜む秘密は何ですか?

フィンセントファンゴッホがやったし、パブロピカソもやった。アーティストは多くの理由で帆布の上に絵を描きました。

Language