ミームとなった体罰「ラ・シャンクラ」終焉運動

多くの ラテン系の家族では、 2つの家庭用品 がそれらを見る人の心に恐怖をもたらします:la correa ylachancla。英語では、これはベルトとスリッパであり、ラテン系の子供たちはしばしばどちらか または両方で殴られることによって懲戒処分を受けます。この共有されたトラウマ的な育成は十分に一般的であるため、「la chancla」は 、Pero Likeなどのラテン系の出版物で一種のミームになり、Cocoなどの映画にも描かれています。基本的に、私たち全員がどのように殴られていたかについての冗談ですが、ほとんどOK。自分のキューバのアブエラになりすましたことで知られるコメディアンのジェニー・ロレンソは、アブエラが金のシャンクラスプターで悪役を倒すスーパーヒーローであるビデオで、シャンクレタの神話を強調しています。(( ラテン系の人々はしばしばあらゆるスパンキングジョークの尻にいますが、米国では両親による幼児の体罰は民族的および人種的な境界を越えて行われていることは注目に 値し ます。ニューハンプシャー大学の研究者が発表し2019年の調査によると、2018年から2019年の間に、白人の46% 、黒人の59 、「ヒスパニック」の48% が子供を叩いたことがわかりました。

しかし、これらのミームは、子供が不従順な行動のために身体的危害を加えると脅かされることが実際に何を意味するのかを尋問しません。6月下旬、私はLatinx ParentingというInstagramアカウントに出くわしました。このアカウントは、Latinxの成人と彼らのchanclaとの歴史との関係に焦点を当てています。「シャンクラ文化の終焉」に捧げられたアカウントを最初にフォローし始めたとき、ラテン系の子育てが反人種差別的な子供を育てることについて提供していたウェビナーでちょっとしたドラマが始まりました。(価格は人種と民族的背景に基づいており、黒人とアフリカ系ラティーノの人々が最も少なく、白人が最も多く支払っていますが、一部の白人とは相性がよくありませんでしたが、ラテン系の子育ては価格 が人種的特権、そして反人種主義の仕事に不可欠なラテン系の子育てもします。)

私が偶然に感じたときにこのアカウントを発見 し ました。 数か月前、私のパートナーと私は子供を持つことについて話し合いました。父親のいない伝統的なラテン系の家で育った2人(1人は死亡、もう1人は自発的に欠席)、そして「棒を惜しまないで子供を台無しにする」という信念に基づいて活動する母親と一緒に、私たちはそれぞれが過ごした年数を心配していましたチャンクラ文化の中での私たちの育成の結果​​として、私たち自身の世代のトラウマを発見します。私は子供を私が得たのと同じ種類の「しつけ」に服従させることによって子供を性交する運命にありましたか?

しかし、Latinx Parentingが解き明かし、チャンクラ文化の中で育った新しい親や将来の親に、より良い方法があることを教えたいと望んでいるのは、まさにこの種の恐怖です。 イザベルは、LatinxParentingの共同創設者であるLesliePriscilla Arreola-Hillenbrandと、価格に関する論争とLatinxコミュニティ内のchancla文化を終わらせる作業について話しました。以下のインタビューは要約されています。

JEZEBEL:Latinx Parentingとは正確には何ですか、そしてどのようにしてプラットフォームを作成するようになりましたか?

LESLIE PRISCILLA ARREOLA-HILLENBRAND:Latinx Parentingは、トラウマに基づいたバイリンガル組織であり、Latinxであると特定した親にワークショップやその他の教育とサポートを提供しています。それは、社会正義、自分自身の親を取り戻す慣行、非暴力、世代間および先祖のトラウマの癒し、そして文化的維持の枠組みの中で機能します。

ラテン系の子育ては、子育てのコーチングと親の教育の世界に表されている、または反映されているラテン系/チカーノの親としての自分のアイデンティティを一貫して見ていなかったときに感じた欲求不満の高まりから生まれました 。私は、母親になること、移民の子供として生活すること、文化的育成の側面をナビゲートすること、そしてメキシコ生まれの両親との関係よりも娘とのつながりを深めることの交差点に取り組むコミュニティを見つけたいと切望していました。

私の専門的な経歴は子どもの発達で あり、2011年に長女を妊娠するまで、長年幼稚園の教師をしていました。彼女を産んだ後、両親と一緒に仕事を始めたとき、提供する多くの子育てリソースや組織を見つけました。 親の教育、それでも彼らの誰もこの特定の文化的な部分の重要性を認めませんでした。

私が検索した限りでは、私たちの多くが育てたのと同じ抑圧的な戦術を使用するという私たちの文化の多くからの圧力に反して、ラテン系の親が子供を穏やかにそして平和に育てる際に直面する独特の課題を検証するものは何も見つかりませんでした —「la chancla」やその他の形態の体罰、脅迫、罪悪感、操作など。何年にもわたって複数のカリキュラムで訓練を受けた後、私は社会正義に深く根ざしたトラウマに基づく非暴力の子育てを教え始めました。

Latinx Parentingが目指しているのは、家族の非暴力の実践を、脱植民地化、社会的および人種的正義、そして先祖代々の癒しの実践と融合させることです。ラテンアメリカとここアメリカで先住民の文化を研究することから私が学んだことは、子供を敬うことは新しいことではないということです。

あなたの定義では、チャンクラ文化とは何ですか?

チャンクラ文化は、私が定義するように、体罰、恥、恐怖などの抑圧的な戦略を使用して子供を行動に移すことであり、特に長期間雇用された場合、子供の発達と感情の発達に重大な害を及ぼします。具体的な意味では、La Chanclaはサンダルまたはフリップフロップを指し、ラテン系の文化では、移民またはラティーノの母親が、脅迫または積極的に使用することで子供たちに行動を変えさせるために使用されたとよく言われます。子供の頃に私たちを肉体的に傷つけました。それは軽視されており、面白いことを目的としたビデオやミームが無数にありますが、子どもの発達と子どもの権利の観点から見ると、児童虐待を軽視しています。

シャンクラのミームやビデオで笑うことは、私たちラテン系の人々の中には、その経験に見られ、関連しているという感覚を与えるかもしれません。チャンクラ文化で育ったことが害をもたらしたことを認めるのは難しいかもしれません。なぜなら、私たちの多くは、両親の選択に異議を唱えることによって両親を疑ったり「軽蔑」したりしないように育てられてきたからです。尊敬はラテン系の家族にとって重要な価値であり、私たちの文化では、尊重され、指導を提供する必要性は、罰によって恐怖を生み出したいという衝動と混同されることがよくあります。しかし、私たちの両親が代替のツールや適切な情報やリソースを持っていなかったことを認めることによって、私たちはそれらを軽視していません。私たちは単にそれが害を引き起こしたと名付けているだけであり、私たちが子供たちにそれを引き起こしたいかどうかを考えてみてください。シャンクラ文化がどこから来ているのかを理解すれば、両親にかなりの思いやりを抱くことができます。両親の選択は通常害を及ぼすことを意図したものではありませんが、実際には害を及ぼすことがよくあります。

チャンクラ文化はどのようにしてラテン系のコミュニティでそれほど普及したのですか?そのルーツは何ですか?

チャンクラ文化は、植民地主義とヨーロッパの家族内暴力、そしてヨーロッパの子供たちの陰惨な扱いにそのルーツを持っています。歴史的に、アメリカ大陸の先住民の大多数が子供に対する体罰に従事したという強力な証拠はないことを明らかにしたいと思います。これが真実ではない少数の特定の未確認の例を除いて、ラテンアメリカの家族の子供の行動を制御するために使用されるより権威主義的で支配に基づく慣行へのシフトがあったように見えるのは過去5世紀以内だけです。リサ・フォンテスやステーシー・パットンのような研究者は、他の奴隷化された人々と同様に、私たちの先住民の生存は、彼らの主人を守り、従い、子供たちに同じことをするように教えることにかかっているという事実を指摘しています。文脈を考えると、親が抑圧者の手で子供たちの生存を確保するために抑圧的な戦略を採用し始めたことは理にかなっています。

多くの先住民は支配的な文化に溶け込み、私たちと私たちの子供たちが新たに支配的なパラダイムで生き残ることができるように、私たちの家の中でミクロ抑圧的な慣行を採用しました。そうすることで、私たちは子供たちを尊敬する価値があると見なした人々としてのアイデンティティの大部分を失いました...マヤの人々や他の多くの生きている先住民族は、米国とラテンアメリカの両方で今でもそうしています。


植民地時代の暴力を通じて、資源と富を獲得するために、もともとこの大陸にいた人々を征服し、回心させ、分裂させるという非常に現実的な試みがなされました。繰り返しになりますが、家族内抑圧のこれらの戦略は、しばしば外傷性で成長中の脳に有害であり、前世紀にヨーロッパの子供時代とその成長中の成人への影響にまでさかのぼることができます。したがって、シャンクラ文化は、私たちが戦い続け、癒し、そして今や脱植民地化する必要がある植民者によってもたらされる別の疫病です。

一部の家族にとって、チャンクラ文化は、貧困のストレス、米国帝国主義による経済資源のさらなる略奪、および北に移動するためにアメリカ全土の家族にもたらされた必要性とそれに伴うコミュニティの喪失によってのみ強化されてきました。

米国のラテンアメリカ生まれの第1世代の親、つまり母親は、出身国にとどまっている他のラテン系の親よりもはるかに頻繁にシャンクラ文化戦略を採用しているという重要な証拠があります。これが真実である理由の一部は、文化変容のストレス、子供たちがラインから外れて行動することへの恐れ、そして文書化されていない場合に引き起こされる非常に現実的な結果、または人種差別のために当局によって公正に扱われない可能性のためですと差別。

私たちがチャンクラ文化を終わらせたいのは、体罰やその他の抑圧的な戦略が子供の脳の発達と精神的健康に与える影響について私たちが今知っていることだけではありません 。この運動に参加している私たちは、これが支配、二元性、ヒエラルキー、家父長制で繁栄する支配的なパラダイムの終わりを見る重要な方法であると信じています。

「しつけ」を装って虐待されて育ち、私が大丈夫正当化してサイクルを続けている人たちに、あなたは何と言いますか、それとも私の両親はこうしましたか?

This is a very common attempted rebuttal whenever the topic of spanking or any other kind of corporal punishment is brought up. It’s normal to experience some hesitancy to acknowledge what this kind of parental behavior has caused us as children, and this hesitancy will sometimes lead to the point of view that children “need” discipline. However, discipline is a very different concept than punishment. Discipline means to teach. I would ask a parent: What did this form of “discipline” in chancla culture teach you, really? It taught us to obey—or else! But if the goal of discipline is to teach, should obedience be the goal? We did learn to obey, but that obedience was rooted in fear, not genuine respect, and not because we were guided into truly learning the reasons why other behaviors may have been more appropriate. Our brain development, capacity, and even value as humans deserving of grace and respect, the long-term effects, and other factors were not taken into consideration in those moments.

This is not to blame or shame our parents, especially if they were people of color or immigrants or experienced the stressors of poverty and other socioeconomic insecurities because they often really did not have the space to reflect on their own childhoods that many of us now have. Without that reflection, it would have been difficult to set new intentions for parenting practices that were different from what their own parents did. In holding compassion for the children that we were, and that I believe still live within us, we can also hold compassion for our parents while acknowledging that their behaviors did hurt us and choosing to do differently for our families so that our children will not ever have to justify the harm done unto them in similar ways.

Beyond just saying that they turned out okay, many people will justify it by saying that they deserved being hit or verbally and emotionally harmed. I was one of these people before I really started learning and facing truths about my own childhood and my parents’ inability to guide my behavior without resorting to techniques that failed to see me as a growing, learning human being. I fully disagree that any child ever deserved any kind of physical, verbal, or emotional violence regardless of what they may have done. The framework of nonviolence, which is one of the tenets that Latinx Parenting is rooted in, states that all human behavior is an attempt to meet a need. This can’t be more true for children who don’t always have the capacity to articulate what their needs are, especially when they themselves are under distress or operating from fear.

Again, I want to invite people to really truly engage in that reflection and remember themselves as children when they experienced Chancla Culture in the form of punishment or threats and think about where their parents were in their mind and emotions when they brought themselves to engage in those behaviors. Parents don’t typically act in these ways when they are calm and understanding, and often they are operating out of their own wounds, some of them intergenerational and ancestral, and the behaviors that they learned from their own parents.

In conjunction with your work to end chancla culture, a lot of Latinx Parenting’s programming deals with anti-racism. LP recently hosted a program about raising anti-racist children that involved a payment tier which you got some flack for, can you talk about the reasoning behind the payment tiers and how it folds into the larger work you’re doing on anti-racism?

Yes, it certainly made some people uncomfortable. This is one of the times where the complexity of working with the Latinx community, in light of some of these heavier topics being presented, really struck me. I had become accustomed to people feeling resistance to my firm stance against spanking, but it took me by surprise that so many individuals and entire institutions reach out in opposition to the tiers which were intentionally structured to reflect differences in privilege. A friend pointed out that this was the “first lesson” of the workshop, so-to-speak because it was a practice in losing that privilege and moving towards equality, justice, and liberation through equity. There seemed to be a lot of confusion around the difference between “equity” and “equality” and people did not like their privilege named and especially did not like that it was being asked to be quantified in actual numbers.

I consider myself a white Latina/Xicana, and a non-Black POC. Naming our privilege and our positionality is directly tied to one of the tenets of Latinx Parenting which is self-reflection and introspection, both about our personal lived experiences and about our cultural histories. We cannot progress towards justice if we don’t take the vulnerable steps of acknowledging that many of us who identify as non-Black Latinx people, concretely benefit, and historically have benefited, from being lighter-skinned and being in proximity to whiteness. There are studies that conclude that non-Black Latinx people are afforded more educational and professional opportunities. White privilege exists in the Latinx community and colorism is very real. There is no shame in admitting this. Once we can move past the fragility we might experience initially, we will be in a much better position to confidently work towards dismantling White Superiority and anti-Blackness in our homes and in the larger community.

If we truly want to build a more socially and racially just world, it’s going to get messy and it’s going to be uncomfortable. We need to embrace the messy and uncomfortable and stand with and for our Black kindred, and model what that looks like for our kids. If we are not actively discussing the realities of social and racial dynamics with our children, we are potentially raising them to be either explicitly or subtly complicit in the harms done against Black people and other marginalized groups.

What role do you think allyship plays, if any, in anti-racism work? Is the onus on allies to educate themselves or those who are experiencing racism to proactively educate others?

I recently heard someone speak to the idea that allyship is still too far removed from the experience, and what we need to be and become are co-conspirators. I love that idea because it gives us not only the direction of standing alongside Black and AfroLatinx [people], but actually doing what we need to do to actively dismantle all systems that oppress Black and brown people. We need both allies educating themselves, ourselves, and we also need to step back when it’s going to be much more appropriate and impactful for a Black/AfroLatinx person to share from that perspective. We need any and everyone to do the work if it’s within [their] capacity. I cannot speak to the AfroLatinx narrative because I have not experienced the harms of colorism that some of my much darker cousins have experienced. What I do know is that their narratives should be centered in the conversation. Their experiences are often shut out of the conversation rather than amplified. What I can speak to is being a person who is unafraid to name and wield my privilege, both publicly and privately, in support of Black lives, voices, and narratives. Black people and AfroLatinx people have been doing the heavy lifting in trying to get people to wake up for longer than either of us have been alive, and they won’t stop doing that work, but it’s now up to those of us with more privilege to take the baton and keep running, not until we are all just “not racist,” but until we are all actively anti-racist.

On August 8, Latinx Parenting will  host another webinar titled “Ending Chancla Culture: Decolonizing Our Familias and Raising Future Ancestors.” Tickets for this program are “sliding scale/privilege based.”

提案された投稿

ミーシャ・バートンはまだ実際にはマリッサ・クーパーではありません

ミーシャ・バートンはまだ実際にはマリッサ・クーパーではありません

現在35歳のミーシャバートンにとって、名声は常に混合バッグでした。バートンは、人気のある00年代初頭のショーTheOでマリッサクーパーとしての役割で最もよく知られています。

トランプは司法省にSNLが彼をパロディー化するのを止めたいと思っていました。これはSNLスキットのセットアップとまったく同じように聞こえます

トランプは司法省にSNLが彼をパロディー化するのを止めたいと思っていました。これはSNLスキットのセットアップとまったく同じように聞こえます

2019年、当時のドナルドトランプ大統領は、FCC、法廷制度、司法省がSNLのジミーキンメルライブを調査または規制するために何ができるかについて、彼の顧問および弁護士に尋ねたと伝えられています。と他の深夜のコメディショー。

関連記事

大人の子供との関係を強化するにはどうすればよいですか?

大人の子供との関係を強化するにはどうすればよいですか?

これはペアレンタルアドバイザリーのアドバイスコラムで、最も差し迫った子育てのジレンマに一度に1つのタントラムで取り組みます。子育てに関する質問をmwalbert @ lifehackerにメールで送信してください。

土曜の夜の社交:エアコンの時代が来ました

土曜の夜の社交:エアコンの時代が来ました

あなたはもうあなたのエアコンを再インストールしましたか?私はしていません。私の理由は多岐にわたります:私はお金を節約しようとしていました、私は怠惰です、私は汗まみれの夏のセックスへのいくつかの怠惰で効果的な軽薄な前文の一部として私のためにそれをするように男の子に頼みたかったです、私は怠惰です、おそらく環境??、そして私は怠惰です。

ジョン・スチュワートとCovid-19ラボリーク理論の反知性主義

ジョン・スチュワートとCovid-19ラボリーク理論の反知性主義

covid-19ラボリーク理論は、リベラルな半神ジョン・スチュワートの助けを借りて、ますます主流になりつつあります。スチュワートが彼の新しいお気に入りの理論にたどり着く前に。

MORE COOL STUFF

「パイオニアウーマン」リードラモンドの最高のコーヒーレシピ

「パイオニアウーマン」リードラモンドの最高のコーヒーレシピ

パイオニアウーマンリードラモンドはおいしいコーヒーが大好きです。フードネットワークスターの最高のコーヒーレシピが何であるかを調べてください。

「ブラック・ウィドウ」:フローレンス・ピューは、一緒にシーンを撮影している間、スカーレット・ヨハンソンを見つめるのを止められませんでした

「ブラック・ウィドウ」:フローレンス・ピューは、一緒にシーンを撮影している間、スカーレット・ヨハンソンを見つめるのを止められませんでした

フローレンス・ピューはスカーレット・ヨハンソンをとても尊敬しているので、彼らがシーンを撮影している間、彼女は彼女を見つめるのを止められませんでした。

「ブラックウィドウ」:スカーレット・ヨハンソンとフローレンス・ピューがお互いを窒息させながら親しい友人になりました—「それは完璧な砕氷船になってしまいました」

「ブラックウィドウ」:スカーレット・ヨハンソンとフローレンス・ピューがお互いを窒息させながら親しい友人になりました—「それは完璧な砕氷船になってしまいました」

スカーレット・ヨハンソンとフローレンス・ピューは、「ブラック・ウィドウ」のセットでお互いを打ち負かしながら友情を築きました。

「ザ・ビュー」スター・メーガン・マケイン・フィーリング「身体的に病気」ブリトニー・スピアーズをめぐる「成年後見を終わらせるための法廷での証言」

「ザ・ビュー」スター・メーガン・マケイン・フィーリング「身体的に病気」ブリトニー・スピアーズをめぐる「成年後見を終わらせるための法廷での証言」

メーガン・マケインは、彼女の保護を終わらせるために事件で爆発的なブリトニー・スピアーズの証言によって影響を受けた有名人の一人でした。

2つのロシアの宇宙亀がアポロを月に打ち負かした時

2つのロシアの宇宙亀がアポロを月に打ち負かした時

うん、2匹の小さな体のロシアのカメが月に着き、人がやる前に戻った。

「神は死んだ」とニーチェからの他の4つの引用、説明

「神は死んだ」とニーチェからの他の4つの引用、説明

ニーチェの散文は遊び心がありますが、その意味はしばしば不透明です。「私は男ではない。私はダイナマイトだ」と書いた哲学者に何も期待すべきではないかもしれませんが。

一部COVID-19による米国の平均余命の「大幅な」低下

一部COVID-19による米国の平均余命の「大幅な」低下

英国医師会が発表した調査によると、米国の平均寿命は2018年から2020年の間にほぼ2年低下し、第二次世界大戦以来最大でした。

すべてのデバイスでGoogleChromeダークモードを有効にする方法

すべてのデバイスでGoogleChromeダークモードを有効にする方法

ダークモードを使用すると、就寝時のグーグルが目で楽になります。すべてのデバイスで有効にする方法は次のとおりです。

パリス・ジャクソンは「彼女の家族と親密な関係を保っています」と「本当に彼女自身に近づいています」と情報筋は言います

パリス・ジャクソンは「彼女の家族と親密な関係を保っています」と「本当に彼女自身に近づいています」と情報筋は言います

パリスジャクソンは最近、彼女のLGBTQの旅について語り、Red TableTalkのエピソードで彼女の拡大家族に出てきました。

ジョシュア・バセットは「LGBTQ +コミュニティの一員になれて幸せ」であり、彼のセクシュアリティで「平和に」

ジョシュア・バセットは「LGBTQ +コミュニティの一員になれて幸せ」であり、彼のセクシュアリティで「平和に」

Joshua BassettはGQに、先月のセクシュアリティに関するInstagramの投稿で彼の言葉の後ろに立っていると語っています。

ジャッキーベンソンは彼女の音楽を通して黒人コミュニティの声を増幅しています

ジャッキーベンソンは彼女の音楽を通して黒人コミュニティの声を増幅しています

「それは戦いの精神であり、忍耐の精神です」と彼女は:BLACKPRINTの6月16日、CelebratingFreedomバーチャルフェスティバルでヒット曲「Fight」について語った。

王室の歴史家ロバート・レイシーがウィリアムとハリーの間の「裂け目の深さ」を明らかにする

王室の歴史家ロバート・レイシーがウィリアムとハリーの間の「裂け目の深さ」を明らかにする

Battle of Brothersの著者であり、NetflixのThe Crownのコンサルタントであるロバート・レイシーが、兄弟の進行中の紛争について語ります

すべての写真家がキャプチャする必要がある4つの見事なスカイライン

すべての写真家がキャプチャする必要がある4つの見事なスカイライン

ニューヨークが急速に高層ビルを開発し始めた1920年代以来、街のスカイラインはすべての主要都市の定番となっています。それらは富と権力の象徴であり、多くの人々が私たちの市内中心部で一緒に暮らし、働くことを可能にします。

スタートアップピッチイベントへの素晴らしいサインアップを得るためにLinkedInの投稿を書く方法

スタートアップピッチイベントへの素晴らしいサインアップを得るためにLinkedInの投稿を書く方法

ですから、あなたはついに舞台の中心になります—適切な人があなたに会うことを確認してください(「私たちはとても興奮しています」とは言わないでください)それはあなたに耳を傾けるのにぴったりの少数の人々を得ることができます。言い換えれば、どのイベントでも全体として多くの参加者を獲得することは、ピッチポストの目的ではありません。

いいえ、「インザハイツ」を愛するためにラテン系である必要はありません

いいえ、「インザハイツ」を愛するためにラテン系である必要はありません

私たちは素晴らしい映画を箱に入れています(ネタバレなし)インザハイツは圧倒的にラテン系のキャストが主演する主要なハリウッドミュージカルです。リリース前には、ブラックパンサーやクレイジーリッチアジア人と比較してかなりの解説がありました。

世界は整頓されていません。あなたの写真でそうしようとしないでください

技術的な正確さの奴隷にならないでください。「ストリート」写真で重要なのは、人間の物語を手に入れることです

世界は整頓されていません。あなたの写真でそうしようとしないでください

私が正式に追求したことのない写真の1つのジャンルはストリートです。私はストリート写真が大好きで、ソーシャルメディアで多くのストリートシューターをフォローしています。

Language