複雑で厄介なeスポーツの未来

それが行き来するまで、転換点を認識するのは難しいです。今年は、2011年または2012以降、隔年と同様eスポーツが主流に突入する準備ができています。しかし、ターナーのような企業がTBS(残念ながらELEAGUEという名前)でCounter-Strikeリーグを放送するように設定され、ESPNがeスポーツの報道に入ると、eスポーツは過去20年間のニッチな趣味をはるかに超えて成長しました。難しい部分の時間です。#passionで実行しているだけではない場合にeスポーツがどのように見えるかを理解することです。

革命が成功したことの特徴は、必然的に続く戦闘であり、eスポーツがこれと異なると考える理由はありません。より多くのスポンサー資金がeスポーツに流れ込み、TV(!)取引の可能性があるため、eスポーツの利益のために熱意と犠牲を払って団結した人々は、彼らの利益が以前ほど一致していないことに気付くかもしれません。実際、彼らは実際に反対しているかもしれません。

毎週、eスポーツがどれほど大きくなり、賭け金がどれほど高くなったかについての兆候が増えています。ActivisionはMajorLeagueGamingを購入します。MicrosoftはXGames forHaloと提携しています。Blizzardは、Heroes of theStormの新シーズンに400万ドルを投じています。暴動は、韓国での放送に対する支配を強化しながら、リーグ・オブ・レジェンドの別のシーズンを開始します。1年の間に、Dota 2プレーヤーは、歴史上最も収益高いプロゲーマーになり、億万長者にもなります。チームからプレーヤー、イベントオーガナイザーまで、関係するすべての人にとって、得るものと失うものの両方があります。

リーグオブレジェンドリーグチャンピオンシップシリーズのライアットの管理は、ゲームの周りのリーグを制御するゲームスタジオとそれらのリーグでプレーするチームとの間の対立の興味深い潜在的な火口です。

Riot controls every aspect of professional League of Legends. This isn’t like traditional sports where you have agreements in place between various stakeholders that govern a lot of the incidents that might arise. Riot is the final arbiter of what’s fair and right in their leagues.With the LCS, where all the baseline salaries are guaranteed by Riot and the league is under their control, Riot’s word is law.

Sometimes, that law can feel a little arbitrary, like when Riot banned a team owner for “tampering” with another team’s roster, just as his team was about to advance into the LCS from the lower-level Challenger Series. Tampering is a charge that comes up a lot in the LCS, and sometimes even Riot’s own personnel run afoul of Riot’s (apparently rather broad) rules regarding contract negotiations.

Photo of Konstantinos “FORG1VEN” Tzortziou at IEM Cologne, by Helena Kristiansson, for ESL. Source

Or there is the case of when Riot handed-down a suspension for toxic behavior to the Gambit team’s star player while they were in the midst of a playoff race last year.

The point here isn’t that Riot were wrong to suspend a player for being a scumbag during online play, or that their rules about tampering are misguided. It’s that Riot is able to make these decisions without having to take into account the various interests of players and ownership. It’s not unique to Riot. Valve just permanently banned Counter-Strike players involved in last year’s match-fixing scandal from competing in Valve-sponsored events, which effectively ended their careers.

Maybe these were the right moves for these competitive scenes. Maybe they weren’t. But as the stakes surrounding esports teams and careers get higher, the days when developers and publishers can rule by fiat may be ending. It’s one thing to push around a kid named “swag”. It’s another to do the same thing to the kind of monied investors behind a team like Immortals in LCS.

There was an interesting, well-founded rumor that went around the Counter-Strike community last year that several different organizations (teams, sponsors, and event organizers) were in talks to strike an exclusivity agreement around a number of top CS:GO teams. The talks ultimately went nowhere, but they pointed to an exciting (and slightly worrying) future where Counter-Strike might function a bit more like traditional sports leagues. Top teams and their players might only compete in one organizer or broadcaster’s events. Other organizers would be forced to run events with b-list teams and steadily lose market share to the “real” professional league.

We probably haven’t heard the last of this idea. Right now Counter-Strike is enjoying tremendous growth, and there is a major tournament almost every other week. The problem is that the major teams are increasingly over-scheduled while they play for relatively fixed stakes. There is an obvious incentive for teams and organizers to strike some kind of deal that increases the value of both sides’ participation in Counter-Strike tournaments.

In fact, the odds of something like this happening have actually increased thanks to consolidation within esports media. In the past year, Swedish company MTG acquired both DreamHack and ESL, two major tournament organizers who were once at least nominally competitors. ESL had previously acquired another major organizer in North America, giving them a large foothold in that scene as well. All of that now belongs to MTG, which gives them unprecedented power in esports. As the market for games like Counter-Strike grows in value, look for MTG to try and ensure its various properties don’t compete with each other and oversaturate the market.

These are some of the big trends I’m going to covering here at Kotaku as the esports “season” gets rolling, in addition to the games and leagues themselves. I’ve been covering esports off-and-on for about four years, which means that I’m finally starting to understand them. I find them fascinating because esports ties together so many different things. They’re a new cultural phenomenon. They are a sports story. And they are a video game story.

They’re also a lot of fun. I became a convert to esports after I watched my first StarCraft 2 tournament, and since then I’ve slowly gotten pulled into League of Legends, Counter-Strike, and Dota 2 (for at least a month out of every year). My goal here at Kotaku is, a few times every week, to convince everyone that StarCraft 2 is the best esport share some of my favorites stories and moments from tournaments every week, without losing sight of the broader context around them.

Rob Zacny is a freelance writer and esports journalist. You can reach him at [email protected]

Top Photo: The main stage at ESL One by Helena Kristiansson, for ESL. Source

提案された投稿

UFC2のカバーは今や悲しみの記念碑です

UFC2のカバーは今や悲しみの記念碑です

数か月前、EAのマーケティングチームは、今年のUFCゲームの表紙(世界で最も人気があり成功している2人の戦闘機、ロンダラウジーとコナーマクレガー)の選択は可能な限り安全だと考えていたと思われます。その後、これが起こりました。

SpintiresのSteamClusterfuck、説明

SpintiresのSteamClusterfuck、説明

Spintiresは人気のSteamドライビングゲームです。最近、不思議な状況で動作を停止しました。

関連記事

Shocktober、第1週:グッドナイトマミーは不気味なお尻の映画です

Shocktober、第1週:グッドナイトマミーは不気味なお尻の映画です

それはまったく奇妙なことではありません。いやいやいやいや。

ウィッチャーの仕事が必要です

ウィッチャーの仕事が必要です

Bartlomiej Gawelは、ウィッチャーシリーズの開発者であるCD Projekt Redの主要なコンセプトアーティストです。ウィッチャー3の大きな機能で、彼の作品のいくつかを以前に見たことがありますが、これは彼の幅広いポートフォリオのショーケースであると同時に、巨大なゲームインフォーマーのバナーがない彼の最高のウィッチャー3のものを見るチャンス。

ゴジラホテルが日本にオープン

ゴジラホテルが日本にオープン

私たちは皆同意できると思います:この部屋は東京で最高の景色を眺めることができます。4月24日、新宿のホテルグレイスリーがモンスタースタイルでグランドオープンを開始します。

最新のポケモンアニメエピソードは地獄のように気のめいるようでした

最新のポケモンアニメエピソードは地獄のように気のめいるようでした

[画像:yuu_ikura]ポケモンサンムーンはすべて愚かで太陽の光だと思いましたか?違う!昨日のエピソードは本物のティアジャーカーでした。警告:先のネタバレ!今週は連続したエピソードで特別な時間でした。

MORE COOL STUFF

デジ・アーナズによると、「アイ・ラブ・ルーシー」が「アイ・ラブ・ルーシー」と呼ばれなかった理由

デジ・アーナズによると、「アイ・ラブ・ルーシー」が「アイ・ラブ・ルーシー」と呼ばれなかった理由

多くの人が「アイ・ラブ・ルーシー」のエピソードで育ちました。これが、ショーが「ILoveLucille」と呼ばれなかった本当の理由です。

レビュー:防弾少年団がステージで踊る許可を得て未来を取り戻す– LA Show

レビュー:防弾少年団がステージで踊る許可を得て未来を取り戻す– LA Show

11月28日、Showbiz Cheat Sheetは、BTSの完売したステージでのダンスの許可-LAコンサートに出席してレビューしました。

防弾少年団は「ニューアルバム」をリリースする前に「長期間の休息」を続ける

防弾少年団は「ニューアルバム」をリリースする前に「長期間の休息」を続ける

Big Hit Musicは、防弾少年団のJin、Suga、J-Hope、RM、Jimin、V、Jungkookが「ニューアルバム」をリリースする前に短い休暇を取ることを発表しました。

エルビス・プレスリーはマーティン・ルーサー・キング・ジュニアの大ファンでした:「彼は心から公民権者でした」

エルビス・プレスリーはマーティン・ルーサー・キング・ジュニアの大ファンでした:「彼は心から公民権者でした」

エルビスプレスリーは人種差別の申し立てに直面しましたが、マーティンルーサーキングジュニアの公民権運動にも寄付しました。

ミニクロスワードをお試しください

ミニクロスワードをお試しください

毎週更新される私たちのミニクロスワードは、私たちのお気に入りのハウスタッフワークスの読みと頭のいい手がかりを組み合わせています!

どれが最も効果的ですか:洗濯ポッド、粉末または液体洗剤?

どれが最も効果的ですか:洗濯ポッド、粉末または液体洗剤?

適切な洗剤を選ぶことを心配することなく、洗濯をすることは十分に悪いことです。では、どちらが最適ですか?それとも重要ですか?

ケンタッキーの青い人々の実話

ケンタッキーの青い人々の実話

ケンタッキー州の田舎に住むFugatesとCombsの家族は、遺伝的宝くじを失いました。どちらも、結婚するにつれて肌が青く見える、まれな劣性形質を共有していました。これの原因は何でしたか?そして、家族はどうなりましたか?

カリフォルニアコンドルの「バージンバース」は種を救うことができますか?

カリフォルニアコンドルの「バージンバース」は種を救うことができますか?

カリフォルニアコンドルを絶滅から救うためのプログラムで、2羽の父親のいないオスのヒナが飼育されています。そのような「処女」の誕生はどのように可能ですか?

サタデーナイトライブコメディアン兼作家ピーターエイクロイドデッド66歳

サタデーナイトライブコメディアン兼作家ピーターエイクロイドデッド66歳

俳優のダンエイクロイドの兄弟であるピーターエイクロイドは、1979年のサタデーナイトライブの1シーズンで作家とキャストの両方のメンバーを務めました。

「攻撃的な癌」の診断後、ジョー・エキゾティックがノースカロライナ州の医療施設に移送された

「攻撃的な癌」の診断後、ジョー・エキゾティックがノースカロライナ州の医療施設に移送された

タイガーキングスターのジョセフ 'ジョーエキゾティック'マルドナド-パッセージは当初、彼の前立腺癌の診断を明らかにした後、今月後半に移管されることになっていた

CardiBとOffsetのDaughterKultureがInstagramで美しい新しいブレードを披露

CardiBとOffsetのDaughterKultureがInstagramで美しい新しいブレードを披露

Cardi BとOffsetの3歳の娘、Kultureは、Instagramで彼女の新しい編みこみのヘアスタイルを披露しました。

トランプは、最初の大統領が譲歩したジョン・アダムズに続くべきです

しかし、それは彼がそうするという意味ではありません

トランプは、最初の大統領が譲歩したジョン・アダムズに続くべきです

大統領として、トランプとジョン・アダムズは私たちが思っているよりも多くの共通点を持っています。どちらも非常に苦い、党派的な時代を主宰しました。

投資知識とシルバーサーファー

投資知識とシルバーサーファー

マーベルの「ヘラルド・オブ・ガラクタス」が投資の専門知識の向上にどのように役立つか「私は勝利の激しい高揚を知っています。私は敗北のかじる痛みを知っています。

私は外側が白ですが、ずっと黒です。

私は外側が白ですが、ずっと黒です。

「オレオ」は、私の家族が肌の色を裏切った黒人と呼んでいたものです。彼らは外見は黒く見えるかもしれないが、その行動は彼らが内面が白であることを示したものでした。

デジタルアクセシビリティ入門

デジタルアクセシビリティ入門

従来、これは障害を持つ人々のアクセシビリティと考えられていましたが、実際には、モバイルデバイスを使用したり、ネットワークへの接続が遅い他のユーザーグループも含まれます。このシリーズの記事では、コース、記事、ビデオレクチャーなど、さまざまなソースからの情報を体系化して、このトピックをできるだけ広くカバーするようにしました。これは、包括的なイベントであり、公開するのは非常に間違っているためです。デジタル製品の1つ以上のステージのみ。

Language