モデルの若い共和党候補者の魂への私の暗い旅

マディソン・コーソーンは、あなたの好みが歯ごたえのある筋肉質のブロンドに向かっているなら、ハンサムな男です。インタビュー、25歳の共和党は、実質的に若々しい活力と光る、彼のロックが後退し、ラ・リチャード・スペンサーàゲル化しました。コーソーンの年齢は彼のセールスポイントです。彼は、ノースカロライナの11区で議会に立候補する理由の主な動機として、彼の比較的経験の浅いことを描いています。「待つ時間は本当にないと思う」と彼は6月の共和党予備選挙での偏った勝利の直後にフォックスビジネスのマリアバーティロモに語った。「私たちの国は悲惨な時代にあり、誰かが助けに来て、この若い世代の愛国者革命を率いる人がいなければ、共和党で世代別の時限爆弾が爆発するだろうと感じています。パーティー。"

コーソーンが自分をその人と見なしていることは明らかです。ドナルド・トランプが支持したリンダ・ベネットに対する彼の最初の勝利で、コーソーンは、遅ればせながら、共和党の上層部に熱心に受け入れられた物語を作成しました。 彼は7月下旬の月曜日にトランプのワシントンホテルでトランプ、リンゼーグラハム、ルディジュリアーニとホブをしました。共和党員は新しい血を必要としています、そして彼の完璧な物語と彼の完璧な外見で、コーソーンよりも優れているのは誰ですか?彼は「戦闘機」であり、18歳で壊滅的な自動車事故を乗り越え、部分的に麻痺し、車椅子を使用した彼の好きな言葉を使用しています。彼は不動産投資家であり、彼自身の会社のCEOです。他の人に刺激を与えたいだけのやる気を起こさせるスピーカー。敬虔なクリスチャン。憲法修正第2条の恋人。すでに銃を愛する印象的なバフフィットネスインフルエンサーでCrossFitチャンピオンのCristinaBayardelleと結婚することに従事している家族の男性。コーソーンは共和党のイヌハッカです。

しかし、私が最初に彼について書いた後、私はノースカロライナ州から多くの電子メールを受け取りました。コーソーンが 民主党の反対者であるモー・デイビスとの総選挙で勝利した場合、彼の構成員になります。これらの関係者は、社会主義への憎しみ、眉をひそめる法廷闘争、そして同じようにメキシコのレストランを征服することについて彼がし冗談を含む、不快なキャプション付きの休暇の写真を投稿することに対する彼の好みよりも、コーソーンについて知ることがもっとあると私に言いました。征服者たちは「文明全体」を征服し、別荘を見るという彼の夢の実現について、彼が言ったように「総統」を征服しました」(彼はその経験を「失望させなかった」と書いた。)「79年前に最高の悪が彼の同胞と笑いと楽しい時間を共有した私の兄弟とたくさんの笑い声を聞いてとても楽しい時間を共有するのは奇妙だ」とコーソーンアドルフ・ヒトラーがベルヒテスガーデンで休暇を過ごしたイーグルズネストの前で彼と彼の兄弟が大きく笑っている写真を特集した後者のInstagramの投稿のキャプションで黙想しました。

そこで、もう少し詳しく見てみることにしました。そして、コーソーンのキャンペーンは何の答えも提供しませんでしたが、質問の詳細なリストを含むコメントのいくつかの要求に応答しませんでしたが、私が発見したことは明らかになりました。コーソーンは、共和党員が新鮮な若い顔を持ち、保守的なアイデアを「より良いパッケージング」と「より良いメッセージ」で包み、「研ぎ澄まされない」必要があるとよく話します。しかし、「より良いパッケージング」とは、まさにそれ、つまりパッケージングです。コーソーンは、近年、他のより成功した極右共和党員のプレイブックに従い、共和党の主流のように、彼の極端な見解(私が白人至上主義者に隣接するナショナリズムと呼ぶものを含む)のブランドを変更しようとしています。そうすることで、彼は、オールドホワイトメンによってオフにされるかもしれないが、仲間のミレニアル世代からそれらを受け入れるかもしれない新世代の有権者のためにそれらのアイデアに連帯保証しています。

そして、彼が自分自身について語る物語があります。コーソーンの専門的経歴の多くは額面通りに受け入れられており、彼に関するニュース記事(私が書いたものを 含む)は、彼が培ってきたペルソナで実行されています:個人的な悲劇と医療債務の泥沼に触発された若い成功したビジネスマンのそれは、社会主義の恐ろしい広がりを阻止する使命を帯びています。しかし、表面を少しでも超えて見ると、その物語は、半分の真実のように見え、省略によって嘘をついているもので構成された、パッド入りの履歴書のように見え始めます。

コーソーンは、2014年の 自動車事故で部分的に麻痺するまで、海兵隊員になる計画を持った有望な若者として自分自身を描いています。「彼は、米国海軍兵学校に指名されて海軍で自国に奉仕することを計画しました」と、彼のキャンペーン広告の1つは、「悲劇が襲う」まで述べています。コーソーンに関するほとんどすべてのニュース記事は、彼が元上司のマークメドウズ(現在はホ​​ワイトハウスの首席補佐官)によって海軍兵学校に指名されたと述べています。そうすれば、彼が海軍兵学校に受け入れられたと考えるのは簡単です。しかし、2017年の証言録取によると、コーソーンは、すでに300万ドルを支払った自動車保険会社に3000万ドルを求めて失敗した訴訟の一環として、実際に海軍兵学校に拒否され、以前に拒否されたことを知らされていました彼の自動車事故。

コーソーンの伝記はまた、バージニア州のパトリックヘンリー大学の1学期で構成されているように見える大学での彼の実際の時間を強調することを怠っています。これは、入学したい人のための一種のフィーダースクールとして機能する「神のハーバード」と呼ばれる小さな保守的なキリスト教大学です。右翼政治。同じ2017年の寄託によると、コーソーンは2016年の秋からパトリックヘンリー大学に通い、政治学を学んだが、中退したと述べた。彼が与えた理由は?「失恋」と彼は弁護士に語り、彼の最初の婚約者(彼はバヤルデルの前に別の女性と婚約していた)は「私の親友と一緒に逃げ出した」と述べた。しかし、彼はまた、彼の成績がひどいことを認めました。「おそらくほとんどのクラスでの私の平均成績はDだったと思います」と彼は思い出し、事故に起因する怪我に部分的に原因を突き止めました。

したがって、コーソーンは海軍兵学校に入学することはなく、彼自身の入学により大学中退者になりました。詳細はそれ自体では重要ではありません。しかし、訴訟と組み合わせて組み合わせると、これまでに提示した画像とは異なる、より明確でより完全なコーソーンの絵が描かれます。

これには、彼が不動産投資家であるという彼の主張が含まれます。2019年には、CawthorneのInstagramのページのスキャンによると、彼はおそらく誰かのためにリラックスの多くを行うように見え忙しい起業家-で訓練するために主張し、ワークアウトの間に オリンピックのために (彼が7月というあきらめの目標) 、あちこちでいくつかの動機付けのスピーチをし、Bayardelleに提案しました—Cawthornはメキシコのバハマに旅行し、ヨーロッパ中を旅しました。もちろん、国会議員になる可能性のある人が休暇に出かけて運動するのが大好きなディックであることは失格ではありません。彼らの多くはそうしています!私自身は休暇を楽しんでいますが、個人的には不快な冗談を言うことは避けようとしています。しかし、それは 、25歳のコーソーン( 彼の不動産事業と時折の教会 企業への有給のスピーチ以外に一貫した収入源がないように見える)が自分自身をどのように支えているのかという疑問を提起します。

そこで私は彼の財務開示フォームを調べました。彼は彼のすべての資産と収入源をリストアップすることになっています。コーソーンが提出したフォームによると、彼は自分で言ったように、「ニューヨーク証券取引所で私のお金のほとんどを稼いだ」。これは「不労所得」として有益に特徴付けられている。「稼いだ」収入のセクションの下、つまり、たとえば仕事から得た収入をどこに含めるか。空白でした。

公記録によると、コーソーンは2019年の多くを不動産に投資しなかったので、これは驚くべきことではありません。公平を期すために、彼は新進の不動産投資家にすぎません。Cawthornは、2019年8月に自宅の住所を使用して不動産会社SPQR Holdings LLCを登録しました(SPQR Holdingsには、登録に基づいて私が知る限り、他のオフィスはありません。彼のLLCの住所であり、会社にはCawthorn自身以外に従業員がいないようです)。SPQRホールディングスは、明らかに短い期間で1つの不動産取引にしか関与していないようです。昨年10月、コーソーンはジョージア州ジェノイアの6エーカーの不動産を差し押さえオークションで2万ドルで購入しました。(不動産の前の所有者に連絡を取り、差し押さえによって土地を失うことについて彼がどのように感じたか、そして将来の国会議員になる可能性があることについて彼と話し合う試みは、悲しいことに失敗しました。)

LLCを登録して単一の不動産を購入することは、技術的には誰かが自分自身を不動産投資家と呼ぶ資格があると思いますが、それは間違いなく不動産投資家であるという考えで遊ぶことに似ているので、おそらく自分自身を「本物」と表現することができます主に彼の株式市場への投資を通じて彼自身をサポートする誰かの代わりに議会のために実行を開始するときの不動産投資家」。コーソーンはインタビューで、議会に立候補する前に大学の学位を取得する必要さえなかった「戦闘機」である一種の民俗的なすべての人として自分自身を売り込んだ。(彼は私が読んだインタビューでパトリック・ヘンリーでの彼の短い時間について言及していません、そして最近のインタビューで彼は大学を「教化キャンプ」として不当に説明しました。)

「ネクタイではなく、毎朝鋼のつま先のブーツを履いて公共政策を形作る人がもっと必要だと思う」と彼はターニングポイントUSAのチャーリーカークとの7月20日のインタビューで宣言し、彼がその一部であったことを強く示唆した。彼が「不動産投資家」として自分自身を売り込んだことを考えると奇妙な前のグループ。トランプの息子たちをモデルにすると、自分を「不動産投資家」と呼んでいると思いますが、頭にかぶった帽子をかぶった建設現場で働くイメージを思い起こさせます。しかし、残念ながらコーソーンにとって、トランプの息子でさえ、彼よりも実際の不動産経験を持っているようです。

And then there’s the matter of the name of his LLC—SPQR, the acronym of the Latin phrase “Senatus Populusque Romanus,” which means “the Senate and the Roman people,” from the time of the Roman republic. Cawthorn may just be a big fan of Mary Beard, but unfortunately for him, the acronym SPQR has lately become quite popular among white nationalists. Given his previous goal of becoming a U.S. Marine, and the popularity of the debate over whether a Marine unit could take on the Roman legions, I initially waved off the name of his company as some strange holdover from the days when he dreamed of being in the Corps.

But in many of his television interviews filmed from home during the pandemic and as he ran for office, Cawthorn can be seen speaking in front of a version of the U.S. flag that’s commonly called the Betsy Ross flag. During the hours I spent watching both Cawthorn’s and his fiancée’s videos on Instagram, I spied a second Betsy Ross flag in their home, one clearly displayed in their garage, which seemed odd to me—I haven’t spent that much time in the homes of white people who live in the South, but according to my colleague Kelly Faircloth of Georgia (which, along with North Carolina, was one of the original 13 colonies), it’s not exactly common to see the Betsy Ross flag proudly displayed. The Betsy Ross flag, which features a circle of 13 stars instead of the more common 50 stars in the upper left-hand corner, has, like the phrase SPQR, been similarly appropriated by some extremist movements.

According to Rolling Stone, the flag has “been associated with the Patriot Movement, an anti-government, extremist right-wing movement that encompasses smaller fringe movements such as the militia movement, the sovereign citizen movement, and the tax protest movement.” Mark Pitcavage of the Anti-Defamation League told Rolling Stone that the militia movement “has been using the Betsy Ross flag, among other Revolutionary War-era symbols, since its inception.” He explained that these movements use “old flags from that era” because “they view themselves as analogous to American revolutionaries.” And Robert Evans, a journalist who covers far-right groups in the U.S., told Rolling Stone that he has “definitely seen the original U.S. flag appropriated by white nationalist groups.”

Which is not to say that the Betsy Ross flag or the use of the phrase SPQR automatically brands someone as a white nationalist, or even someone with an affinity towards the ideas animating white nationalist movements. As Evans also noted, the Betsy Ross flag is “also common among non-explicitly racist or fascist patriotic Americans.” Cawthorn, after all, is very proud of the fact that “his ancestors have served Western North Carolina communities for over 200 years including in the Revolutionary War,” as his bio states on his campaign website. Cawthorn’s love for the Betsy Ross flag could, simply, stem from his family’s supposedly long history in the state.

But it certainly raises some questions. I reached out to Ben Lorber, an analyst who studies anti-Semitism and white nationalist movements at Political Research Associates, to ask him what he made of Cawthorn’s use of SPQR and his display of the Betsy Ross flag prominently in his home. Lorber noted that the Betsy Ross flag had been seen at the Unite the Right rally in 2017, and most recently at some pro-police rallies, though he said the usage of the flag by extremist groups “is not prominent.” More striking, he told me, was Cawthorn’s decision to use SPQR in the name of his business. As Lorber told me via email, the term SPQR has been “adapted as a symbol by many white nationalists, who falsely glorify the ancient Roman Empire, much as they view the present-day U.S., as a proud white civilization that collapsed due to multiculturalism and immigration of non-white foreigners,” and has been used “to assert a similarly specious equivalence between an idealized Greco-Roman past and contemporary Western civilization, which they view as under attack by sinister forces of progressivism.” Cawthorn, Lorber wrote, “should clarify to the public why he used the acronym for his company name, and whether he holds these disturbing views.”

I agreed with Lorber, and I had a lot of questions for Cawthorn. He hasn’t exactly had to answer that many difficult questions during his run for Congress, so I wanted to know, why SPQR? Why his love for the Betsy Ross flag? What did he think of the Black Lives Matter protests, and what were his views on immigration beyond, as he states on his website, that “our immigration system is in crisis,” that “we need to secure our borders and we need the rule of law,” and that he opposes “the continued allowance of sanctuary cities?” In a softball interview with the New York Times, Cawthorn claimed to “love legal immigration” and to “love how the diversity adds to our country”—did that love extend to DACA recipients, whom Trump is continuing to threaten? To international students in the U.S. on student visas?

But his campaign, as I mentioned, never responded to my numerous requests for comment. He was too busy hanging out with Donald Trump and Rudy Giuliani, I guess!

I didn’t need to hear back from his campaign to know where Cawthorn truly stands, though. Read or watch interviews that he’s given to conservative outlets, and it becomes clear that he seems himself squarely in the Ted Cruz, Tom Cotton wing of the Republican party. During his lengthy interview with Charlie Kirk, Cawthorn spoke freely about what he believes. Feminists, whom he mistakenly seems to believe have achieved pay parity with men, are now going too far. “You have this third wave feminism that comes in that says, ‘No, we don’t want to be equal to men, we want to be greater than men at this point, we want to put them down.’” The Black Lives Matter movement, he told Kirk, has been “hijacked by Marxists.” The LGBT movement, he asserted, used to be “just two people who want to be able to get married.” But trans rights are a step too far for Cawthorn. “Now it’s saying we need to be able to have gender reassignment surgery for 12-year-olds,” he warned.

And that was just in the first 15 minutes. On every issue from abortion to immigration to civil rights, Cawthorn picked the most far-right position one could feasibly take without being labeled an obvious white supremacist. He called Roe v. Wade an “archaic ruling,” and described abortion as “murder” and “genocide.” When the conversation turned to reparations, Cawthorn proclaimed that the example of Asheville, North Carolina—whose city council recently approved a program to invest in community businesses and homeownership that the council described somewhat confusingly as “reparations”—“sets a dangerous precedent,” because it leads to a “victimhood mentality.”

“On another part,” he added,” it’s saying that they’re owed something. Did we not pay enough when 600,000 Americans died to free slaves?” He called the New York Times’s 1619 Project the “Project 1692,” because, he said, “it’s more like the Salem witch trials.” And one of the “biggest problems” in “minority communities,” Cawthorn asserted, isn’t systemic discrimination and racism, but “fatherless homes.” He explained further, apparently without any knowledge of how welfare reform has reduced already minimal benefits to practically nothing: “We subsidize fatherlessness because there are so many financial benefits to these young women to not get married and have more children, because then they can get more subsidies for those children. And then you have a woman who has seven kids from three different fathers, but none of those dads are around.” As for immigration? He told Kirk he believes in a merit-based immigration system, and that due to the pandemic, sounding thisssss close to Stephen Miller, “We should not be accepting new people into our country right now.”

“I do not believe that it’s my job as an American to be the caretaker of the rest of the world,” Cawthorn said. “Because one, we’ll lose our national identity, and two, we can’t support it.” 

Cawthorn has proven that he’s learned a valuable lesson, one that’s been gleaned from watching a generation of Republicans: If you craft the right story, as riddled with holes as it may be, you can sell people anything.

提案された投稿

Covidケースがダウンしています。健康の専門家は、スーパーボウルの集まりがそれを変える可能性があると警告しています。

Covidケースがダウンしています。健康の専門家は、スーパーボウルの集まりがそれを変える可能性があると警告しています。

新しいコロナウイルスの症例は全国的に減少していますが、公衆衛生の専門家は、スーパーボウルの集まりがその傾向を逆転させる可能性があることを懸念しています。7日間の新しい感染の平均は土曜日に12万人で、1か月前のほぼ半分でした。

Facebookをブロックしてから数日後、ミャンマーの軍政はInstagramとTwitterをブロックしました

Facebookをブロックしてから数日後、ミャンマーの軍政はInstagramとTwitterをブロックしました

抗議者たちは、2021年2月6日にヤンゴンで行われた軍事クーデターに対するデモ中にプラカードを持っています。ミャンマーの新しい軍事主導の政府は、今週初めに行われたクーデターに対する市民の抵抗を鎮圧しようとして、国内のInstagramとTwitterをブロックしました。国の民主的に選出された政府。

関連記事

コリ・ブッシュは議会に尋ねます:「あなたの沈黙は[白人至上主義について]あなたの合意に話しますか?」

コリ・ブッシュは議会に尋ねます:「あなたの沈黙は[白人至上主義について]あなたの合意に話しますか?」

コリ・ブッシュ議員は、1月の反乱の際に国会議事堂で経験したことについて話し、白人至上主義者の暴力が何であるかを認め、非難するよう仲間の議員に呼びかけました。

ハキーム・ジェフリーズが元NFLプレーヤーであり、下院議員のバージェス・オーウェンズを全滅させるのをご覧ください

ハキーム・ジェフリーズが元NFLプレーヤーであり、下院議員のバージェス・オーウェンズを全滅させるのをご覧ください

ジェフリーズ議員(左)は、初心者議員のためにいくつかの厳しい話をしました。

ダイアン・ダーラム、アメリカ体操全国選手権で優勝した最初の黒人女性、52歳で死去

ダイアン・ダーラム、アメリカ体操全国選手権で優勝した最初の黒人女性、52歳で死去

インディアナ州ゲーリーのダイアン・ダーラムは、8月にロサンゼルスで開催されたマクドナルド国際体操選手権の女子個人決勝でルーチンを開始するときに、不均一な平行棒に注目します。

金曜日のGifパーティーはあらゆる年齢でハンサムです

金曜日のGifパーティーはあらゆる年齢でハンサムです

クリストファー・プラマーは、インサイドデイジークローバーでハンサムです。あのね?それは私の最初の金曜日のgifパーティーであり、私はショットを呼んでいます。

Language