ヘッズアップ:レプリカントはすでに私たちの中にいる可能性があります

2019-11-01 11:00.

ねえ、あなたは何人かの人々が実際に冷酷で殺人的なアンドロイドが単に人間を装っているという忍び寄る感覚を持っていますか?悪い知らせがあります。2019年11月に上映されたドキュメンタリー映画「ブレードランナー」によると、レプリカントはすでに地球に到着しています。

「しかし、トム、ブレードランナーは架空のものです」とあなたは愚かに答えるかもしれません。「イントロで述べられている2019年11月の設定は、ブレードランナーの世界では2019年11月であり、現実の世界ではありません。」

「あなたはばかで、ブレードランナーは本物で明日起こっています」と私は反撃します。

ブレードランナーは2019年11月を描いています。そこでは、巨大企業が政府からの抵抗をほとんど受けずに世界を支配し、市民社会の機関はそのブーツのかかとの下で効果的に押しつぶされています。人類に利益をもたらす科学の進歩の代わりに、ブレードランナーの世界の技術革新は、生きている神に似ていると考えるエリートのますます狭くなるクラスの唯一の利益のために、資源の幻想的な浪費に向けられています。そして人々自身?ではブレードランナー、人間の労働者がほぼ完全に敵対的に置き換え、切り下げている、 人工的に操作simulacra。これはすべてかなりおなじみのように聞こえるはずです!

実際、ブレードランナーの2019年に存在するもののうち、今日の世界にはないものをリストする方が簡単かもしれません。神のピラミッドとそびえ立つ炎の柱を除けば、欠けている最も目立つ要素は空飛ぶクルマとレプリカントです。前者 、テレビの頭脳派は今私たちに保証しているが、たった4、5年しか 離れていない。後者

さて、自分で決めてください。

提案された投稿

Stuxnetの息子?

Stuxnetの息子?

確かに、イスラエルはイランを再びサイバー攻撃したようです。イスラム共和制の当局は、国のトップの核施設の1つでの停電はイスラエルの妨害行為の結果であると主張しており、イスラエルの報道機関も同様に、攻撃は諜報機関モサドの仕事であった可能性があると主張しています。

フロリダでこれまでに測定された最大のスモールトゥースソーフィッシュが陸上で洗い流された

フロリダでこれまでに測定された最大のスモールトゥースソーフィッシュが陸上で洗い流された

最大の既知のスモールトゥースソーフィッシュが先週発見されました。先週、フロリダキーズで2匹のノコギリエイが岸に打ち上げられて死んでしまいました。それらの魚の1つは、これまでに測定された中で最大の種であり、長さ16フィートで、馬と同じくらいの重さです。

関連記事

イルミナティまたは有権者の抑圧に対抗するためにズームで出会うものは何でも

イルミナティまたは有権者の抑圧に対抗するためにズームで出会うものは何でも

ワシントンポストによる月曜日の報告によると、アメリカの企業エリートは最近、数十の州の共和党の政治家によって押されている有権者抑圧法案に反対する方法を議論するためにズームに関する電話会議を開催しました。ジョー・バイデンが不正な手段で2020年の大統領選挙に勝利した証拠の中で、ほとんどの共和党員は選挙が非合法であると信じていることを示しています。

この国は2週間でほぼすべての成人に予防接種をしました

この国は2週間でほぼすべての成人に予防接種をしました

2021年4月12日月曜日にブータンのティンプーの通りを歩いている人々。

FCCは、インターネットがどこに悪いのかを把握するために、スピードテストアプリを使用することを望んでいます

FCCは、インターネットがどこに悪いのかを把握するために、スピードテストアプリを使用することを望んでいます

連邦通信委員会は、AndroidまたはiOSデバイスを持っている人なら誰でも無料で利用できるインターネット速度テストアプリを使用することを人々に奨励しています。これにより、ブロードバンド展開の取り組みのために、より正確なインターネット速度データを収集できます。デジタルの持つものと持たないものの間で、ブロードバンドの可用性に関する包括的でユーザーフレンドリーなデータセットの構築に取り組んでいます」とFCCのジェシカ・ローゼンウォーセル委員長代理は本日の声明で述べています。

伝えられるところによると、MicrosoftはAI企業のニュアンスコミュニケーションズを160億ドルで買収する交渉を行っている

伝えられるところによると、MicrosoftはAI企業のニュアンスコミュニケーションズを160億ドルで買収する交渉を行っている

マイクロソフトは、音声認識技術がアップルのSiri仮想アシスタントの開発を支援した人工知能企業であるニュアンスコミュニケーションズを160億ドルで買収するための交渉を進めていると、この問題に詳しい情報筋はロイターに語った。交渉中の取引価格は、ニュアンスを1株あたり約56ドルと評価する可能性がある、と情報筋は語った。金曜日の株価の終値と比較して、約23%のプレミアムである。

Language