2015年の最高の映画シーン

すべての素晴らしいシーンが素晴らしい映画から来ているわけではないのと同じように、すべての素晴らしい映画が傑出した素晴らしいシーンを持っているわけではありません。これは、という私たちの複雑な方法だA.V. クラブは、2015年の最高のシーンを高くも低くも見て、あらゆる種類の映画から選別しました。今週のベストムービーオブザイヤーリストに掲載される可能性が高いものもあれば、そのようなリストに掲載される可能性が低いものもあります。今年の最悪の映画の私たちの公の恥辱で呼び出されることは確実です。コンテキストの内外を問わず、シーンが機能する場合は、以下のランク付けされていないラブフェストで言及されることになります。もちろん、注意して進めてください。素晴らしいシーンを話すときは、ネタバレは避けられませんが、私たちの一番の選択と同じように、最高のコンセンサスピック、つまりグランドフィナーレを強調することができました。 昨年—それがどこに行くのかを明かすことなく(ただし、驚きを維持したい人は、クリップ、または私たちが含めた他の散発的ないくつかのYouTubeビデオをスキップする必要があります)。

完璧な結末は、観客のための点灯した誘導灯以上のものです。それは映画がずっと行くために詰め込まれている場所であり、その到着は予期せぬものであり、避けられないものです。今年の最高のシーンのために私たちの貢献者が選んだフェニックスエンディングは、これらの1つです。ドイツのクリスティアンペッツォルド監督のパルプサイコスリラーを特別なものにしている理由の1つは、非常に基本的なテクニックから複雑な色合いのサスペンスと不穏を引き出す方法です。そのフィナーレは、映画で1年で最も崇高なあえぎの瞬間です。シンプルなフォルム、ほぼ完全に2つの角度からカットされ、スターのニーナホスとロナルトツェアフェルドによって運ばれました。彼らのパフォーマンスは、この1つの微妙な交換に基づいて構築されています。自信のない監督は派手な演劇に出かけたでしょうが、ペッツォルドの純粋なステージングは​​、すべてのカット、目の動き、姿勢の変化をカウントし、実際に起こっていることの魅力的なドラマを優雅に映画に圧倒させます。結果は揺るぎないです。[Ignatiy Vishnevetsky]

カーチェイスは、メディアの登場以来、アクション映画の定番となっていますが、ストップアンドゴーの交通渋滞によってもたらされる緊張の可能性を利用している映画製作者はほとんどいません。デニス・ヴィルヌーヴは、米国とメキシコの国境を時速約1マイルで這う多数の車の中で、Sicarioの最も注目に値するセット作品を上演し、FBI捜査官のケイトマケル(エミリーブラント)が警戒と不信を監視しています。彼女が割り当てられた部隊は、隣接する車線にいる可能性のある加害者の武器を特定して訓練します。最終的に、本格的な銃撃戦が交通渋滞の中で勃発し、ビルヌーブはどういうわけかそれを外科的(ヒットマン・フォー・ハイヤーのベニチオ・デル・トロの観点から)と混沌とした(ケイトが経験したように)一度に見せることができます。これは無実の民間人の海で起こっていると信じています)。すべての車両が現在の場所に完全に閉じ込められているということは、不吉な必然性の感覚を高めるだけです。[マイクダンジェロ]

チャーリー・カウフマンのアニメーションのムード作品がフェスティバルのサーキットに登場するとすぐに、観客は「人形のセックス」について話題になり始めました。これは、そのように言い換えると、準冗談めかして、シーンのすべてを説明することすらできません。アノマリサでのセックスは、信じられないほど陽気に平凡で、シンシナティの高級ホテルで2人の見知らぬ人がぎこちなくお互いに足を踏み入れています。しかし、カウフマンと彼の共同監督デューク・ジョンソンがトリストを上演する方法は、映画の落ち込んだヒーロー、マイケル・ストーンと夜を過ごす女性、リサについてもっと説明するのに役立ちます。映画を通して、リサは恥ずかしがり屋で自虐的なものとして出くわしますが、マイケルと一緒にベッドにいるとき、彼女は彼に自分が欲しいものを正確に伝えます。これは、この映画の多くの微妙な視点の変化の1つであり、マイケルが知覚する単調な世界がすべて彼の頭の中にあることを示唆しています。[ノエルマレー]

その年の最も記憶に残るシーンの1つは、その最悪の映画の1つにあるでしょうか?Jon M.ChuのJemAnd The Hologramsの1つの節約の恩恵は、視覚的に一貫性がないため、実際にはほんの一握りの本当に印象的な画像と、映画を別のより様式化された宇宙に短時間ノックする1つの45秒のシーケンスを生成できることです。 —おそらく、ポップグループがロボットでスカベンジャーハントをしているという話は完全に理にかなっているでしょう。サンタモニカピアで不法侵入を捕まえると、キャラクターは跳躍し、エコーとスローモーションの水中ポップドリームワールドに侵入します。そこでは、観覧車のライトがオーロラのように頭上を照らします。紫と緑の光が滑って、泡がガラスの彫刻のようにぶら下がっています。息を止めている間、視聴者(つまり、劇場から引き出される前に実際に映画を見た少数の人)は、理想的な漫画のようなものに自分自身を見つけますファンタジージェムはそうだったかもしれない。おそらく、シーンは、ほとんどが雑然としたディズニーチャンネルのトゥイーンフリックのように見えなかった映画ではそれほど目立たないでしょう。繰り返しになりますが、それがそれをとても輸送的にしているのです。[Ignatiy Vishnevetsky]

スティーブン・ソダーバーグ監督の前任者よりもはるかに、マジック・マイクXXLは完全に喜ばせることを目指しています。男性のストリッパーの戻ってきたキャストを数分以内に路上に置くことで、映画はドラマや紛争のほとんどの従来の概念を省き、代わりにある目がくらむような出会いから次の出会いへと跳ね返ることを好みます。これらの瞬間の最高のものは、この続編のエンターテインメントファーストの哲学を最もよく例示するものでもあります。ミニマートのピットストップ中に、マイク(チャニングテイタム)はビッグディックリッチー(ジョーマンガニエロ)に眉をひそめている店員(リンジー)の日を作るように挑戦しますモーザー)カウンターの後ろ。バックストリート・ボーイズのヒットバラード「アイ・ウォント・イット・ザット・ウェイ」が偶然ラジオで流れてくると、リッチーは1人の聴衆のために楽しくばかげた(そしておやつを食べた)ストリップショーを即興で行い、残りの男の子は駐車場からチアリーダーをします。シーンは完璧な句読点で終わります。この即興のルーチンは、必然的に「クライアント」にインスピレーションを与えます。彼女の幸せは鏡です。この高揚した見知らぬ人のように、私たちにできることは耳から耳へと微笑むことだけです。[AAダウド]

リチャード・ラグラヴェネーゼによるジェイソン・ロバート・ブラウンの舞台ミュージカルの適応には、今年の最も記憶に残るシーンの1つである約4つの大きな数字が含まれています(映画自体はかなりむらがありますが)。「ASummerIn Ohio」は、アナ・ケンドリックのダイナミックで悲痛なパフォーマンスの最高のショーケースです。一部はファンタジーとして、一部はビデオチャットとして撮影された「ASummer In Ohio」では、ケンドリックの野心的なブロードウェイスターのキャシーが劇場キャンプで働いており、小説家の夫であるジェイミーにニューヨークに戻って「ゆっくり行くバティ/シンシナティの東40マイル。」で、過去5年間「時間ごちゃ混ぜ構造、曲が来た後、夫婦の解体の危機に瀕して(それ自体が、彼らはすでに離婚している開口部の数、後に来るもの)オハイオ州でのシーン。振り返ってみると、中米で惨めになることは、キャシーとジェイミーの結婚の最も幸せな瞬間の1つになるでしょう。[ノエルマレー]

S.クレイグザラーのボーントマホークは、控えめなジャンルのハイブリッドであり、そのフィナーレの影響は、132分の実行時間のほとんどで、サーチャーズに触発された西洋のスローバックのように再生されるという事実によって拡大されます。不浄な野蛮人に誘拐された乙女を救出する使命を帯びた高貴なフロンティアマン(カート・ラッセル、パトリック・ウィルソン、マシュー・フォックス、リチャード・ジェンキンス)。対話主導の事件で、それはフィナーレまでのんびりとしたペースで動き回っています。その間、ラッセルと彼の乗組員の生き残ったメンバーは彼らが探している悪魔に捕らえられます。バーの後ろに閉じ込められている間、彼らは敵の真の異世界の残忍さの目撃者になります。それは、悪役の1人が捕虜をひっくり返し、股間で彼を殴打し、文字通り彼を半分に引き裂くことによって象徴されます。それは、訴訟を完全なホラー領域に押し込み、システムに衝撃を与え、映画のフロンティア暴力の肖像画が忘れられないことを証明する瞬間です。[ニック・シャガー]

詐欺ゲームの成功したスーパーボウル週末マラソンから新鮮な、詐欺師ニッキー(ウィルスミス)と彼の恋人/プロテジェジェス(マーゴットロビー)はゲームを見るために落ち着きます。彼らは群衆の任意のメンバーについてお互いに遊び心のある賭けをし始め、近くのお金のあるギャンブラー(BDウォン)の注目を集めます。この時点で、強制が定着します。ニッキーがカップルの持ち運び全体を賭けても構わないと思っているように見えます。軽薄なサイドシーンとして始まったものは、フォーカスの中央のセットピースにエスカレートし、ジェスのパニックを反映する沈没感を巧みに作り出しながら、短所とギャンブラーの風変わりな行動を楽しんでいます。もっと言うと、シーケンスの有効性が損なわれますが、それは、おしゃれなゲストTVスターのように映画に足を踏み入れるウォンと、新しい曲に展開するのは不可能に思えたかもしれない曲「悪魔を憐れむ歌」を特にうまく利用しています。または面白い方法。シーンが古典的なコンムービーの事後分析で締めくくられると、映画のケーパーの組み立てに関するずる賢いメタコメントに変形します。【ジェシー・ハッセンジャー】

フランスの作家兼監督のベルトラン・ボネロは、夢精、ダンス、ハードドラッグ、匿名のセックス、コーナーテーブルにぎっしり詰まった人々、ベッドやソファに伸びた疲れ果てた体など、広く夢精と見なされているすべてのものの詩人です。これらの要素の多くは、デザイナーのイヴサンローランの彼の斜めの伝記であるサンローランの傑出したシーケンスの1つに収束します。ルックス、慎重にタイミングを合わせ切り傷、微妙なジェスチャー、スラッシング体、および(四季偉大な70年代のシングル『などのミュージカル手がかり超冷却構成の拡張、無言のナイトクラブシーンナイト』)、それは全体の失われた世界を再構築しますファッションアイコン(ギャスパーウリエル)とジャックデバッシャー(ルイガレル)の間の最初の出会いを組み立てるための快楽主義と欲望の彼は、2つの主要な焦点の1つである短い、自己破壊的な事件を持っていました映画。ダンサーの群衆を追跡するショットとして相互の魅力の最初の一見を伝えることは、ボネロが他の生きている映画製作者よりも純粋に行うようなことの完璧な例です。[Ignatiy Vishnevetsky]

アレハンドロゴンサレスイニャリトゥの内臓フロンティアサバイバルサガには、今年のシーンで3〜4人の候補者が含まれています。そのほとんどは、撮影監督のエマニュエルルベツキの有名な長引くステディカムショットで撮影された、血なまぐさい戦闘の爆発です。それらはすべて含める価値がありますが、最も多くの顎を落としているように見えるのは、ヒューグラス(レオナルドディカプリオ)と母親のクマとの壊滅的な森の出会いであり、彼を途中で死に至らしめます。グラスが葉の間を静かに忍び寄り、数匹のカブスに気づき、その後、成体の動物の保護電荷から逃れるには遅すぎるので、カメラはグラスを追いかけます。ルベツキは、CGIの獣がディカプリオを縫いぐるみ人形のように投げつけ、地面に固定し、彼を死に追いやり、仕事を終えるために戻って、最終的にその叫び声を上げて決心した犠牲者によって服従させられるので、決して切りません。ほんの少しのショーボートの光景からはほど遠いですが、それは間違いなくそうですが、シーンは攻撃の瞬間的な恐怖を捉え、Glassの悲惨な試練に私たちを閉じ込め、この自然の流れの1分ごとを感じさせます-アモックの悪夢。[AAダウド]

カイル・チャンドラーとケイト・ブランシェットが演じていると言われているように、後者は1950年代のニューヨークで社会の妻を演じるために完全なブルジョアの高級車で終わったのは明らかではありません。この行は、トッド・ヘインズの正確に測定されたメロドラマの2つの機能を果たします。キャロルが娘に会わないように訴訟を起こそうとしている夫への嘆願は、彼女のそれほど秘密ではないフリングのために敬遠されることへの恐怖を表しています。フェッチングショップガール(ルーニーマーラ)と彼女の希望を持って、テーブルの向こう側の男が彼の負傷したプライドよりも基本的な品位を優先するでしょう。それは、キャラクターがほとんど胸の近くで感情を保つ映画の中で壊滅的な感情的な瞬間です。[アダムネイマン]

ギャスパーノエの長すぎる、性的に露骨な3D関係のドラマ、ラブについてのことは、そのセックスシーンはほとんど想像を絶するものであり、無関係であり、ささいなたわごとについて議論している2つの甲高い似顔絵である映画にエッジの効いた味を与えるだけです。しかし、性的境界や性格タイプの探求としての欠点が何であれ、それにもかかわらず、はナイトライフの肖像画としてまばゆいばかりであり、3Dの複数の飛行機を使用して騒々しいパーティー、難解な薬の儀式、そして最も顕著な例では、悲鳴を上げる試合を描きますタクシーの後ろに。通りやトンネルの動きに逆らって印象的なシルエットを描いた中央のカップル、マーフィーとエレクトラは、かつて映画がそれらを作り上げようとしている記念碑的な原型とまったく同じように見えます。どのくらいのドラマが効果的な背景に依存することができるかの証拠。[Ignatiy Vishnevetsky]

メイクアルゼンチンのオスカーにノミネートさアンソロジーアップその6テーマ関連の話(すべての復讐を含む)のうち人生スイッチ それはほとんど忘れられないことを証明まず、「パステルナーク、」です。飛行中に通路を横切って座っている2人の乗客(1人はキャットウォークモデル、もう1人は音楽評論家)がぼんやりとおしゃべりを始め、偶然の一致が現れます。評論家は、音楽院の陪審員を務めていたときに、音楽のキャリアを台無しにしました。モデルの元ボーイフレンド、ガブリエルパステルナックという男。彼らの会話を聞いて、近くの女性は、ガブリエル・パステルナックが何年も前に彼女の手に負えない学生であったと言います。すぐに、飛行機の誰もが何らかの方法でパステルナックを不当に扱ったことが明らかになります。ダミアン・ジフロン監督がこの真っ暗な漫画のスケッチを書いたとき、彼の不条理なオチが1年も経たないうちに現実の悲劇に反映されることを彼は知りませんでした。シーンはもう少し身も凍るようになりましたが、恐怖の高まりの段階的なエスカレーションは依然として壁を埋めています。[マイクダンジェロ]

ボクシングは何十年にもわたって映画のスポーツ映画の主力でしたが、ボクシングの試合自体の現代の映画の描写はしばしば決まり文句でいっぱいです。おそらく最悪で回避するのが最も難しい松葉杖:テレビで放映された偽の解説の息を呑むような実況に合わせます。クリードは、その点で比較的伝統的な(まだエキサイティングな場合)試合で終わりますが、映画の中点付近で、ライアン・クーグラー監督は​​より大胆な戦いを繰り広げます。アドニス・クリード(マイケル・B・ジョーダン)がリングでレオ・スポリーノ(ガブリエル・ロサド)と対戦するシーンは、途切れることのない1つのショットとして構成されています。これは、ティファナでの無敗の試合に続く最初の大規模な戦いです。クーグラーのカメラはリングを一周し、戦闘機の近くにとどまりますが、戦闘の地理を明確に保ち、​​戦闘機のトレーナーの反応を捕らえるために時々パンします。TVスタイルのカットなしで、シーンはTVスタイルの解説も投げ出します。均等に混合されたマクロの視点ではなく、リング内のカメラの位置をシミュレートするサウンドデザインの助けを借りて、すべてが非常に迅速に展開されます。数分間、クリードの全世界がボクシングリングに収められ、観客は彼と一緒にいます。【ジェシー・ハッセンジャー】

映画全体はそれほど素晴らしいものではありませんが、エロティックな(っぽい)ドラマ「フィフティシェイズオブグレイ」の真ん中に5分間のストレッチがあり、映画製作者が熟練した人を雇ったことを思い出していました。彼らのリードとしてのコミック女優。ダコタ・ジョンソンは、アナスタシア・スティールが、ジェイミー・ドーナンのクリスチャン・グレイがガールフレンドになりたい人に要求する詳細なS&M契約を通じて、アイテムごとに面白くなるシーンで実際に面白くなります。ステージングは​​抽象的にスタイリッシュで、アナとクリスチャンは部分的にバックライト付きのmodダイニングテーブルに座っています。視覚的には、このシーンは多くのことを表現しており、クリスチャンが提供する高級な特権の生活を示しています。アナがしなければならないのは、細かい活字を声に出して読んで、プリンスチャーミングを維持するためにどれだけの「フィストファック」に耐えられるかを決めることだけです。[ノエルマレー]

It may be a ghost story, but Crimson Peak’s true fiend isn’t an undead specter but, instead, Jessica Chastain’s Lucille Sharpe, who shares her family’s crumbling English manor with brother Thomas (Tom Hiddleston). When Thomas’ new wife Edith (Mia Wasikowska) learns that Lucille has killed her husband’s past spouses by poisoning their tea, she attempts to flee, only to get caught in a storm and wind up bedridden. There, Lucille arrives to care for her, first with the toxic tea—from which Edith turns away—and then with porridge, which she spoon-feeds Edith while recounting how she cared for her mother after her father had broken her legs. In a cooing tone that suggests both malevolence and madness, a riveting Chastain comes across as the sort of villain content to carry out her devilish plans with methodical patience. In the way she slowly scrapes her spoon against the edges of the porridge bowl while talking about shattered bones, she manages to intimidate—if not outright threaten—in the most terrifyingly calm manner imaginable. [Nick Schager]

For most of its runtime, Sean Baker’s iPhone-shot Los Angeles comedy keeps its various characters apart, watching as they embark on solo odysseys across the city. It’s when the film finally brings them all together—at the hole-in-the-wall Donut Time, where the movie began—that Tangerine really reaches its screwball zenith. It’s here that the recently paroled Sin-Dee Rella (Kitana Kiki Rodriguez) finally confronts her pimp fiancé (James Ransone) about the affair he’s supposedly been having with one of his prostitutes (Mickey O’Hagan). But they’re not alone in the tiny restaurant, not for long; quickly entering the fray are Sin-Dee’s bestie Alexandra (Mya Taylor), smitten cab driver Razmik (Karren Karagulian), and the latter’s outraged wife and mother-in-law—to say nothing of the exasperated Donut Time employee, stuck working alone on Christmas Eve and dealing with this shit show. Baker stages the group showdown with the comic chaotic flair of a David O. Russell movie, bouncing the characters he’s introduced off of each for a few vibrant minutes. It’s the ideal climax for a film that sees L.A. as one big stage, its people an ensemble of big personalities with big passions and desires. [A.A. Dowd]

Having unexpectedly been chloroformed by her new boyfriend, Hugh (Jake Weary), immediately after they first have sex, Jay (Maika Monroe) awakens to a nightmare: She’s in her underwear, tightly bound to a wheelchair parked inside a creepy ruined building. “I’m not gonna hurt you,” Hugh insists, however, and he isn’t… not any more than he already has, at any rate. He’s only incapacitated Jay so that she can see for herself the curse that he’s just sexually transmitted to her, and the focus of her terror quickly shifts as a naked woman appears outside the building, slowly walking toward them. Alternating between static shots that emphasize the decrepit landscape and traveling shots in which the camera is fixed to the front of the wheelchair, writer-director David Robert Mitchell finds a terrifying means of conveying necessary exposition. It’s not so much “show, don’t tell” as showing and telling simultaneously, to a captive audience. [Mike D’Angelo]

A graduate-level thesis could be written about this fleeting but significant bit of staging, in which Tom Hardy’s Mad—and this time out, rather Sad—Max comports himself as a prop so that Furiosa (Charlize Theron) can more easily take aim at the bad guys pursuing their caravan across the desert. Much has been written about the feminist bona-fides (or lack thereof) in Fury Road, but this small, perfectly choreographed instance of inter-gender action-hero collaboration—with the weapon wielded by a distaff badass whose aim is true—would seem to settle the argument once and for all. Also: It’s super-cool, right? [Adam Nayman]

“Paddleman possessed an excellent reproductive system which ensured the upkeep of the species on its own… But Scheherazade knew none of this due to living in the palace, far away from the rocks where Paddleman moved and procreated.” The opening stretch of the final volume of Miguel Gomes’ ambitious anti-epic is choked with stories, non sequiturs, and bizarre characters, none goofier than Paddleman, the airheaded hunk who travels “the Baghdad Archipelago” on a surfboard, accompanied by his brood of French-speaking children and a personal soundtrack of ’60s and ’70s pop deep cuts. (Elvis, the break-dancing bandit, comes in a close second.) Given that Arabian Nights is mostly about austerity-era Portugal—and that the bulk of Volume 3 is taken up with a documentary about competitive birdsong hobbyists—it’s easy to understate how funny it can be. The short section of Volume 3 that deals with the whirlwind romance between the legendary storyteller of One Thousand And One Nights and a beach bum who lives only to reproduce is Gomes at his silliest and most playful, functioning as a self-contained absurdist short. [Ignatiy Vishnevetsky]

If the fiendishly clever horror sleeper Unfriended is about anything more than its own ingenious construction—the way it seems to credibly unfold, in real time and with great realism, within the frame lines of a laptop computer—it’s about how the internet has allowed people to indulge their worst impulses with anonymity and impunity, behaving ways on the web that they never would in “real” life. That’s what’s so wickedly satisfying about the centerpiece scene, in which the surviving teens are forced to play a life-and-death game of Never Have I Ever, either confessing their sins or risking a swift demise. The film’s “villain” is using the very medium her oppressors employed as a mask to force them to actually reveal themselves to each other. Like an honest-to-God mashup of the cold open to Scream and the polygraph episode from Community, it’s a set piece as darkly funny as it is suspenseful—and the rare moment when this genuinely radical genre movie is impressing through content instead of technique. [A.A. Dowd]

Frederick Wiseman’s latest documentary is a sprawling portrait of the most ethnically and culturally diverse neighborhood in Queens, and probably in New York, and quite possibly in the world. And its funniest interlude takes place among students hoping to join the most clichéd profession for immigrants almost anywhere: cab driver. Thankfully, the source of the comedy isn’t the aspiring drivers (who hail mostly from India, Pakistan, and Nepal), but the class’ magnificent teacher, A.J. Gogia, who treats his course as if it were a first-rate stand-up routine even as he gets the necessary information across. “I knew that I’d led a clean and moral life when God gave me that sequence,” Wiseman acknowledged in an interview, and it’s a testament to his passion for Jackson Heights and its diversity that he continued making the movie he’d originally envisioned rather than ditching it for a raucous, inspiring profile of Gogia. Maybe someone else will step in? [Mike D’Angelo]

Steven Spielberg’s Cold War thriller is largely in the vein of his Lincoln—that is, more concerned with the intimacies and intricacies of negotiation than with high-octane action. But Spielberg’s handful of forays into more traditional thrills sing with the confidence of a master. In the film’s instant-classic opening, Spielberg uses little dialogue as he follows Rudolf Abel (Mark Rylance) through what looks like a routine but also includes a tiny, crucial bit of spy-craft as he picks up a coin containing a coded message on a park bench. American authorities are on his trail, and pursue him through the New York City streets, shot with kinetic and music-free immediacy by Spielberg and his longtime cinematographer Janusz Kaminski. The gamesmanship continues in Abel’s modest apartment, where the close attention paid to his earlier activities lends his attempts to hide that coded message an instinctive audience sympathy, even though he’s spying on the good old U.S.A. By observing a spy at the ground level (the camera swoops low around Abel’s pursuers’ feet, as if it’s combing the apartment itself), Spielberg establishes the humanity so crucial to the rest of the film. [Jesse Hassenger]

Andrew Haigh’s muted character sketch builds slowly to the 45th anniversary party for an elderly couple—played by Charlotte Rampling and Tom Courtenay—who’ve begun drifting apart over the course of the week they’ve spent preparing for their big day. The movie ends with friends gathering to celebrate a marriage that’s secretly on the rocks; and right up to the point when the two leads step into the spotlight for the first dance of the night, it’s up in the air whether this will be a moment of genuine reconciliation or just a bit of pro forma romantic theater. Throughout, Haigh holds close on Rampling, studying her shifting reactions as “Smoke Gets In Your Eyes” plays on the soundtrack, in a dance sequence that’s both beautiful and tense—and that culminates in the emotional swell that’s been due since the opening credits. [Noel Murray]

“I am plagued by bottoms” laments the tragic, eventually lobotomized ass-man embodied by Udo Kier in Guy Maddin and Evan Johnson’s delirious lost-silent-film homage/experimental mixtape movie The Forbidden Room. So desperate is he, in fact, that he wanders the streets to the musical accompaniment of Sparks, whose hilariously catchy, chorally sung ditty “The Final Derriere” becomes a kind of theme song for a film whose obsessions include—but are not limited to—the fluidity and immutability of desire, the way that obsession is branded upon the brain, and the impossibility of ever really, fully, truly reaching the end. [Adam Nayman]

John Maclean’s stripped-down, hallucinatory neo-Western Slow West follows civilized Jay Cavendish (Kodi Smit-McPhee) on a cross-country trek to find his lost love Rose (Caren Pistorius), who does not love him in return. He’s accompanied on that journey by roughneck Silas (Michael Fassbender), who secretly covets the bounty on Rose’s head—a sum also sought by rival bandit Payne (Ben Mendelsohn). After a trip marked by fragmentary dreaminess, these wayward figures converge at Rose’s remote home on the range, where gunfire, however inevitable, erupts in unexpected blasts, felling the noble and the wicked alike. In images of gunmen appearing and disappearing out of tall grass as if part of a giant Whac-A-Mole game, and of Mendelsohn placidly standing amid these killers while wearing a giant bearskin coat and a look of let’s-get-on-it-with-it viciousness on his face, Slow West’s climactic shootout exudes a strange and haunting ugliness. [Nick Schager]

One of the chief pleasures of the Mission: Impossible series, at least so far, has been its procession of different directors leaving their signature on potentially anonymous material. At the outset, Rogue Nation’s Christopher McQuarrie seemed like the least distinctive hire so far, having often served as a go-to collaborator for star Tom Cruise. But McQuarrie made his mark on the fifth Mission by using it to develop his style, never more clearly than in the film’s sequence set at the Vienna State Opera House. In the most Hitchcockian section of the series since Mission: Impossible II knocked off Notorious, Ethan Hunt (Cruise), Benji Dunn (Simon Pegg), Ilsa Faust (Rebecca Ferguson), and a menacing bad guy knock around the opera—the sets, the rafters, the balconies—as Hunt attempts to find a terrorist and prevent an assassination. McQuarrie layers the action over several planes and drapes his actors in shadows, using darkness and flashes of color (like the billowing yellow dress that Ferguson wears or the blue lighting of the opera’s set) to bring clarity to a logistically complicated series of fights and chases, measures and counter-measures. The rising and dipping backstage platforms that occupy Hunt recall the Looney Tunes sensibility of previous director Brad Bird, but McQuarrie bathes the action in surprising lushness. Its 12 minutes or so are as terrific a bit of pure filmmaking as anything in the series. [Jesse Hassenger]

提案された投稿

Huluで最高のロマンチックコメディ

Huluで最高のロマンチックコメディ

左上から時計回りに:メールが届きました(スクリーンショット)。私の親友の結婚式(スクリーンショット); プラスワン(スクリーンショット); パームスプリングス(写真:Hulu); 最も幸せな季節(写真:Hulu); Friends With Kids(スクリーンショット); 2 Days In Paris(スクリーンショット)ストリーミングライブラリは拡大および縮小します。アルゴリズムは不完全です。

いまいましい価値のある1月のホラー映画はありますか?

いまいましい価値のある1月のホラー映画はありますか?

上から時計回りに:The Grudge(スクリーンショット:Sony Pictures Releasing); アンダーワールド:ブラッドウォーズ(スクリーンショット:ソニーピクチャーズリリース); インシディアス:最後の鍵(スクリーンショット:ユニバーサルピクチャーズ)パンデミックオスカーの資格期間が延長されたことは、今年の受賞シーズンが春まで延長されることを意味します。しかし、2021年の最初のエピソードでは、批評家たちはプレステージの写真を脇に置き、1月の伝統であるくだらないホラー映画を祝っています。

関連記事

大ヒット作が奇妙で、個人的で、最優秀作品賞になるのは、王の帰還が最後でした。

大ヒット作が奇妙で、個人的で、最優秀作品賞になるのは、王の帰還が最後でした。

「ファンタジーは、これまで特にうまく行われたことのない1つのジャンルです」と、ピータージャクソンはロサンゼルスタイムズに語りました。「100年の映画の後で、ストーリーテリングの新しい根拠はあまりありません。

ジェイソン・シーゲルは、砂糖でコーティングされたガンのドラマ「アワー・フレンド」の無私無欲の岩です

ジェイソン・シーゲルは、砂糖でコーティングされたガンのドラマ「アワー・フレンド」の無私無欲の岩です

アワー・フレンドのケイシー・アフレックとジェイソン・シーゲル悲惨な実話の青写真から作られた優しいインディーのティアジャーカー、アワー・フレンドのオープニングシーンは、困難な会話の絶壁に夫と妻を見つけます。ニコール(ダコタジョンソン)とマット(ケイシーアフレック)が子供たちと話す時が来ました。

Priyanka ChopraJonasとAdarshGouravが持っている、持っていない、そしてThe White Tiger

Priyanka ChopraJonasとAdarshGouravが持っている、持っていない、そしてThe White Tiger

Netflixの新しい文字の翻案であるTheWhite Tigerで、Adarsh Gouravは、インドのカーストシステムの「オンドリの小屋」と呼ばれるものと闘うドライバーであるBalramを演じています。彼が映画にそれを入れているとき、彼は文字通りそして比喩的に、どういうわけか太りたいと思っている「小さな腹」を持つ人々の一人です。

特徴の特定は、メキシコの麻薬戦争についての最も偉大で最も破壊的な映画の1つです。

特徴の特定は、メキシコの麻薬戦争についての最も偉大で最も破壊的な映画の1つです。

いくつかの映画は私たちをひどく傷つけたので、暗闇が彼らの最後のフレームを消費すると、私たちは心の痛みを振り払うことができなくなります。それが特徴の識別の力であり、腐食性の根強い悪によって荒廃した国の起訴において惜しみないほど親密です。

Language