キットハリントンは、不均一であるが適度に野心的なサタデーナイトライブで彼のすべてを与えます

キットハリントン

キット・ハリントンは、彼の独白で、ゲーム・オブ・スローンズの共演者であるエミリア・クラーク、ジョン・ブラッドリー、そして実在の妻ローズ・レスリーから質問を受けました(それはそれらの独白の1つだったため)。「これを乗り越えよう」というQ&Aの独白が進むにつれて、それは十分に面白かったです。冗談は、彼の仲間のキャストメンバーでさえシリーズがどうなるか思い出せないということですが、レスリーはハリントンのゲームオブスローンズの成功がうまくいかないことを心配していますUberEatsのライフスタイルをサポートするのに十分です。(ハリントン、彼のGOT未満の 儲かる役割のいくつかについてゲーム的に冗談を言った 、彼女に彼らが通り抜けることを保証することしかできませんでした。)彼の最初のホスティングギグでハリントンで平準化される批判がある場合、それらの3つのいずれかが限定的ではあるがアップではなくホスティングされていればもっと面白いでしょう-何でもハリントン。

彼は今夜、広く暴露された身体的役割に身を投じた回数を考えると、本当に悪くはなく、本当に経験に夢中になっているように見えました。(ジョン・スノウの愛好家にとっては、パンツのスケッチは1つではなく2つです。)スケッチコメディーに関する限り、ハリントンはバーサティリティ氏ではなく、ほとんどの人に基本的に同じタイトで細い小さな声を採用しています。彼の役割の。(夜の最後のスケッチでのみ、彼は快適に英国人になったとき、彼は自然のように感じます。)それでも、ハリントンは無能な コメディ俳優ではなく、おそらくSNLのホスティング業務に最適なクイックチェンジカメレオンではありません。そして、たとえばラッセル・クロウ とは異なり、ギグに対する彼の無能さは、喜ばせたいという熱意によって相殺されました。熱意は多くの罪を許します。

ゲーム・オブ・スローンズのスケッチは必然だったので、少なくともすべてのまあまあのアイデアを1つのオムニバスピースに詰め込んだSNLにここにあります。HBOは、この苦労している小さなショーが明らかに必要としている(今夜SNLでたむろするために4人を解放する)ために、出発するスターをアメリカに展開したので、チャンネルが彼らの気道/光ファイバーを覆うことを計画しているというジョーク-すべてのGOTプログラミングを常に備えた光路は、展示されているミニプレミスのグラブバッグ用の堅固なフレーミングデバイスです。彼らは、賢さの順に、ダリアとしてのアリヤです。ジョンスノーはリバーデイルに行きます; HBOキッズデュオDireGuysHodor'sHouse ; 宦官のノーバラーズ; サムとギリーのCBSスタイルのホームコメディ。スナップフェストワイルドリングアウト; サーセイと都市; そしてマーベラス夫人Melisandre。それらすべてを上回ったのはキッカーで、Mariska HargitayとIce-Tは、ゲーム・オブ・スローンズの標準的な堕落の犯罪を解き放ちながら、祝福されてSVUキャラクターを演じました。「エグゼクティブプロデューサー:ダイアウルフ」のポイント。

それが終わった今、これは私がその中心にあるハリントンよりも本質的に面白い男を望んでいた一種の作家のショーでした。リピーター、ゲームショー、トークショー、ニュースパロディー、そしてほとんどすべての疲れたSNL松葉杖を避けて、ショーは大部分が前提主導であり、非常に励みになります。それでも、すべての施設が機能したわけではなく、ショーの他の不安定な漫画の基盤から解放されたわけでもありません。クルーズ船のスケッチは、ジョークを説明するためのSNLの好みがオーバードライブを抑えることにあったため、最悪の構造的損傷に見舞われました。中心的なアイデア(マイケルジャクソンのカバーバンドは、ネバーランド 脱出をきっかけに、そのレパートリーをすべてシナトラのレパートリーにすばやく不適切に再調整しました)は、リードとしてハリントンよりも多才な人を必要としていましたが、ケナンはいつものように、彼の署名の控えめなカリスマ性をもたらしましたバンドの新しく改名されたディーン・マーティンのファンキーなベーシストに。しかし、ベック・ベネット、ハイジ・ガードナー、レスリー・ジョーンズは、スイッチへの反対を呼びかけることからスケッチを開始し、スイッチへの反対を続け、バンドが反対を聞いて反対した後、逃げました。構図がまっすぐな人に依存しているコメディスケッチは、前提がどれほど奇妙であるかを聴衆に伝え、それがもたらす潜在的な影響が何であれ鈍くなり、SNLはそれに戻り続けます。(ケイト・マッキノンが説明のつかないマコーレー・カルキンとして飛び出したとき、彼女の専門家の強盗は、彼らが参照を認識していることを大声で発表し、それがどれほど説明できないかを叫ぶトリオに流されました。)それでも、レスリーの3番目のことを明らかにすることは少なくとも野心的でしたホイールは、テーブルで2人の見知らぬ人に突き当たっています。スケッチが飛び出し、ガードナーとベネットがレスリーは彼らにとって完全に見知らぬ人であると説明するまでです。

ハリントンのゲーム性が彼のコメディチョップと等しくない別の例として、独身のスケッチでは、ハリントンの新郎が花嫁のセシリーストロングと彼女の友人のために思いがけないバーレスクナンバーを演じているのが見えました。ハリントンは、聴衆に夜の彼のパンツの最初の一瞥を与える前に、フリルのついた胴着、かかと、そして最終的にはペーストを剥ぎ取り、彼の最悪のことをしました。しかし、「Lookie lookie and you may see my cookie」のような行を作成できる人がいたら、まあ、彼または彼女はこれのためにステージにいませんでした。とは言うものの、スケッチはほとんど余白で機能し、奇妙な小さなタッチが奇妙な角度で忍び寄っていました。彼女の高校の友達と彼女の本当の友達の両方がそれを引き起こすことができたというストロングの感謝は、少しがっかりした小さな「ねえ。。。」エイディブライアントの高校の友達から。そして、メリッサ・ビラセニョールの最も熱狂的な花嫁介添人がハリントンの妹であることが判明したというオチは、メリッサに幅広いビートを与えました。しかし、ハイライトはケイト・マッキノンのフランスのバーレスク教師であり、喫煙を明らかにし(最大の笑いのために2本目のタバコが現れた)、彼女の役割は「教師、売春婦、幽霊」であると主張しました。彼女はフランスでも本質的に同じことだと主張しています。彼女はおそらく、ハリントンのバーレスクなキャラクター「エヴァ・ブラウン」も思いついたのでしょう。ペースト状の場合は、印象的な腹筋を求めて来てください。奇妙さを忘れないでください。

カイル・ムーニー、ベック・ベネット、ハリントンが漫画のようにノンストップのLARPのオタクで同僚を苛立たせているオフィスのスケッチも、ハリントンが別のつままれた小さなアクセントに身を詰め込んだという事実に苦しんでいました。そのような狭く考えられたキャラクター作品が機能するためには、ムーニーとベネットの署名の焦点に追いつくことができる誰かがそのようなことに焦点を合わせることが一種の必要でした。それでも、今月の優等生をめぐる論争を解決するという3人のオフィスの刺激者のコミットメントにより、妥協した写真を作成することで、疲れ果てた上司のMikey Dayを魔法の争いに引きずり込んだため、作品は少し良くなりました。彼らの恐喝は彼らの共有された騎士道のコードへの揺るぎない順守の産物よりも悪意が少ないという考えは、3人に少なくとも反映された貴族の空気と「複製呪文!」の叫びを与えます。階段の吹き抜けでそれをけいれんするデイの恐ろしい上司の無限のコピーをむち打ちながら、それには愚かなエネルギーがあります。そして、従業員の賞品は単一のアイスクリームコーンであるため、「コーンのゲーム」のジョークを作らないことで示される制約があります。私がやったこと。くそー。

奇妙さへのコミットメントと言えば、独白の後の最初のスケッチが甥のページェントであったということは、少なくともショーがその異常な旗を早く植えた証拠でした。これが単純なマザーボーイの リフであることに私が抱いていたかもしれないどんな不安も、スケッチが甥と叔母の関係についてのページェントの楽しく歪んだ見方をオンにしたので、一掃されました。ハリントン(昨年の勝者としての夜の最初の奇妙な小さな声で)は、溺愛する叔母のエイディブライアントと一緒にコンテストを主宰しました。エイディブライアントは、彼女の「賢くて楽しい」兄弟の息子の目立たない業績と観察についてうずくまります(彼の隣人のグレートデーンは彼のお父さんと同じ)エイディの署名、特定の強さで現れます。詳細はここにスケッチを作成し、叔母と甥の間のあいまいな絆が、まれな家族の電話から選ぶかもしれない一種の半ば興味深い詳細を楽しんでいます。(叔母の絵文字を教える、スポーツを怖がる、バク転をする膝を壊す、郵便で20ドルを受け取る。)歓迎の不条理に飛び立つこのページェントは、姪やペットの劣った美徳を称賛する音楽番号も備えています(「甥は金、姪は銀、ペットはブロンズです」とエイディの叔母パティは歌い、エイディの勝者の要求に答えるページェント裁判官のケナンによる愉快で奇妙なターンで締めくくります。少年が勝ちます!」繰り返しになりますが、実際には勝者ではありませんが、スケッチは少なくとも独自の元の波長で機能していました。

同じことがVRビデオゲームの撮影されたスケッチにも当てはまります。ピートデビッドソンのゲーマーは、ゲーム内のNPCのチーム間の対人関係の対立に困惑し、イライラしますが、すでにゾンビライフルを与えているだけです。HaringtonのDamienとDay'sEthanはどちらも、Davidsonのゲーマーを脇に引っ張って相手に不満を言うことで、ゾンビを殺す楽しみをどんどん増やしていきます。Davidsonの憤慨したボタンマッシングは、物事を受動的攻撃的で非暴力的な対話ツリーの新しいレベルに引き上げるだけです。 。スケッチはそのビデオゲームの設定をうまく利用しており、誰もが(ダミアンとイーサンとの取引は何であるかを尋ねるエゴ・ノワディムの分隊を含む)、かなり面白いカットシーンの真実らしさでボブと一時停止します。

SNLは今週トランプを抑制した。サンプル更新のジョーク:トランプは、人種差別主義者のゲーム・オブ・スローンズの壁のトークンセクション(明らかに「アンチクライム」プロパティが装備されている)を説明するようなことをしなければならないときはいつでも、ばかげています。エピソードは今夜のジョー・バイデンのジョークに最も向きを変えました。これは十分に公平だと思います。私は、プロトランプグループの頭字語である「ニューヨークの独立共和党員」でのジョストのジャブの敏捷性が好きでした。現在、トランプ以外の誰かを、無防備な女性と不気味で合意に基づかない便利さで攻撃しています。

It was a short and not particularly biting or memorable Update itself, but the correspondent pieces were both low-key winners. Kenan’s Charles Barkley is one of the SNL all-star’s best impressions, his sonorously enthusiastic Barkley riffing in off-the-cuff inappropriateness about his gambling habits, the state of Minnesota (“the only thing black in Minnesota is toenails”), and, taking a hilariously vindictive offramp, lake- and river-folk. Kenan can carry a bit just by virtue of how relaxed he is in character, and his Barkley’s rolling delivery makes jokes about picking fictional inner-city Hogwarts Central in his NCAA bracket segue into the revelation that it was from an old, unmade Wayans Brothers script someone sent him in 2004 reliably funny.

Alex Moffat got the biggest hit of the night with his new character, movie critic Terry Fink, whose “macrodosing” LSD strategy for seeing every current release has left him a smooth-talking lunatic. There was more than a little Casey Kasem in Moffat’s beaming patter, but no matter, as Moffat scored another Update success that, one imagines, will be run into the ground before his SNL tenure is up. (See: Guy Who Just Bought A Boat.) The joke’s in the juxtaposition between Fink’s glib professional tone and his pronouncements that Dumbo is “ a terrifying journey through hell” with a “touching jihadi message,” and A Star Is Born is a thinly veiled depiction of his drug-fueled experiences at Penn Station. Add to that Fink’s confidently insane and easily repeatable rating system (Dumbo gets three screaming hot dogs and one Dr. Robotnik ), and we’re sure to see Terry Fink again and again, until we forget why he was so funny the first time.

Only Kenan’s Sir Charles, encouragingly.

The cold open was Trump and Baldwin-less tonight, so that alone is a bit of a present. Again, we’re in the midst of a right-wing, white supremacist takeover of American democracy led by the most buffoonish blowhard bing-bong to ever soil the White House, but if SNL wants to take a week off from its heretofore labored Trump material for a week, then I think we could all use the break. Instead, we got the mixed blessing of a Joe Biden sketch. Mixed because, on the one hand, because the bit relied on some relatively toothless and un-insightful jokes about the former Vice President and current unannounced presidential candidate’s currently newsworthy habit of invading women’s space and comfort zones. Not to wade into a complicated issue of generational attitudes toward appropriate interpersonal behavior except to say, “Hey, old man, women are creeped out by your lack of boundaries and old man paws, so knock that shit off, huh?,” I’ll stick to critiquing the sketch. Announcing itself with Cecily Strong’s statement of purpose, “Joe’s a good guy and he means well, he’s just a little behind the times,” pretty much sets the bar for how pointed the sketch is going to be, with the garrulously handy Biden’s penchant for too-close sniffing, shoulder-rubbing, and other creepy-uncle behaviors being played off as essentially harmless. Which is one way to go on Biden, I guess, although the fact that Biden keeps making jokes about the controversy at campaign appearances suggests he’s leaning into such enabling coddling without learning much.

On the plus side, Biden’s current newsworthiness brought Jason Sudeikis back to 8H, which is a much more encouraging and welcome development in the long-term guesting arena than Baldwin’s has turned out to be. A stealth pick for SNL MVP in his eight years on the show, Sudeikis’ tooth-flashing, bluff Biden was always a note-perfect impression, capturing both the practiced wild-card folksiness that made Biden a ready caricature of himself, and the slightly out-of-touch aging Washington pro that continually reminds us how slickly manipulative that persona can be. The sketch itself treated Biden’s boundary-breaking in mostly predictable fashion, with Sudeikis’ enthusiastically befuddled Biden getting the laughs through force of performance and personality. As to whether the joke that his touchy-feely style is only appreciated by Leslie Jones’ black undecided voter is a stereotype-driven cop-out on the whole issue, well, yeah, it is. ( My biggest laugh was Sudeikis’s seemingly offhand appreciative observation after the enthusiastic Jones went to town on his butt, “Oh, her thumbs,” so I might be part of the problem.) Still, as this undoubtedly soul-sucking election cycle grinds on, the prospect of having Sudeikis in the house every once in a while is a bright spot on the bleak horizon.

In the other political bit of the night, we went across the pond, as musical guest Sara Bareilles’ “She Used To Be Mine” played over a montage of Kate McKinnon’s Theresa May coping with her current image as a Brexit-bungling, un-Churchillian mess of a Prime Minister. Inevitably drawing the memory to the show’s “Hallelujah” farewell to Hillary Clinton, the piece cements Kate’s place in the “questionably toned, mawkish musical summation of a fraught politician’s career” genre. What are we doin’ here? The piece itself is lovely on its meticulously polished surface, with McKinnon making her subject’s lonely pariah status subtly and humorously affecting, as the PM ventures out into the streets, only to be shoulder-bumped, bird-pooped, and flipped-off by some Coldstream Guards, before changing into a Union Jack unitard for some Sia-esque interpretive dancing, and a dream ballet and makeout session with Harington’s understanding Churchill.

But Brexit is a catastrophic , xenophobia-driven mess , and May’s lack of leadership in finding a way to manage (or, better yet, scuttle) the nationalistic nonsense is worthy of a lot more insightful and/or harsh assessment than Bareilles’ winsome lyrics and May’s final pronouncement (“Well fuck you, I’m trying”) leave her with here. As with the Biden sketch, there’s a mushy, centrist “all in good fun” toothlessness at play here that’s breezily proficient, and thoroughly disposable. Not all political satire has to be mean-spirited, but none should be so pointlessly deferential.

Putting aside the questionable use of her music in the May sketch, Sara Bareilles was pretty great. Feelingly sung, liltingly lovely, deeply personal piano ballads are hard to resist when someone is as expert at them—and at staring down the camera—as is Bareilles. And if the piano sound of “Saint Honesty” sounds a little like the final ad break interstitial SNL band’s noodling, that’s not a problem, really.

Something of a welcome team effort tonight. Points for letting Ego Nwodim into the mix—it’s like someone is finally learning from how ill-used Sasheer Zamata was.

If you’re going to do a sketch about doctor Leslie Jones preparing to stick her impossibly long-nailed fingers up the host’s bum, then the last sketch of the night is the snuggest fit, I suppose. The joke about a dude being squirmy about anything butthole-related is beyond old, so it was neat how Harington’s patient (British, thankfully) knowingly deflected his nervousness with good humor. And once the broad butt stuff kicked in, the episode’s streak of oddball specificity returned, as Cecily, nurse Leslie, and orderly Pete Davidson all threw in funny little touches. (“Funny Little Touches” is not the name of this sketch, but it could be.) I laughed at Pete’s immediate command, “Give up!” while wrestling Harington’s legs above his head, and Cecily’s runner about Jones’ physician being the best proctologist in Arizona (excluding Phoenix). The reveal tossed in another goofy layer (Harington’s Undercover Boss is delighted at his employees’ performance) that ends things as pleasantly silly as they started.

提案された投稿

『フレンズ: ザ・リユニオン』のカメオ出演、片思い、その他の思い出に残る瞬間

『フレンズ: ザ・リユニオン』のカメオ出演、片思い、その他の思い出に残る瞬間

マット・ルブラン、マシュー・ペリー、ジェニファー・アニストン、コートニー・コックス、リサ・クドロー、フレンズ・リユニオン・スペシャル 好むと好まざるとにかかわらず、フレンズは文化的時代精神に永続的な痕跡を残しました.待望の再会スペシャル。ほぼ 2 時間の長さの Friends: The Reunion は、NBC のシットコムの 1990 年代のユーモアのほとんどが今日では時代遅れに感じるかもしれませんが、6 人の主要なキャスト メンバーのおかげで、象徴的なショーが今でも心の琴線に触れることができることを思い出させてくれます。

セス・ローゲンは、コメディアンがキャンセルカルチャーをどのように見るべきかについて本当に素晴らしい指摘をしました

セス・ローゲンは、コメディアンがキャンセルカルチャーをどのように見るべきかについて本当に素晴らしい指摘をしました

セス・ローゲン セス・ローゲンは最近、サンデー・タイムズでライターのデッカ・エイトケンヘッドと重要な会話を交わし、ジェームズ・フランコがInstagramで10代の少女をプロポーズするというSNLでの評判の悪いジョークについて語った. ローゲンはオープニングの独白で、フランコがティーンエイジャーのふりをしてフランコを「いたずら」したと冗談を言った.彼の友人が実際に未成年者と一緒に夜を過ごそうとしたことを軽視した.

関連記事

HBOのオスロは、イスラエルとパレスチナの紛争について予測可能な盲点を繰り返す

HBOのオスロは、イスラエルとパレスチナの紛争について予測可能な盲点を繰り返す

トニー賞を受賞したJTの戯曲、オスロの映画版を見るのは難しい

ブラック ライトニング、忙しくて目立たないフィナーレで CW のスーパー ヒーロー ラインナップを終了します

ブラック ライトニング、忙しくて目立たないフィナーレで CW のスーパー ヒーロー ラインナップを終了します

親密で個人的な最初のシーズンの後、Black Lightning は少し難問に直面しました。最初のシーズンでは、ジェファーソンが再びブラック ライトニングの衣装を着ることについての相反する感情と、自警団の正義における彼の役割に焦点を当てることができたところで、物語はそこで止まらなかった.

リル・ナズXを見て医学的に取りつかれている彼は、ライブTVでパンツを割っただけだと気づきます

リル・ナズXを見て医学的に取りつかれている彼は、ライブTVでパンツを割っただけだと気づきます

土曜日のNativeSon Awardsバーチャルセレモニーで賞を受賞している間、Lil Nas Xは、アメリカの家族にある種の「ゲイの議題」を押し付けたという同性愛嫌悪の非難に応えました。 」と彼は言った。

CNNはついにリックサントラムの発砲に取り掛かる

CNNはついにリックサントラムの発砲に取り掛かる

リック・サントラムあなたはそれを知らないでしょう:CNNは、反科学、反中絶、反同性愛者の結婚のレトリックをその電波で宣伝する保守的なコメンテーターを見つける努力に再び失望しました-善のために、客観的なジャーナリズム—しかし、誰があまりにも人種差別的なことを言わないので、彼らはそれらを解雇することを余儀なくされます。これはハフィントンポストによるもので、ケーブルニュースネットワークは、4月のイベントで彼が行った先住民についてのコメントで「上級政治特派員」が非難された後、元上院議員で大統領候補のリックサントラムとついに別れたと報じています。南北アメリカのヨーロッパの入植者は「何もないところから国を生み出した」と主張している。

MORE COOL STUFF

トム・ヒドルストンが「トール:ダークワールド」でロキの死を偽造してファンを幸せに保つ–「それは奇妙だった」

トム・ヒドルストンが「トール:ダークワールド」でロキの死を偽造してファンを幸せに保つ–「それは奇妙だった」

トム・ヒドルストンは、スクリーンテストが不十分なために「トール:ダークワールド」でロキの運命を変えるマーベルについての彼の考えを共有しています。

アン王女の娘ザラ・ティンドールと夫のマイク・ティンドールが10年間の結婚をどのように機能させるか

アン王女の娘ザラ・ティンドールと夫のマイク・ティンドールが10年間の結婚をどのように機能させるか

アン王女の娘であるザラ・ティンドールと彼女の夫であるマイク・ティンドールは、今年10周年を迎えます。

ケリー・ドッドvs.ゴルネサ 'GG'ガラチェダギ: 'シャーズオブサンセット'スタークラップバック 'RHOC'ミョウバン彼女は彼女を知らないと主張

ケリー・ドッドvs.ゴルネサ 'GG'ガラチェダギ: 'シャーズオブサンセット'スタークラップバック 'RHOC'ミョウバン彼女は彼女を知らないと主張

ゴルネサ「GG」ガラチェダギは、元「RHOC」スターが「サンスターのシャー」スターを知らないと主張した後、ケリー・ドッドに拍手している。

「ロキ」:メビウスは何歳ですか?これがシリーズディレクターのケイト・ヘロンが言うことです

「ロキ」:メビウスは何歳ですか?これがシリーズディレクターのケイト・ヘロンが言うことです

多くの視聴者はメビウス・M・メビウスが何歳か疑問に思っていました、そして「ロキ」監督ケイト・ヘロンは手がかりを持っているかもしれません。

100年の洪水は、99年間二度と会えないという意味ではありません

100年の洪水は、99年間二度と会えないという意味ではありません

真実は、これらの大洪水の1つがヒットする可能性は毎年同じです:1パーセント。

実験室で育てられた肉がペットフードの世界をどのように変えることができるか

実験室で育てられた肉がペットフードの世界をどのように変えることができるか

持続可能で環境への影響を低減した、ラボで作成されたペットフードの新時代が到来しています。しかし、ペット、そして彼らの人間はそれを好きになるでしょうか?

完璧なCuppaJoeが欲しいですか?あなた自身のコーヒー豆を焙煎する

完璧なCuppaJoeが欲しいですか?あなた自身のコーヒー豆を焙煎する

その完璧な一杯のコーヒーを世界で探していましたか?たぶん、あなた自身のコーヒー豆を焙煎する芸術と科学を学ぶことは行く方法です。

聖書の神秘的なメルキゼデクは誰でしたか?

聖書の神秘的なメルキゼデクは誰でしたか?

彼は創世記にほんの一瞬登場しますが、それでも彼はイエス・キリストの先駆者と見なされてきました。彼は本当に何でしたか、そしてどのようにして彼はイエスと関係を持つようになりましたか?

アマンダ・クルーツが亡くなってから最初の父の日にニック・コーデロを称える:「ニックはいつもお父さんになりたかった」

アマンダ・クルーツが亡くなってから最初の父の日にニック・コーデロを称える:「ニックはいつもお父さんになりたかった」

トークの共同ホストであるアマンダ・クルーツは、2020年7月5日に亡くなった故ブロードウェイのスター、ニック・コーデロと2歳の息子エルビスを共有しています。

ジジ・ハディッドがゼイン・マリクの最初の父の日を娘カイと祝う:「私たちはあなたをとても愛しています」

ジジ・ハディッドがゼイン・マリクの最初の父の日を娘カイと祝う:「私たちはあなたをとても愛しています」

「私たちのカイは、彼女をとても愛し、彼女の笑顔を見るために何でもする馬場を持っていることはとても幸運です」とジジ・ハディッドはゼイン・マリクへの愛情のこもった賛辞で書いています。

メーガン・マークルがオプラ以来の最初のインタビューを行い、ハリー王子への感傷的な父の日の贈り物を明らかにする

メーガン・マークルがオプラ以来の最初のインタビューを行い、ハリー王子への感傷的な父の日の贈り物を明らかにする

サセックス公爵夫人は、彼女のベストセラーの児童書、ベンチについてNPRと話しました。

世界のコービンリードを実行するショーのSATC比較に同意しません:それは「友情」についてです

世界のコービンリードを実行するショーのSATC比較に同意しません:それは「友情」についてです

「それはまた、男性を取得し、男性を維持する方法についてではありません」と、コービン・リードは、セックス・アンド・ザ・シティの比較について人々に話します

2022年にあなたの夢の製品の仕事を得る方法

新製品の役割への移行を支援するための手順

2022年にあなたの夢の製品の仕事を得る方法

時間をかけて自分のキャリアを見てみると、自分の居場所に満足できないことがあります。私たちは楽しんでいることをしていません。

ブリティッシュコロンビア州のロードトリッピン

ブリティッシュコロンビア州のロードトリッピン

バンを壊し、ベッドのためのスペースを作り、私の人生をきちんと詰め込み、ロードトリップで離陸することは、常に私の夢でした。数週間前、私はまさにそれをしました。

ヴィクトリアズシークレットエンジェルズが行くのを見てホッとしました

ハイパーセクシーなショーが私の思春期にどのように影響したか。

ヴィクトリアズシークレットエンジェルズが行くのを見てホッとしました

私の最初のボーイフレンドは私がアドリアナリマのように見えることを望んでいました。彼は私の茶色の目を覆うために色付きのコンタクトを着用してほしいと言っていました。

注意してください:あなたの脳は現実と想像力の違いを知りません

注意してください:あなたの脳は現実と想像力の違いを知りません

始める前に、必ず私のYouTubeをチェックしてください。私は毎週水曜日に、メンタルヘルス、心理学、自己啓発に関連するトピックに関するビデオを投稿しています。

Language