マッドメン:「人から人へ」

ジョンハム

マッドメンの最後のハーフシーズンの最初のエピソードである「セヴェランス」では、テッドチャウがドンに一言、「すべての男性の人生には3人の女性がいます」と言います。今夜のフィナーレでは、ドンは3人の女性に電話をかけ、それぞれの電話はドンに彼が残した人生の本質的な一瞥を提供します。

まず、ドンは、父親の最新の話を西から聞くことに興味がないサリーと話します。彼は速度の写真ですが、シボレーのホイールを握って砂漠の地平線にどれだけ速く入ることができるかを確認するために日々を過ごしていますが、サリーは重荷を負って無生物に見えます。彼女はドンにベティの予後を知らせると、疲れた目で壁にぶつかります。彼は、アンナ・ドレイパーがガンにかかったときに急降下して救助するつもりだったのと同じように、彼が助けに来ることを約束します。「あなたはみんな私と一緒に暮らすつもりです」と彼はサリーに話します。

しかし、それは彼が本当に望んでいることではなく、彼がすべきだと彼が考えていることでもありません。また、ボビーとジーンにとって理想的でもありません。サリーはそれをすべて知っているのに十分な年齢です。彼女は突然、たくさんのことを知るのに十分な年齢になりました。彼らの最後の電話はドンが娘の無責任で首を横に振って終わったのに対し、今回はサリーが成熟したものです。癌のニュースは彼女を落ち着かせ、彼女に焦点を合わせました。ドンはこの変化を目撃したことがないので、急いで家に帰って大人になる必要があると考えています。彼は、サリーがすでにその役割を果たしていることに気づいていません。「私が彼女の自信を裏切っていることを理解していますか?」彼女は、ヘンリーが彼女にニュースを伝えたときに使用した大人の言葉を借りて言った。この繰り返しは、この危機の中でサリーがヘンリーに置いた信頼の表れです。彼女は彼を賞賛するようになりました。これが、ベティが亡くなった後、サリーが兄弟の世話をすることを提唱している理由の1つです。

サリーがマッドメンで父親に最後に言うのは、「私は劇的ではありません。さあ、真剣に受け止めてください。」それは、ベティが何年も前に作ったであろう嘆願のバージョンのように聞こえますが、役に立たなかったのです。(ドンは、元妻が本当に死にかけていることを理解する前に、この電話中にベティの想定されるヒステリックに目を転がします。)しかし、ベティとは異なり、サリーはドンに真剣に受け止めるように頼んだときに満足を要求しません。彼女は答えを待つことさえしません。代わりに、彼女は電話を切ります。なぜなら、彼の助けを求めている間、彼女はドンを必要としないことも知っているからです。これは母親にとって苦労して得た知恵です。

ドンがサリーから家では必要ないことを知った場合、彼はベティから彼が望まれていないことを学びます。ベティは病気に襲われ、議論のエネルギーが不足しているとドンに、ボビーとジーンは「人生の女性、つまり母親と家族」が必要なため、叔父の家に住むだろうと語った。サリーは今のところその女性のロールモデルのスロットに自分自身をほのめかしています、そして多分彼女はしばらくそれを維持するという考えを楽しませます、しかしベティは彼女の娘のためにそれを望んでいません。彼女が先週の手紙で言ったように、彼女はサリーが冒険の人生を送っているのを見ます。

そしてベティはドンにも同じことを見ていて、彼女は注意を払っていたので、彼女は彼に距離を保つように言いました。「私は物事を可能な限り正常に保ちたいと思っています。そしてあなたがここにいないことはその一部です」と彼女は主張します。それを聞くのは彼を苦しめ、それを言うのも彼女を苦しめます。同じ息で、彼女は彼の愛情と義務感に心からの感謝を表すので、彼を「蜂蜜」と呼びます。しかし、ドンの存在は彼の子供たちの生活の異常であり、一定ではないという事実は残っています。

「普通の」家族は、満足と意味の可能性でドンを常に惑わしてきました。しかし、それはまた、彼を失望させる傾向、つまり彼の内部の隙間を埋めないままにする傾向で彼を怖がらせました。それで彼は「普通の」から逃げ出し、日当たりの良い幻想的な土地に、または新しい女性の腕の中に、あるいはその両方に後退しました。彼はいつでも戻ることができると彼は考えた。今でも、彼はニューヨークに戻り、思いやりのある父親になり、ドレーパー家の残骸の秩序を取り戻すことができると確信しています。しかし、その現実はもはや彼には利用できません。ドンの悲劇的な見落としは、ベティが指摘するように、彼が単に彼を含まない新しいノーマルを作成していたときに、彼が「ノーマル」の境界の外で冒険していると考えることでした。

それは、ドンがペギーに3回目の電話をかけたときに、ドンを取り巻く実存的な深淵であり、彼自身の人生から消去されました。「私なしですべてがバラバラになりましたか?」彼は鳴きます。それは、嫌悪感から生まれた自己嫌味であり、彼は自分の世界から簡単に切り出されました。そして、メスを振るうことに対する自分自身への怒りです。執着から解放された今、ドンは残っている孤独な魂の空虚さに打たれています。彼は自分のために何を見せなければならないのかを声に出して疑問に思います。「私はすべての誓いを破りました。私は子供をスキャンダルした。私は別の男の名前を取り、それを何もしませんでした。」名誉も遺産もアイデンティティもありません。彼の推定によれば、「ドン・ドレイパー」がその瞬間に姿を消した場合、彼は何も残さないでしょう。それは彼がマッドメンの最後のスタンザを通して向かっているという究極の結論です。

しかし、ペギーはドンの自分の目的への勢いに抵抗します。彼女は彼を暗闇から振り払うためにあらゆる戦術を試みます。彼女は彼を安心させます:「あなたは家に帰ることができます」とペギーは申し出ます、それはドンがサリーとベティから聞いた警告とは対照的です。彼女は彼を栄光で誘惑します:「あなたはコークスに取り組みたくないですか?」そして最後に、彼女は家族の空気に影響を与えます。彼女がまっすぐになって要求すると、彼女は厳しい母親のように聞こえます。家に帰りなさい。」それはどれも彼には伝わりません—最初はそうではありません。それでも、マッキャンのマシンがドンなしで前に出てきたとしても、ペギーはまだ彼のための場所を見ていることが重要です。

たぶん、ドンの自己保存に対する潜在意識の本能は、彼がそのメッセージを聞くことができるように、この最後の「人から人へ」の電話をかけるように彼を導きます。彼はペギーに、彼女の声、つまり彼女が彼を嫌っていたとしても、彼を見上げるのをやめなかった弟子の声を聞きたいと言いました。「今、あなたが一人でいる必要はないと思います」とペギーは心配そうに声を上げて言います。ドンは、「私は群衆の中にいます」と答えます。彼は彼が一人であることを否定していないことに注意してください。それは彼の物語のこの最下点での彼の状態を要約しています。極端に疎外されたドンは、どんな群衆の中でも一人でいるでしょう。

3回の電話でドンが落胆する様子が描かれていますが、彼の最後のストーリーには対抗する上昇の弧もあります。それはより微妙に展開されます。ドンの贖いの糸は、ソルトフラッツギャングからの彼のパラマーとの交換で、早い段階で拾うことができます。「それは誰の指輪ですか?」彼女は自分の財布から貴重品をいつ返却するか尋ねます。ドンは笑う。「あなたはそれを盗むつもりではなかったのですか?」

発言は十分に公平です:彼女は指輪を脱ぐことを計画しました、それでなぜ彼女はその背後にある物語を気にするのですか?しかし、泥棒になりそうな人を笑うと、ドンは自分の過去の反響を見つけることができません。彼はドン・ドレイパーの名前をどこから来たのかをあまり気にせずに盗んだが、時が経つにつれてその出所を深く気にするようになった。アンナ・ドレイパーが所有していた指輪は、その思いやりを象徴しています。それはディック・ホイットマンの人間性の遺物です。

だから、ドンはカリフォルニアに到着したときに彼の明白な運命を果たしていると信じて、アンナの指輪を彼女の姪、ステファニーに提供しているのかもしれません。彼は、この遺産をアンナの血統に戻すことによって、最後に残った借金を二乗していると考えることができ、まるで彼が彼女の事柄に介入したことがないかのようにしています。ステファニーはドンの壮大なジェスチャーに無関心です。「私を助けてくれてありがとう」と彼女は言います。「しかし、あなたが困っている人だと確信しています。」

しかし、彼は彼女を助けようとするのをやめません。そして、彼女が諦めた息子についての辛い現実に直面する集団療法セッションの後、ドンはステファニーによく知られたアドバイスを提供します。前進するにつれて、それはより簡単になるでしょう。」ペギー・オルセンは、自分の生まれ​​たばかりの息子を捨てたときに、ドンから同様の予測を聞いたことがあります。ペギーは彼の言葉を聞いた。ステファニーではありません。「いいえ、ディック、あなたがそれについて正しいとは思いません」と彼女は言います。ドンは彼の後ろに過去の人生を置きました。彼は前進し続けた。そして、それは彼にとってどれほど簡単になりましたか?ドンは彼らの共通の窮状を見るべきですが、彼は見ません。

それはドンが彼の周りの人々と人から人へと接続できなかったもう一つの例です。仲間の人間の方を向いて、彼らについてどう感じているかを表現しなければならない演習で、ドンは驚いて部屋を見回します。エクササイズでドンと組んだ女性は、ついに欲求不満から反応し、彼を押しのけ、混乱を深めます。これは、彼の失敗した関係の多くの原型です。

次に、レナードという名前の男が原型を言葉にします。このリトリートのセミナーでは、「すべき」の恐ろしい力について多くの話があります。ドンはエピソードの多くを、自分がすべきだと信じていること、たとえば子供たちの家に帰るか、世話をすることに費やしています。ステファニーの。しかし、レナードは、私たちが愛し、愛されるべきだと言っている、より深い「すべき」と語っています。「あなたはそれを手に入れていないと思って一生を過ごします、人々はあなたにそれを与えていません。それからあなたは気づきます:彼らは試みています、そしてあなたはそれが何であるかさえ知りません。」独白は、愛を与えなかったためではなく、愛を受け取れないことによって孤立した他の誰かである、親族の精神から聞いたドンの熱狂的な注目を集めています。

ドンはいくつかの点でレナードの反対です。レナードは彼がどれほど面白くないかを嘆きますが、ドンは部屋に入ったときに注目を集めることに慣れています。しかし、彼らの根本的な痛みは同じです。レナードは、冷蔵庫の棚にいるという夢について説明しています。彼は外でパーティーが行われていることを知っています。ドアを開けて彼を見つめる人々の笑顔に彼が見ることができる喜びです。しかし、彼らはパーティーに参加するために彼を選ぶことは決してありません。レナードのビジョンは、ドンの煉獄の順列であり、ドンは幸せで充実した人生の食欲をそそるイメージに囲まれ、それらを現実にすることが不可能であることに腹を立てています。レナードのように、ドンは彼が想像する幸福を説明することができます—実際、彼はそれを説明することからキャリアを築き上げました—彼はそれを自分でサンプリングすることはできません。

ドンはその最初の練習で、部屋にいる他の人に対する感情を無言で示すように頼まれたとき、挫折しましたが、今では彼は自分を抑えることができません。彼はレナードとすすり泣きの周りに腕を巻きつけます。これは、接続するための彼の根本的な闘いを共有する誰かへの暗黙の感謝の気持ちです。

最後のシーンは、ドンが仲間の瞑想者と調和して唱えているところを示しています。「新しい日は新しい希望をもたらします」とグループリーダーは言います。「私たちが導いた人生、私たちがまだ導いていない人生。新しい日。新しいアイデア。新しいあなた。」新しく落ち着いたドンのイメージは、有名な「Buy The WorldACoke」広告に取って代わられます。歌手は、自己改善の隠れ家で訪問者が好むゆるいヒッピーの服を着ています。それらのいくつかは、ドンが出会った特定の人々に似ています。たとえば、三つ編みにリボンを付けた女性…

…フロントデスクの女性がドンに「人々は自由に行き来できる」と言っているように見えます。

その意味するところは、ドンが彼を迎える唯一の家であるマッキャンに戻り、ペギーが永遠の歓迎を続け、彼の新たな洞察を適用して象徴的なコーラキャンペーンを開始したということです。この広告は、ドンが孤独の中で一人ではないことを理解したときに生まれました。自由恋愛とより深い理解の真剣な考えが暗殺と壮大な社会的不和(彼ら自身の失望を引きずり込んだ夢)に対して並置された10年後、ドンの痛みは単に文化に浸透した傷の明白で個々の反復でした。だからドンはソーダポップでその不安を和らげることを約束します。

As Mad Men has drawn to a close, a lot of attention has been returned to the show’s opening sequence, which depicts a man tumbling through the air, surrounded by ads that depict all of the happy people we’re supposed to be. One theory held that this animation presaged Don Draper’s inevitable end, in which he would vanish himself by leaping to his death—Peggy fears this scenario when she talks to him on the phone.

But that theory neglected the way that the show’s opening sequence ends: A seated, still man gazing into the distance. This image is just as important to understanding the course of Mad Men’s main character. Yes, Don is the falling man, adrift in the simulacrum of idealized life that he helps create in the name of commerce. He is also the man who breaks out of the fall and surveys the world with newfound perspective.

It’s a cycle of renewal, and as Don listens to the meditation leader’s mantras on the topic of newness, he smiles because he’s coming to terms with that cycle. It’s Don’s lot to plunge deep into the fears that plague the American psyche, experiencing broad-based ennui on a personal level. Once he understands these essential anxieties, he infuses his advertising with hopes that counteract them. He markets these new dreams until they, too, reveal their inadequacies, and the cycle restarts. That’s why Don loves beginnings: Fantasies are believable in the beginning. Then they lose their sheen.

After the nuclear-family utopia of the ’50s failed to eliminate all of society’s ills, Don’s nostalgic ads promised that products would make the lost fantasy real. Now that the ’60s vision of perfect harmony has frayed, Don will once again convince a nationwide audience that consumer goods can make up the difference between the ideal and the reality. Coca-Cola will teach the world to sing.

Don is the embodiment of a process by which our consumerist system creates, sustains, and ultimately discards visions of a better world. Does this cycle lead anywhere? Mad Men remains agnostic on that question. But Don smiles in that closing shot because, if nothing else, the routine of aspiration, disappointment, and rebirth gives him a sense of purpose. There is an essential reward in the circular struggle to create a better self, even if—like Don—we’re making up that better self as we go along.

When Richard tells Joan that her life is “undeveloped property,” he means to imply that he and Joan can build something on that property together. Joan doesn’t have difficulty connecting to someone like Don does, and now she’s grown so close to Richard that they can picture a future where their primary pursuit is to enjoy each other’s company. A person-to-person life.

That “undeveloped property” line may have stuck in Joan’s mind, though, and as she pictures her vacant lot, she thrills to the possibility of building something there on her own. You can see the moment when the mental blueprints take shape. Her gaze lingers on a paper handed to her by Ken Cosgrove. The brief describes a Dow industrial film for which Ken needs production help, and Joan reads it over, running through a mental checklist of ways in which she is perfectly suited for the project. The right producer would need contacts with an array of creative talent and the ability to coordinate a complex project. They’d have to understand not just the logistical requirements of a film shoot but also, hopefully, Dow’s business interests. Joan recognizes herself in the job description.

So the seeds of a production company are sown. Roger provides Joan’s nascent plans with an unexpected boost when he promises an inheritance to their son, Kevin. It’s the sort of largesse that Joan is typically inclined to reject because in her experience, generosity from wealthy men comes with conditions. Roger assures her, though, that he’s not “marking his territory,” as he’s about to marry Marie Calvet. So Joan accepts. “It would be a relief to know that no matter what, our little boy is secure,” she says, and the underlying sentiment is that she doesn’t have to make choices with Kevin’s future in mind anymore. She can build a future that, first and foremost, excites her.

Richard doesn’t like the way his undeveloped property has developed. Joan’s enterprise promises to take all her attention, and he desires that attention for himself. “I don’t want to root for you to fail,” he says, but he already is, which is why he says it. A ringing phone intrudes on their conversation, an aural metaphor for the encroachment of Joan’s business aspirations. Joan offers to marry Richard—a gesture of devotion that falls short of the literal devotion he seeks. He declines her exasperated proposal and washes his hands of the relationship, explaining, “When something’s wrong, it’s always wrong.”

For him, it’s a self-fulfilling prophecy. He’s so haunted by the specter of his old, unhappy marriage that it’s impossible for him to diverge from that template. It’s unlikely that Richard’s first wife had the singular wit and ambition of Joan Harris, but all he can see are old mistakes. There’s nothing wrong with Joan. There’s something wrong with Richard, and it always will be. He wishes her good luck. A moment later Joan is back on the telephone, conducting business.

Gleefully developing herself, Joan is enlivened by her chance to build her future independently rather than hoping to earn it from a man. She weaves this excitement into the pitch for partnership that she makes to Peggy. “We won’t answer to anyone,” Joan says. “It’ll be something of ours with our name of it.” This is the purest expression of Joan’s dream. Having applied her talents to the many schemes and pipe dreams of Roger Sterling, Don Draper, et al., now Joan is responsible for her own vision. There’s nobody to cast her work aside on a whim. Yes, she’ll still face disappointments. But they won’t necessarily come with disenchantment attached.

Peggy doesn’t latch on to the vision of Olson Harris the way Joan hoped. Perhaps when Joan says, “We won’t answer to anyone,” it doesn’t fully resonate with Peggy because she already believes that she doesn’t answer to anyone. She has bosses, sure, but she has quickly learned how to manipulate the internal politics of McCann. Look at the way she bullies a middle manager to hold onto the Chevalier account. Unlike Joan, Peggy’s series-finale fulfillment doesn’t come in the form of a new career. In “Lost Horizon,” a headhunter lays out a rough roadmap for her: She’ll put in a few years at McCann, and then she’ll have the resume to go wherever she wants. It looks like Peggy plans to remain on that track.

Her revelation is her acknowledgement that “There’s more to life than work,” as Stan puts it. Peggy has been defined exclusively by her job for some time. She pushed all other concerns else to the side, even her own child, in her determination to see a payoff from the bet she placed on her career. As a result, she views everything through that lens. Stan expresses contentment with his work—encouraging her to try doing the same—and Peggy calls him a “failure,” accusing him of having no ambition. When Stan is standing in front of her, she sees the employee—more specifically, she sees someone who doesn’t meet her impossible standards of careerism. When Stan leaves, though, she just misses the person, because she’s not projecting her own perceived shortcomings onto him.

Stan observes this dichotomy, with some exasperation, along the way to confessing that he’s in love with her. “I don’t even think of you,” Peggy says after searching for a response. But when she hears those words out loud, they ring false, and she corrects course. “I mean, I do, all the time, because you’re there, and you’re here.” She keeps talking it out until she stuns herself with the verdict, “I think I’m in love with you, too. I really do.”

Peggy’s breakthrough conversation with Stan comes right after she gets off the phone with Don, and the timing is no coincidence. Peggy’s feelings for Don were fraught and confusing. She looked up to him. She wanted his talent and the confidence that she perceived in him. He frustrated her and inspired her. It could be that, at times, Peggy mistook this slurry of emotions for love, not knowing any better. Like Leonard and Don, she desired love without being able to identify what exactly it is.

As she opens up to Stan, she gets it at last. Peggy logically talks through her affection in a manner that’s so endearingly true to the character. She reasons her way to a more coherent definition of love. Stan doesn’t even hear the climax of her monologue—he’s already put down the phone by then so he can run to her office—but he doesn’t need to hear it. He knows how she feels; her epiphany is for her benefit. She ends Mad Men in the embrace of a person who finally helped her feel a meaningful attachment that extends beyond the advertising world.

You could argue that it’s a tidy way to wrap up Peggy’s story, but I’d argue that she earned it. If there’s a knock to be made against this satisfying conclusion to a rich, complicated series, the criticism would be that everybody gets the ending they deserve. (Everybody but Betty.) Sally learns to fuse her independent spirit with the responsibilities of adulthood. Pete enters the rarefied air of corporate kingpins with Trudy at his side, acquiring the status and stability that he’d always felt were his just rewards. Roger and Marie accept the limitations of their commitment as they enter the twilight of their lives, jaded but joyous. Even Don feels the glow of sunrise.

It remains an open question how long the characters’ new lives can last, and that’s the bittersweet subtext to the finale’s happy endings. These dreams may endure. And they may erode, providing fodder for another generation of ad men who spin taglines from the remnants of America’s dashed hopes.

提案された投稿

Twitterはトランプ弁護士の「誰が言ったの?」に反応します。CNNの瞬間

Twitterはトランプ弁護士の「誰が言ったの?」に反応します。CNNの瞬間

CNNのシチュエーションルームでのマイケルコーエン(スクリーンショット:YouTube)今回の選挙では、少なくとも、通常の鈍い政治報道よりもはるかに電気的な、緊張した奇妙なテレビの瞬間が数多く提供されました。そのような瞬間の1つは、昨日、不動産王の弁護士で共和党の大統領候補ドナルド・トランプがCNNのシチュエーションルームに現れ、トランプが投票数の報告に応じてキャンペーンスタッフをオーバーホールしたという申し立てについて話し合ったときに発生しました。

CBストライクでJKローリングの他の才能のあるヒーローを知る

CBストライクでJKローリングの他の才能のあるヒーローを知る

6月1日金曜日と6月2日土曜日のテレビの世界で起こっていることは次のとおりです。すべての時間は東部です。

関連記事

Playstation Vueでは、個々のTVチャンネルの料金を支払うことができます(更新)

Playstation Vueでは、個々のTVチャンネルの料金を支払うことができます(更新)

ソニーのケーブルテレビの代替品であるプレイステーションビューは、ここ数か月間、一部の都市で利用可能になっています。しかし、それはまさにそれでした—ケーブルなしのケーブルテレビ。

グラフィックでキャプチャされた、映画やテレビでのスターウォーズの計り知れない影響

グラフィックでキャプチャされた、映画やテレビでのスターウォーズの計り知れない影響

1977年に最初の映画が公開されて以来、スターウォーズがその後の映画やテレビ作品に与える影響は甚大です。その背景と初期形式のような歴史の両方で、三部作。

ゲーム・オブ・スローンズの最後の6つのエピソードのランタイムを分析しすぎてみましょう

ゲーム・オブ・スローンズの最後の6つのエピソードのランタイムを分析しすぎてみましょう

この時点で、HBOのゲームオブスローンズの最後の6つのエピソードについて、ショーの奴隷ファンの大群が自分自身を設定せず、地獄が何であるかを理解するために事実から彼らを引き裂くという情報は実際にはありません来月の最終シーズンが始まると、実際に起こります。さて、朗報です。モンスター:皆さんが掘り下げることができる、ジューシーな新しい肉のスラブがいくつかあります。ネットワークは、この最後の一連のショーのランタイムに関する情報を本日リリースします。

ラ・インディア・マリアの作者、RIPマリア・エレナ・ベラスコ

ラ・インディア・マリアの作者、RIPマリア・エレナ・ベラスコ

メキシコの女優、歌手、コメディアンのマリアエレナベラスコは74歳で亡くなりました。ハリウッドレポーターによると、地元の報道機関は以前、ベラスコが胃がんと闘っていたと報告しました。しかし、国営の映画研究所であるImcineは、彼女の死についての声明の中で原因を特定していませんでした。

MORE COOL STUFF

レディー・ガガがパスタとパンを食べて、「ハウス・オブ・グッチ」の役割のために彼女の体を準備する

レディー・ガガがパスタとパンを食べて、「ハウス・オブ・グッチ」の役割のために彼女の体を準備する

彼女はパトリツィア・レジアーニを演じるためにイタリア文化に没頭しただけでなく、伝統的なイタリア料理をたくさん食べるようにしました。

「ギルモア・ガールズ」:ローレライとエミリー・ギルモアの間の3つの心温まる瞬間

「ギルモア・ガールズ」:ローレライとエミリー・ギルモアの間の3つの心温まる瞬間

ローレライとエミリーギルモアは密接な関係を持っていませんでした。実際、「ギルモア・ガールズ」は彼らの関係を氷のように示しました。それでも、いくつかの暖かい瞬間がありました。

ルシルボールの遺産には、制作会社を経営する最初の女性であることが含まれます

ルシルボールの遺産には、制作会社を経営する最初の女性であることが含まれます

ルシルボールは、エンターテインメント業界のパイオニアです。

Josh Duggar News:受刑者が裁判で証言するのはなぜですか?ダガー家族評論家は理論を持っています

Josh Duggar News:受刑者が裁判で証言するのはなぜですか?ダガー家族評論家は理論を持っています

最近のジョシュダガーのニュースは、受刑者がダガーの裁判で証言するだろうと述べています。ダガー家の批評家は今、彼が誰であるか、そしてその理由についての理論を持っています。

ミニクロスワードをお試しください

ミニクロスワードをお試しください

毎週更新される私たちのミニクロスワードは、私たちのお気に入りのハウスタッフワークスの読みと頭のいい手がかりを組み合わせています!

どれが最も効果的ですか:洗濯ポッド、粉末または液体洗剤?

どれが最も効果的ですか:洗濯ポッド、粉末または液体洗剤?

適切な洗剤を選ぶことを心配することなく、洗濯をすることは十分に悪いことです。では、どちらが最適ですか?それとも重要ですか?

ケンタッキーの青い人々の実話

ケンタッキーの青い人々の実話

ケンタッキー州の田舎に住むFugatesとCombsの家族は、遺伝的宝くじを失いました。どちらも、結婚するにつれて肌が青く見える、まれな劣性形質を共有していました。これの原因は何でしたか?そして、家族はどうなりましたか?

カリフォルニアコンドルの「バージンバース」は種を救うことができますか?

カリフォルニアコンドルの「バージンバース」は種を救うことができますか?

カリフォルニアコンドルを絶滅から救うためのプログラムで、2羽の父親のいないオスのヒナが飼育されています。そのような「処女」の誕生はどのように可能ですか?

サタデーナイトライブコメディアン兼作家ピーターエイクロイドデッド66歳

サタデーナイトライブコメディアン兼作家ピーターエイクロイドデッド66歳

俳優のダンエイクロイドの兄弟であるピーターエイクロイドは、1979年のサタデーナイトライブの1シーズンで作家とキャストの両方のメンバーを務めました。

「攻撃的な癌」の診断後、ジョー・エキゾティックがノースカロライナ州の医療施設に移送された

「攻撃的な癌」の診断後、ジョー・エキゾティックがノースカロライナ州の医療施設に移送された

タイガーキングスターのジョセフ 'ジョーエキゾティック'マルドナド-パッセージは当初、彼の前立腺癌の診断を明らかにした後、今月後半に移管されることになっていた

CardiBとOffsetのDaughterKultureがInstagramで美しい新しいブレードを披露

CardiBとOffsetのDaughterKultureがInstagramで美しい新しいブレードを披露

Cardi BとOffsetの3歳の娘、Kultureは、Instagramで彼女の新しい編みこみのヘアスタイルを披露しました。

投資知識とシルバーサーファー

投資知識とシルバーサーファー

マーベルの「ヘラルド・オブ・ガラクタス」が投資の専門知識の向上にどのように役立つか「私は勝利の激しい高揚を知っています。私は敗北のかじる痛みを知っています。

私は外側が白ですが、ずっと黒です。

私は外側が白ですが、ずっと黒です。

「オレオ」は、私の家族が肌の色を裏切った黒人と呼んでいたものです。彼らは外見は黒く見えるかもしれないが、その行動は彼らが内面が白であることを示したものでした。

デジタルアクセシビリティ入門

デジタルアクセシビリティ入門

従来、これは障害を持つ人々のアクセシビリティと考えられていましたが、実際には、モバイルデバイスを使用したり、ネットワークへの接続が遅い他のユーザーグループも含まれます。このシリーズの記事では、コース、記事、ビデオレクチャーなど、さまざまなソースからの情報を体系化して、このトピックをできるだけ広くカバーするようにしました。これは、包括的なイベントであり、公開するのは非常に間違っているためです。デジタル製品の1つ以上のステージのみ。

実践的な強化学習コース—パート1

実践的な強化学習コース—パート1

ゼロからヒーローまで、一歩一歩。私の強化学習コースへようこそ!❤️Pythonのコーディング例とチュートリアルを一緒に使用して、基礎から最先端の強化学習(RL)までのこの美しいパスをステップバイステップで歩きましょう!この最初の部分では、この旅に着手するために必要な最低限の概念と理論について説明します。

Language