「めちゃくちゃな時代」の政治コメディに関するビッグショートディレクターのアダムマッケイ

脚本・監督のアダム・マッケイは、彼の成人期のほとんどの間、アメリカのコメディの最も前向きな顔の1つでした。フィラデルフィアでスタンドアップを行った後、彼はシカゴに行き、伝説的なセカンドシティのメンバーとして、またアップライトシチズンズブリゲードの創設メンバーとして称賛を得ました。そこから、彼はサタデーナイトライブのために執筆を続け、そこで彼は3年間ヘッドライターを務めました。しかし、彼は、アンカーマン:ロンブルゴーニュの伝説タラデガナイトステップブラザーズその他の男たちを含む、友人のウィルフェレルとの映画の共同執筆者および監督として、00年代を通じて最も幅広い成功を収めました。。フェレルと一緒に、彼はファニーオアダイとジョージW.ブッシュを嘲笑するブロードウェイショーYou're Welcome、Americaの作成も担当しました。

マッケイは、2008年の金融危機につながる出来事についての新作映画『ビッグショート』で、映画を非常に面白く、できるだけ多くの視聴者が利用できるようにしたにもかかわらず、より深刻な素材に向けて決定的な一歩を踏み出しました。AVクラブは彼と一緒に座って、真面目な政治を愚かな映画に取り入れること、ユーモリストとして発言することの意味、そして彼が「私たちは非常にめちゃくちゃな時代に生きている」と言ったときの意味について話しました。

AVクラブ:シカゴに戻って、コメディーをプロとしてやっているところですよね?

アダム・マッケイ:そうだね、そう言えると思う。つまり、フィラデルフィアは明らかに、私が大学に行って立ち上がって政治に興味を持った場所ですが、ここで動き始めました。それについては疑いの余地はありません。

AVC:当時あなたが行った最も重要なセカンドシティのショーの1つであり、今でも話題になっているのは、90年代半ばのピニャータフルオブビーでした。あなたは当時、もっと明白に政治的なもののいくつかを羊飼いにしました。当時も自分は政治的なユーモアにもっと興味を持っていた男だと思いましたか?

AM:それは世界で最もおかしなことです。私は自分が男だと思っていました。私はコメディが大好きです–キッズ・イン・ザ・ホールが大好きです–ばかげたコメディ。私は映画「飛行機」が大好きです!はシンプソンズが大好きです。しかし、はい、私は政治に注意を払います。」それは本当に奇妙でした。私はこのシーンに入り始めましたが、何が起こっているのか誰も注意を払っていませんでした。彼らは「クリントンがチーズバーガーを食べすぎている」というような政治的な冗談を言っていました。「ほんと?」って感じでした。そのため、デフォルトでは、私はより政治的な男になり、そのショーはそれに政治的な噛みつきがあることで知られていましたが、そこでは多くの不条理なユーモア、多くのダークユーモアも行いました。いろいろなコメディが好きなので、いろいろなシーンがあります。

私は「ああ、ここでたむろしたいかどうかわからない」というような理由で、実際にセカンドシティを辞めるつもりでした。友人のトム・ジャナスがメインステージのショーを監督していて、彼は「いや、いや、やらなきゃ」と言った。私は言いました 「なぜそんなことをするのですか 歌や停電はしたくない。」それで彼は、「もしあなたが好きなようにショーを開くことができたら、あなたはどうしますか?」と言いました。私は言いました 「あなたは本気ですか どうしたい?私は防毒マスクを着用し、観客を囲み、人道に対する罪で彼らを非難するでしょう。」彼は、「私たちはそれをやっています」と言います。[笑い]それが私たちのショーのやり方です。

それは、すべてのルールを破るような、この種の試してみたいショーになりました。くだらない歌も、人間関係のシーンもありませんでした。私たちはステージ全体を壊しました。そのため、キャストは常にステージに立っていました。それは私の人生の素晴らしいクリエイティブな体験の1つになり、観客と一緒にシーンを即興で演奏するこの非常に珍しいショーを本当に磨くことができました。ギミックで冗談っぽいシーンではなく、実際のシーン。そしてその時点で、ブロックバスターは人々に言わずに映画を編集していたので、観客にブロックバスターカードをステージに投げてもらい、それらを切り取って、ブロックバスターカードを雨が降っていた。素晴らしかったです。それは結局、セカンドシティが持っていた最も長く続いているショーの1つでした。素晴らしい経験でした。

AVC:監督に移ったら、それ自体がトランスグレッシブなステップブラザーズを除いて、アメリカの資本主義のめちゃくちゃな性質に少なくとも部分的に対処していないものはありません。

AM:わざとそうしました。それはウィルと私が話したいことでした。私たちはいつも、ドイツの映画の学生の意見をクレイジーなコメディの中心に埋めたと冗談を言い、誰にも言わないでいました。ステップブラザーズでさえそれを持っていました。ステップブラザーズとの私たちの全体的な考えは、消費主義が成長した男性を赤ちゃんに変えるというものでした。それが私たちの考えでした。だから、はい、私たちはいつもそれをしますが、私たちはコメディも大好きで、笑いたいので、おそらく苦笑いになるこれらの論争を作ることを考えていませんでした。私たちは、彼らにも少し視点を持った、ハードで面白い映画を作りたかったのです。

As we progressed and made these movies, America got crazier and crazier and crazier, and we started to get more overt. Like The Other Guys was our first attempt to be overt. I don’t think we completely succeeded, because we underestimated how much the laughs would kind of cover the mechanics of the movie, but then certainly with Anchorman 2 we just overtly did it. The whole reason we made the movie was to do that. Obviously, from that, that led me to this movie.

AVC: It seems like the American business tycoon bad guy is such a staple of American art and culture, but now we live in a world where you have TV pundits arguing that old man Potter from It’s A Wonderful Life should be the hero of that movie.

AM: That’s a great way of putting it. I almost did a tweet the other day, like, “How do you watch It’s A Wonderful Life if you’re a Republican? Who are you rooting for?” It’s really true. Like, Stewart’s a whining liberal.

AVC: You said you’ve talked a lot with Will about the way in which you got more overt with these films and that you underestimated how much the laughs would hide the political stuff. It seems like your “onstage smile,” hides a lot of venom. Because Will is such a genial presence that it seems like you’re able to slide a knife in via his smile, like in You’re Welcome, America.

AM: I mean, that Bush show was filled with anger. We called that show our shower after eight years of Bush. We were traumatized by those years, so we felt like we needed to do that show. Even though it’s funny, I heard some left-wing friends of mine were like, “You didn’t go hard enough on him.” I’m like, “Really? What did we not hit? We hit everything.” I would even say—it was a flawed movie—but The Campaign, like the first two-thirds of that are really on point with the Koch brothers and these vain sort of careerist politicians. We kind of dropped the ball with the ending, it didn’t quite hit. I was a producer on that. But still, we never quite got that ending.

Here’s the real truth, here’s what’s under it: I think we’re living in extremely fucked-up times. There was a paper published about five or six months ago that we’re in the sixth great extinction, and there was really reputable science [accompanying] it. Hardly anyone talked about it. I actually think our culture’s a bit toxic; I think we don’t talk about what we should talk about. I think this Paris climate-change talk is maybe one of the most important things in human history, yet it’s kind of glancingly talked about when you see a story about it. So our beliefs are strong, and I think those Bush years were one of the darkest periods in American history: war crimes, torture. We completely gave up our moral high ground. I think it’s really sad and dark, dark stuff. However. I just bored you saying that to you just now. [Laughs.]

So the constant game is, how do you communicate with people about this? There’s something wrong. Money has swamped our culture too much. And I’m all for incentivizing people and, if someone works hard, I’m all for that someone being a little richer than someone else, but what’s happening in this country—you look at the numbers, it’s so off the charts, and no one wants to look at the numbers. So, how do you communicate that? I mean, this is the game we’re trying to play. The Big Short was one where I happened to read this book, and I was like, “Fuck, this guy [Michael Lewis] did it really well.”

AVC: This movie seems to be exactly what you’re describing right now. How do you convey ideas that you’re worried are going to bore people or bum them out? In the move, you do it by having Margot Robbie in a bubble bath explaining the financial system.

AM: Yeah, we sort of came up with this idea, “We’re going to take this pop culture white noise and use it to inform. We’re going to show a Ludacris video, we’re going to have iPhones, and you’re going to see Margot Robbie in the bathtub, but guess what? She’s going to tell you something worthwhile.” That’s sort of the conceit we came up with. But I feel like you guys do it, too; I feel like The Onion is desperately trying to do it and doing it brilliantly. I feel like The Simpsons had stretches where it was trying to do it, and certainly Michael Moore had stretches, but I don’t know…

The climate-change thing is going to come to a head, man, and we’re going to see a massive shift in our culture and the way we live. You’re going to start to see acts of civil disobedience and it’s really bubbling fast. It’s going to change everything. What’s our role in this? What’s your role in this? What’s my role in this? is kind of the question. The one thing for sure is, I don’t ever want to waste a movie. I don’t ever want to waste effort. We thought with our earlier, sillier comedies, like Talladega Nights, we had a point of view but it was also entertaining. But where we’ve elevated now, I don’t think that game works.

AVC: How does comedy punch through that lack of political engagement? Historically, the court jester has gotten away with speaking truth to power. But this movie feels like the biggest step you’ve made toward pulling off the hat with the bells and picking up a sword.

AM: Yeah, definitely. It helps that it’s a true story, it helps that it’s buoyed by lots and lots of facts that actually happened. I saw it as a chance—I think one of the big problems in our country is that we’ve just lost all care or attention or focus for data and facts. And that’s my constant boring old man thing that I constantly say, “Why are we arguing about immigrants? Look at the census—it’s flat! There’s actually more leaving. Why is it even a subject?” So I’m constantly acting like I’m 90-years-old, kind of hammering on this. You look at data, there’s so many answers. We have the best data in the history of mankind, yet we never use it.

So, what I loved about this, it was a chance to fuse facts, data, and understanding with amazingly rich characters. And I really hadn’t seen anything like it. The only other book I think really smacked me in the face like that recently was the [Gary] Shteyngart book, Super Sad True Love Story, really knocked me on my ass when I read that. It was like, “Whoa!” Although it was more of a prophetic book. I felt like the Lewis book is more of a useful book for the moment. So, yeah, just in that moment, who knows? Maybe in two years, my opinion will change, but, right now, I feel like people need to fucking engage, man. They need to realize you’re allowed to talk about banking, you’re allowed to call your congressman and go, “Why’d you take a hundred grand from Goldman Sachs?” There needs to be a little bit of a push from the people.

AVC: But this is precisely the problem, right? Because this is the danger of populism.

AM: Absolutely.

AVC: It can so easily fall into Trump-esque land, where people are pissed off and they’re like, “At least he’s out there, telling it like it is!”

AM: You’re 100 percent right. Populism, talk about a double-edged sword. It does wonderful, wonderful things when it’s FDR, and it does horrible, horrible things when it’s Hitler. Both countries were countries facing a great Depression. Both countries, one happened to have one leader, and one had another, and look at the way it goes. I do think populism is necessary and I just think it’s the job of the professionals and the experts to inform populism. I think there’s too much of a separation in our country right now between the experts and professionals and the people, and I think that’s really dangerous. That includes me. I think it includes northeasterners, Los Angeles people, cultural elite—I would never call myself cultural elite, but you might be cultural elite. [Laughs.] You know what I mean? I think the separation is way too much. I think the New Yorker magazine needs to make an effort to broaden—I think there has to be that connection or else it’s worthless. New Yorker has some great shit in it, but who’s reading it? A select group of 170,000 people? Does that really mean anything?

AVC: You get that progression to things like The Daily Show or something where they’re trying to fight the good fight, though.

AM: Which, I think he did an amazing job. Colbert, too.

AVC: It seems like what you’re doing with The Big Short is taking it one step further. You talk about the value of it being a true story; what’s interesting in the movie is you keep having characters turn to the camera, like, “Can you believe this is fucking happening?”

AM: Exactly, exactly.

AVC: This movie is almost the setup to go, “We have to stop just yelling ‘fuck you’ at people and start handing them lists of facts and saying, ‘You need to do something.’”

AM: I think that’s a great summary and, once again, my wife thinks I’m a crazy old crank, where, on my Facebook page, I friend people that look like they’re from the South, and then I’ll post some fairly benign political thing about whatever, how they want to get rid of the VA or privatize it or something, and I’ll say, “This is ridiculous.” Then I’ll get these guys jumping in saying, “You liberal son of a bitch” and then I’ll see if I can have a conversation with them that’s purely fact-based. I’ll say, “You can’t name-call, otherwise I’m going to unfriend you, we can only talk in facts”, and I’ll set the rules, and I’ll do it. It pretty much fails 97 percent of the time. I’ve had a few successes with it, and usually the success is that the person goes away quietly, but I don’t know if you can crack them. We’re trying with this movie. It’s all you can do. It’s a dilemma, it definitely is. I’d love to see an interview with [Jon] Stewart about how he feels about the end of his long, long run, like what difference did he make? What change did he make? There’s no question what he did was amazing. There’s no question he was a plus for our society. But would he do it differently now? Is there a new strategy in this day and age of [Ben] Carson and [Donald] Trump? How does the game change when the danger is becoming that cartoonishly overt? How are we expected to behave?

提案された投稿

「彼らは彼らが望むことは何でも言うことができた」:ミシェルオバマのシークレットサービスは人種差別主義者から彼女を守ることができなかった「やじ」

「彼らは彼らが望むことは何でも言うことができた」:ミシェルオバマのシークレットサービスは人種差別主義者から彼女を守ることができなかった「やじ」

元ファーストレディのミシェルオバマは、2018年6月14日にワシントンDCで開催される第1世代の大学に通う学生を支援するために、リーチハイアーイニシアチブビートオッズサミットで聴衆に話しかけます。元ファーストレディーのミシェルオバマに向けられた人種差別主義者のビトリオールの猛攻撃は、読んだり聞いたりするのが難しいと思ったら、彼女を保護する任務を負ったときにどうしようもないと感じたと想像してみてください。

ディズニーイマジニアは白雪姫の陰謀を説明することで白雪姫の乗り物の反発に応えます

ディズニーイマジニアは白雪姫の陰謀を説明することで白雪姫の乗り物の反発に応えます

白雪姫と七人の格好をした人々ディズニーランドのコミュニティは、公園がクラシックライドの白雪姫と七人の冒険の再設計されたバージョンを発表して以来、先週、論争に巻き込まれました。問題は(SFGateの作品でKatieDowdとJulieTremaineによってレイアウトされているように)、元のバージョンの乗り物のように邪悪な女王の劇的な死で終わるのではなく、今では王子で終わるということです眠っている白雪姫にキスする—関係者の一人だけが気づいている、合意に基づかない「真の愛のキス」のように、a。

関連記事

マーク・ザッカーバーグがFacebook監督委員会に、議論の妻のせいであるかどうかを判断するよう要請

マーク・ザッカーバーグがFacebook監督委員会に、議論の妻のせいであるかどうかを判断するよう要請

カリフォルニア州メンロパーク—この問題は彼の手に負えず、対処する準備が整ったトピックの範囲をはるかに超えていることを強調し、マーク・ザッカーバーグは木曜日にFacebook監督委員会に、妻との議論が彼女であるかどうかを判断するよう求めました。障害。 「チャン・ザッカーバーグの家で何ヶ月にもわたる争いと白熱した議論の末、私はフェイスブックの最も信頼できるアドバイザーに、プリシラが良い点を挙げたのか、それとも完全な雌犬だったのかを判断するよう求めた」と、困惑したCEOは述べた。 20人の尊敬されている弁護士、学者、元政治家で構成され、妻の口調、彼女の卑劣なコメント、特定の「でたらめなこと」を言ったときに彼女が押しているボタンをどのように知っているかなど、すべての関連情報が提供されていました。

フランシス・フォード・コッポラは、彼の輝かしい金を失ったミュージカル「ワン・フロム・ザ・ハート」でヒットし、逃しました

フランシス・フォード・コッポラは、彼の輝かしい金を失ったミュージカル「ワン・フロム・ザ・ハート」でヒットし、逃しました

視聴これは、新しいリリース、プレミア、現在のイベント、または時には私たち自身の不可解な気まぐれに触発された映画の推奨事項を提供します。今週:Gia Coppolaの新作映画Mainstreamのリリースに伴い、拡張されたCoppolaファミリーの他の作品を紹介します。

彼がハンニバルレクターを解き放つ前に、トーマスハリスはスーパーボウルに爆弾を浮かべました

彼がハンニバルレクターを解き放つ前に、トーマスハリスはスーパーボウルに爆弾を浮かべました

ブラックサンデーウォッチこれは、新しいリリース、プレミア、現在のイベント、または時には私たち自身の不可解な気まぐれに触発された映画の推奨事項を提供します。今週:アマゾンプライムで初公開された新しいトムクランシー映画、ウィズアウトリモースで、私たちは大量のペーパーバック小説の他のハリウッドの適応を振り返っています。

90年代後半、ありそうもないベストセラーが大騒ぎの博物館モンスター映画になりました

90年代後半、ありそうもないベストセラーが大騒ぎの博物館モンスター映画になりました

視聴これは、新しいリリース、プレミア、現在のイベント、または時には私たち自身の不可解な気まぐれに触発された映画の推奨事項を提供します。今週:アマゾンプライムで初公開された新しいトムクランシー映画、ウィズアウトリモースで、私たちは大量のペーパーバック小説の他のハリウッドの適応を振り返っています。

MORE COOL STUFF

「RHOC」キャストシェイクアップ:ケリー・ドッド・アウト、ヘザー・ダブロウがシーズン16に復帰

「RHOC」キャストシェイクアップ:ケリー・ドッド・アウト、ヘザー・ダブロウがシーズン16に復帰

ケリー・ドッドは「RHOC」シーズン16からカットされており、ヘザー・ダブロウがオレンジを求めて戻ってきたため、戻ってきません。

Kevin Hartがキャンセルカルチャーで音を立てる— '最後に確認したのは、あなたが成長する唯一の方法は、F * ckingUpからです'

Kevin Hartがキャンセルカルチャーで音を立てる— '最後に確認したのは、あなたが成長する唯一の方法は、F * ckingUpからです'

Kevin Hartは最近、キャンセルカルチャーに反対し、公人だけが完璧であると期待されていると指摘しました。

「ソプラノス」の作家がインスピレーションを得るためにヒッチコックの「北北西に進路をとる」に目を向けたとき

「ソプラノス」の作家がインスピレーションを得るためにヒッチコックの「北北西に進路をとる」に目を向けたとき

「ソプラノス」の後半、作家はトニーソプラノの代替アイデンティティを作成するときにアルフレッドヒッチコック効果を求めました。

「ハンドメイドの物語」:ギレアデを脱出した後のリタの成長についてのアマンダ・ブルジェル

「ハンドメイドの物語」:ギレアデを脱出した後のリタの成長についてのアマンダ・ブルジェル

Showbiz Cheat Sheetは、「The Handmaid's Tale」のシーズン4でリタを演じることについて、アマンダ・ブルジェルにキャラクターへの期待とともにインタビューしました。

聖書の神秘的なメルキゼデクは誰でしたか?

聖書の神秘的なメルキゼデクは誰でしたか?

彼は創世記にほんの一瞬登場しますが、それでも彼はイエス・キリストの先駆者と見なされてきました。彼は本当に何でしたか、そしてどのようにして彼はイエスと関係を持つようになりましたか?

Fannie Lou Hamer:SharecropperからCivil and VotingRightsアイコンまで

Fannie Lou Hamer:SharecropperからCivil and VotingRightsアイコンまで

ミシシッピ州の貧しい小作人の家族に生まれたファニー・ルー・ハマーは、学生非暴力調整委員会(SNCC)のフィールドセクレタリーになり、公民権と投票権のための不屈の戦闘機になりました。

世界的な大災害の最悪の状況が世界的な半導体不足を引き起こしている

世界的な大災害の最悪の状況が世界的な半導体不足を引き起こしている

現代文明はますます半導体に依存していますが、需要が急増しているのと同じように、COVID-19のパンデミック、干ばつ、その他の問題によってサプライチェーンが混乱しています。

8時11分に」ロバートワドローは世界で最も背の高い男だった

8時11分に」ロバートワドローは世界で最も背の高い男だった

そして彼は彼の死の時にまだ成長していました。しかし、ロバート・ワドローには、彼の並外れた身長以上のものがたくさんありました。

テキサス州の男性が、ママの元をトラックの後ろに引きずり、車両に火をつけた疑いで逮捕された

テキサス州の男性が、ママの元をトラックの後ろに引きずり、車両に火をつけた疑いで逮捕された

リバティ郡保安官事務所によると、ロバート・ユージーン・ホフパウアー(37歳)は、60歳のローマ・ロドリゲスの殺害で逮捕され、起訴されました。

レオナ・ルイスは、マイケル・コステロがいじめのクリスシー・テイゲンを告発した後、彼女は「ひどく傷ついた」と言います

レオナ・ルイスは、マイケル・コステロがいじめのクリスシー・テイゲンを告発した後、彼女は「ひどく傷ついた」と言います

「人々が(クリシー)を謝罪し、彼らの行動に対して誠実な反省とリハビリテーションを示すとき、私たちは彼らを受け入れ、彼らがダウンしているときに彼らを蹴ろうとしないでください」とレオナ・ルイスはインスタグラムに書いています

ケルシー・グラマーは、父親のマイケル・ジャクソンと子供だったときにパリス・ジャクソンに会ったことを思い出して涙を流します

ケルシー・グラマーは、父親のマイケル・ジャクソンと子供だったときにパリス・ジャクソンに会ったことを思い出して涙を流します

ケルシー・グラマーは、彼女が若かったときに初めて共演者のパリス・ジャクソンとのスペースに出会い、彼女と父親のマイケル・ジャクソンの間の愛らしい瞬間を目撃しました

ジャッカス4監督のジェフ・トレメインがバム・マージェラに対して3年間の拘束命令を下した

ジャッカス4監督のジェフ・トレメインがバム・マージェラに対して3年間の拘束命令を下した

元テレビスターが彼と彼の家族の殺害の脅迫を送ったとされた後、ジェフ・トレメイン(54歳)はバム・マージェラ(41歳)に対する拘束命令を申請した

あなたはジャッジですか?

科学は私たち全員がそうであると言います、そしてそれは必ずしも悪いことではありません。

あなたはジャッジですか?

あなたは誰かに会うときを知っています、そしてあなたは精神的なメモをするしかないのです。または、誰かがあなたを捕まえて、彼らが疑わしいことをしているときに彼らに悪臭を放ちます。

クリストファー・コロンブスはマナティーと人魚を区別できない

クリストファー・コロンブスはマナティーと人魚を区別できない

1493年1月9日にハイチ周辺の海域を航海しているときに、有名な探検家クリストファーコロンブスは、3人の人魚が水面で戯れていると思っていることに気づきました。彼は後で彼らが「水からかなり高くなった」と報告したが、彼らは「描かれているほどきれいではなかった。どういうわけか彼らは男性のように見えるからだ。

50人のクライアントの後のフィールドのビュー

やることはたくさんありますが、それは可能です

50人のクライアントの後のフィールドのビュー

2019年に、別のクラシック音楽機関を率いる前に、ある組織を超えて幅広い影響を与えるためにカリフォルニア交響楽団から移動することを決定したという発表があったとき、水門は最良の方法で開きました。数か月後、コロナウイルスがビジネスを突然停止し、組織や分野に新たな疑問や課題が生じたため、私たちのすべての作業はこれまで考えられていた以上に変化しました。

古い絵画の表面の背後に潜む秘密は何ですか?

現代の技術と昔ながらの創意工夫がいくつかの驚くべき発見を明らかにする

古い絵画の表面の背後に潜む秘密は何ですか?

フィンセントファンゴッホがやったし、パブロピカソもやった。アーティストは多くの理由で帆布の上に絵を描きました。

Language